テニスのハイボレーの打ち方とコツ!失敗しないためのポイントとは?

って、それ背後霊やないかい!?

どうも、タコちゃんです(・▽・)

テニススクールに通うと
色々なボレーを習いますね!

ボレー、ローボレーと習って、
最後に習うのはハイボレーです。

中級クラスで初めてメニューで
出てきた! という方もいるので、
初心者のうちはハイボレーって
あやふやしたイメージを
お待ちかもしれません。

ちなみに、ハイボレーって
こんなボレーのことです!

後ほど詳しく説明しますので、
まずはハイボレーのイメージを
分かってもらえると嬉しいです。

高い位置で打っていますよね!

プロの試合でハイボレーを見る時は、
相手にすごいコースを打たれて、
頑張って跳んで打っている!
なんて場面も見ますね。

このハイボレー、
試合をする上ですごく使えるんです!

むしろ、ハイボレー無しでは
試合に勝つのは難しいくらいです!

今日はハイボレーの基礎から応用まで、
みなさんにご説明していきますね!

ハイボレーってどんなボレー?

ハイボレーってどんなボレーでしょう?
基本から見ていきましょう!

ハイボレーとは、
スマッシュより少し低い打点で
打つボレーのことです。

スマッシュを打つには難しい球や、
ボレーほど強打できない高さの球を
打つイメージです。

力が入りにくい位置に
打点がくるため、
ネットしたりコースアウトしたり、
苦手とする人が多いボレーです。

ですが、ハイボレーが得意になってくると
コースへの打ち分けが出来、
エースを取ることも可能です。

前衛の攻撃範囲が広くなり、
シングルスでもダブルスでも
攻撃面において有利になります。

ハイボレーの打ち方とコツ5点

苦手な人が多いハイボレー!
なんとなく下がって打って、
なんとなく中途半端な所に
ボールが行き、
相手に決められてしまうことも…。

でも、それってとても
もったいないんです!

うまくハイボレーを決めれば
逆にチャンスになるのです!

ハイボレーをうまく対処するための
コツを見ていきましょう!

ハイボレーの打ち方とコツ①ラケットは寝かさない! 立てる!

ハイボレーは肘を伸ばした状態で
打つので、調整がしにくく
ブレやすいです。

ラケットを寝かせた状態から
インパクトの瞬間まで動かすと
打点がずれやすく、
ネットにかかったり、
狙った所に飛びません。

ラケットは立てて
あとは当てるだけ! の
状態でボールを待ちましょう!

ハイボレーの打ち方とコツ②体はしっかり横を向いて待つ!

ハイボレーをネットにかけたり
ガシャッ! とミスショットをする方は
だいたい前を向きながら
打ってしまっています。

なぜしっかり横を向くのかというと、
ハイボレーのスイングは
手を真上でパチンと叩くような
軌道を描きます。

耳から頭の頂上に向けて
両腕とラケットを動かします。

前後の動きではしませんので
注意しましょう!

腕がこのような動き方をするので、
体が横をしっかり向いていないと
ボールをラケットで
しっかりと捉えることができません。

また、飛んでくる球に対して
前後の位置を調整しますが、
横を向いていた方が
ステップをしやすく、対応できます。

ハイボレーの打ち方とコツ③スイングは腕全体で!

ハイボレーを打つときに、
決めようとするあまりに、
手首や肘に力が入ってしまっている方を
見かけます。

手首や肘に力が入ると、
必然的に打点が低くなり、
ラケットの面も下を向いてしまい、
ネットにかかる確率が高くなります。

ハイボレーは腕全体を使って
打っていきます。
中には、腕全体を一本の棒のように
使って打ってください、と説明する
コーチもいるくらいです。

ハイボレーに求められるのは
力強さでなく、安定性です。
腕全体を使って、
ゆったりとボールを捉えましょう。

ハイボレーの打ち方とコツ④膝を意識する!

これは無意識なのですが、
人は上を見上げながら移動すると、
膝が伸びてしまいます。

膝が伸びるとどうなるか…
そう!
インパクト時に
力が入りづらくなります。

ですので、ハイボレーの時は
膝を曲げるように意識しましょう!

移動も楽になりますし、
ハイボレーでも
スイートスポットを作ることが
できますよ!

ハイボレーの打ち方とコツ⑤上級者向け!横回転と踏み込み

上級者の方には、
ハイボレーに横回転をかけることを
お勧めします。

ハイボレーは、
打点やタイミングが外れると
コースも外れていってしまいます。

スライス回転をかけることにより
飛んでいくコースに安定性が出ます。

また、コースによっては
コートの外側に向けて逃げていったり
バウンド後も滑っていく効果が
期待できます。

ハイボレーで狙うべき場所とは?

ハイボレーの打ち方とコツはわかったけど、
どこに返したらいいの…?
と、考える方も多いですよね。

ハイボレーはそもそもラケットを
強く振れないので、
力強く打つことができません。
そうなるとコースを重視して
打っていくことになります。

ハイボレーは打たされる場面も多いですが、
打たされるままに返すと、
相手にチャンスを与えることになります。

そうならないためのポイントを
抑えておきましょう!

ハイボレーで狙うべき場所①必ず深く返す!

ハイボレーの構えをすると、
一歩前に出てくるプレーヤーが
多いです。

ハイボレーの球は打点が上なので、
あまり飛ばずに浅い球になるという
確率が高いからです。

浅い球を返すと、
相手にとってはチャンスボールに
なってしまいます。

なので、ハイボレーを返す深さは
最低でもサービスラインを超える
ようにしましょう!

その意識があれば、
自然とネットにかけることも
少なくなるはずです。

ハイボレーで狙うべき場所②シングルスのサイドラインを狙う!(ダブルス時)

ハイボレーではある程度、
コースの打ち分けが可能です。

でも、高い打点からコースを
狙うとなると、幾分か不安定に
なりやすいのです。

そんな時に目安になるのが、
シングルスのサイドラインです。

ダブルスのサイドラインを狙うと、
サイドアウトをしやすくなるので、
その一本内側にある
シングルスのサイドラインを
狙う
くらいがちょうど良いです。

テニスのハイボレーの打ち方とコツ!
失敗しないためのポイントとは?まとめ

ハイボレーのコツがつかめましたか⁉︎
どれも少し意識すれば
実行できそうなことばかりですね!

それでは、ハイボレーのコツのまとめです!

・ハイボレーとは、スマッシュより
少し低い打点で打つボレー
・ラケットは立てて、腕全体で打つ!
・体はしっかり横向きで、膝を曲げて打つ!
・サービスラインより後ろに深く、
サイドはシングルスのサイドラインを狙う!

ハイボレーはシングルスでも
ダブルスでもよく使うので、
試合に勝つためには必須です!
ぜひ、練習して自分の武器にしてくださいね(・▽・)♪

おすすめの記事