続かない

どうも、タコちゃんです(・▽・)

ボレーストロークのラリーを
続けるのって結構難しいですよね?

ボレーストロークはある程度ボールを
コントロールできないと中々続くものでは
ありませんし、かなりテンポが速い練習に
なるので、2往復とか3往復とかで終わって
しまうことも多々あるでしょう。

私もボレーストロークを続けることが
苦手な一人でした…
全然続かないから、
結局グダグダになってしまうんですよね(笑)

しかし!
ボレーストロークを続けることって
コントロールや予測力がついたりと、
実はめちゃくちゃ上達につながるんです!

今回は初心者でもボレーストロークを長く続けるための
コツを書いていこうと思います(^^)/

ボレーストロークのコツ①ボレー側

ボレー側もストローク側も基本的に
気を付けることがあります。

それはどちらも相手が返球しやすい
軌道や深さで返してあげることです。

ちょっと待って!
返球しやすいボールだったら
練習にならないじゃん!

という声が聞こえてきそうですが、
相手が返球しやすいところに返すことは、
コントロールを鍛える重要な練習になります。

特に、
ミスが多かったり、
経験が浅い方には必須の練習方法なので、
最後まで見てくださいね(笑)

まずはボレー側が気を付けることが2点あります!

ボレー側のコツ①ラケットを高い位置で構える

ボレーを上手くコントロールできない人は
基本的にボールの高さに合わせた
ラケットセットを意識できていません。

なぜラケットを高い位置で構えるのかというと、
低い位置から高い位置で構えるよりも、
高い位置から低い位置に構える方が
ラケットのセットが速くできるからです。

実際ラケットを低い位置で構えていた場合
急に高めのボールが来た時反応が
遅くなり、返せないことが多いはずです。

なので、なるべくラケットは高めに構えておきましょう。

ネットの白苔の上から大体60㎝くらいの
ところが理想です。

ボレー側のコツ②面を上向きにしてボールを山なりに返す

なぜそうするかというと、
ボレーストロークはストロークラリーで
ラリーをするよりも距離がかなり近くなるため、
テンポがかなり速くなります!

そのため何往復も続けるためには力加減を
かなり意識する必要があるのです。

基本的にボレー側はストローク側に比べると有利で、
いつでも決められる状況ですが、
あくまでもラリーを続けることが前提ですので
山なりのボールを相手の打ちやすい場所に
返してあげるとラリーも相手が続けやすいですよね!

そこで山なりのボールを返すには
ラケット面がなるべく上を向いていることが
重要になりますね。

ボールを打つ時のコツは
球出しのような感覚で、インパクト時にだけ
ぐっと力をいれることです。

軽いスライス回転で山なりにボールを
浮かせることが出来れば
さらに時間に余裕ができるので
ストローク側にもボレー側にも余裕が出来て、
ラリーが続けやすくなりますよね。

どっちもハッピーになります(笑)

先ほどの「ラケットを高い位置に構えておく」
ことを意識すると、
スライス回転もかけやすくなりますよ('ω')

ボレーストロークのコツ②ストローク側

ストローク側もボレー側と同じで
あくまでもラリーを続けるためなので
相手が返しやすいような球を返します。

そしてストローク側が気を付けなければいけない
注意点とコツも2点あります!

ストローク側のコツ①腰をしっかり落として打つ

これがとても重要なことなのですが、
ボレーは基本的にスライス回転が
かかっているため、低い軌道で
バウンド後もかなり滑ってきます。

低い打点でさらにスライス回転も
かかっているため、腰を落として
しっかり構えた状態でないと
返すのがかなり難しいんです!

しかし腰をしっかり落とすことで
低い軌道のボールにも対応できますし、
コントロールもしやすくなります。

また動き出しも多少なりとも早くなりますので
ボレーが浅くなった時の咄嗟の反応もしやすく、
拾いやすくなるので、それだけラリーが続きますよね!

ストローク側のコツ②返ってくるボールを予測しよう

ボレーストロークはテンポがかなり速い為、
自分の打ちやすい打点で打つのが難しくなります。

いくら速く動いても限界がありますので、
相手からどのようなボールが返ってくるかある程度予想をします。

どのようにやるかというと、
相手のラケット面の角度に注目してください。

相手のラケット面の角度を見て
どれくらいの軌道や深さでボールが返ってくるか、
どれくらいのスピードでボールが返ってくるか
などを予測しましょう。

最初は慣れていないので大変だと思いますが、
しばらく注目していると、
相手の癖やラケットの動き方で
スピードや深さの予想がある程度ついてくるものです。

予想をすることで、それだけ焦らず
返球をすることができますので、
やってみてください。

解説している動画がありましたので、
貼っておきますね!

この動画でも実際に予測方法も
解説してくれていますね!

この動画の中でのボレーストロークも
相手が返しやすいボレーとストロークを
していますね。

軌道がかなり山なりのものが多いです。

ボレーストロークが続かない…苦手過ぎて死にたい人の為のコツを公開!まとめ

1.基本的にはお互いに相手が返しやすい球を打つ
2.【ボレー側】ラケットの構えを高い位置に
3.【ボレー側】ボールを山なりに返す
4.【ストローク側】腰をしっかり落として打つ
5.【ストローク側】返ってくるボールを予測する

以上が今回のまとめになります。

ボレーストロークは他の練習の中でも
中々難しい部類ではあると思いますが、
難しく感じるのは気を付ける点を把握して
いなかっただけの可能性があります。

気を付ける点をしっかり把握してから
練習に臨むとこんなにラリー続いたっけ?
ということにもなると思います。

私もボレーストロークはかなり苦手でした。

それもボールのコントロール自体が
下手だったのもありますが、
なんでもかんでも力いっぱい打っていたので、
テンポがかなり速くなり
結果としてラリーが続けられないということが
多かったんですよね(;'∀')

ですから返しやすいボールを返してあげる
という相手を思う気持ちはかなり大事
だと思います。(笑)

ボレーストロークの練習をうまくできれば、
試合でも咄嗟の反応に対応できますから、
急な相手のドロップショットや
ロブショットなどの予想外の
ショットをされたときに
反応しやすくなります。

あなたもボレーストロークの練習をして
コントローク力や予測力を
養ってくださいね(・▽・)

おすすめの記事