テニスのボレーボレーの効果的な練習方法とコツ!段階を踏まないと?

どうも、タコちゃんです(・▽・)

ボレーというのは、テニスの試合で
ポイントを決めるためにはとても
必要な技術です。

シングルスも勿論そうですが、
ダブルスだと更に重要になってきます。

基本的には
ストロークとボレーだと
ボレー側がかなり有利です。

実力が上がれば上がるほど
そうなってきますので、
プロのダブルスの試合を
見てみるとかなり顕著に
ボレーヤーが有利なのが
わかると思います。

見ていただければわかるように、
サーブを打ったらすぐに前に出ていき、
チャンスボールがきたら
すぐにポイントを決めることが多いですね。

ダブルスでは特にボレーが
大事だということを
理解して頂いたところで、
そのボレーを効果的に
練習することが出来るのが
ボレーボレーなんです!

ボレーボレーなんて
やったことあるけど、
そんなに効果的じゃなかったよ!

という方もいるかもしれません。

練習は何事も
段階的にやっていくのが
大事なので、いきなり
適当にボレーボレーをやっても
意味がありません(^_^;)

ということで、
実際にどういう段階を踏んでいき、
ボレーボレーをしていくかを説明していきます!

ボレーボレーの効果的な練習方法とコツ①立ち位置

まずそもそもボレーボレーとは
二人でネットを介して
ノーバウンドでボールを返しあうことです!

ラリー形式になるので、
ある程度ボールがコントロール
できることが前提になってしまうのですが、
上にも書いたように
段階を踏んで練習を行うことで
かなり効果的な練習になります。

では順番に説明していきましょう!

初めはネット付近に立ち、ゆっくりと

まずいきなりスピードを出して
ラリーをしてはいけません。

スピードを出してしまうと、
手首を変な使い方で使ってしまったり、
ラケットを振ってしまう
原因になってしまうからです。

はじめは打つボールを山なりにして
ゆっくりしたテンポでラリーを
していきましょう。

ボレーボレーは下がれば下がるほど
難しいものになりますので、
最初はネット近くにたち
触ってしまえばボールが相手のコートに
返るという感覚を身につけましょう。

ボレーの基本はネットより高い位置で
打つことです。

ネットより低い位置で打つと
ボールを持ち上げなければいけないため、
難しいのです。

次は少し遠めからで!

ボレーボレーに慣れてきたら、
次は最初より少し距離を離します。

サービスラインの少し前くらいに
立ってボレーボレーをしましょう。

ボレーの難易度はネットから離れるほど
身体からボールが遠いほど難しくなります。

最初に比べてだいぶ距離があると思うので
難しいかもしれないですが、
慣れてしまえば意外と簡単ですよ!

最後はさらに遠くへ!

さて次の段階では先ほどよりも
もう少し遠くのサービスラインよりも
少し後ろ
に立ってボレーボレーをします。

ボールのコントロールもかなり
必要になりますし、
力加減も難しくなります。

距離的にかなり遠いので
ハーフボレーなどになってしまう
ことが多いと思うのですが、
基本のボレーの練習なので、
そこはなるべくノーバウンドで
ボレーをしていきましょう。

この三段階目のボレーが出来るように
なってくると、シングルスでも
ダブルスでも、サービス打った後の
最初の一球目のファーストボレーが
かなり出来るようになりますね。

簡単そうな練習に見えるかもしれないですが
実際やってみると、中々ラリーが続かない
ものです。

しっかりと段階をふんでから遠目での
ボレーボレーをやっていきましょう。

ボレーボレーの練習をしている
動画がありましたので、載せておきますね!

この動画では2番目に書いた距離
くらいでのボレーボレーをしています。

更にはボレーボレーだけではなく、
ラケットで1クッション置いてから
ボレーをするという練習方法も
紹介しています。

この方法はボールのタッチの感覚が
やしなわれるので、
最初は少し難しいかもしれないですが、
慣れてくるとドロップボレーなどにも
応用できるので、是非お試しください!

ボレーボレーの効果的な練習方法とコツ②意識するべきこと3つ

ボレーの練習をする際には大事なことが3つあります。

ボレーはストローク以上に足を動かす

ボレー自体あまりスイングはしませんし、
足を動かすイメージがないかもしれません。

しかしスイングをしない分、
ボールの飛距離を足の踏み込みの
強弱でつけるのです。

ですからスイングを大きくする
ストロークよりもボレーの方が
実は足を動かす必要があるわけなのです。

常に足を動かす意識を
していきましょう。

テイクバックをコンパクトに

ストロークもテイクバックは
なるべくコンパクトにしなければ、
テニスの場合は振り遅れてしまう
ことが多くなってしまいます。

ボレーの場合は尚更です!

ボレーが上手な人を見てみると
テイクバックが本当にコンパクトで
常にラケットが視界に入っている
くらいに小さなテイクバックなのです。

テイクバックがコンパクトにすれば
早いボールが来ても対応できる可能性が
かなり高くなります。

コースを限定する

ボレーボレーの練習をする際には、必ず
コースを限定し、フォアだけ、バックだけと
練習をしていきましょう。

最初からランダムにすると、フォームを意識したり
足の動きを意識する時間が僅かしかないので
難しくなってしまいます。

最初からフォームを決めておかないと
後々変な癖がついてしまったりもしますからね!

慣れてきたら交互にやっていき、
最終的にはランダムに行っていきましょう!

上記3つを意識しつつ
ボレーボレーに取り組んでください!

上達がかなり早まることでしょう。

テニスのボレーボレーの効果的な練習方法とコツ!段階を踏まないと?まとめ
1.初めはまずゆっくりとネット近くでボレーボレー
2.次はサービスラインより少し前でボレーボレー
3.最後はサービスラインの少し後ろでボレーボレー
4.足を動かす意識を高めよう
5.テイクバックはコンパクトに
6. コースは限定して

ボレーはシングルスでもダブルスでも
攻めるときにとても重要な技術です。

ボレーを安定的にどこにでも
打てるようになることでかなり
戦略の幅が広がることでしょう。

実はストロークよりも
ボレーの方が技術的には
上達しやすいとも言われています。

ボレーは1年ストロークは3年とか(笑)

昔からテニスをしている人に
ストロークが中々勝てなかった時、
役に立つのはボレーでしたからね。

是非あなたもこの記事を見て
ボレーボレーを練習しましょう!(・▽・)

おすすめの記事