どうも、タコちゃんです(・▽・)

あなたはサーブを打つ時、
上から打ちますか?

ほとんどの人が上からのサーブを
打つと思います。

それはなぜか考えたことがありますか?
もう暗黙の了解のように、
上からサーブを打つことを
教えられたでしょう。

しかしサーブには、もう1つ
アンダーサーブというものがあります。

いわゆる下から打つサーブです。

でも実際、
なかなかプロの試合でアンダーサーブを
見ることはないですよね?

プロの試合では、
アンダーサーブを選んでしまうと
観客からブーイングが
起こってしまうこともあります。

なぜプロ選手も含め、
私たちはなかなかアンダーサーブを
選ばないのでしょうか。

それは、上から打つ時と比べると
スピードやパワーが落ちてしまう
というのが、大まかな理由だとは思います。

あと羞恥心もあるかな(笑)

アンダーサーブを使うことは
ルール上は特に何の問題もありません。

普段のプレースタイルが
ビッグサーバーなほど、
アンダーサーブを使うことができたら
トリッキーなポイントの取り方に
つなげられるでしょう。

今回は、
なかなか出番はないかもしれませんが
知っておくと使える便利な
アンダーサーブが効果的な理由を
打ち方とコツを含めて
お話ししたいと思います!

サーブを確実にいれるための最終手段


皆さんは、試合中に何をどうやっても
サーブが入らない負のスパイラルに
陥ってしまったことはありませんか?

私もよく緊張して、体が硬くなり
上手く力が抜けずに、
小さくなったフォームに
なってしまいます。

そうなると、
ダブルフォルトが連続しだします…。

私は何よりもダブルフォルトをするのを
避けたいので、
アンダーサーブを選ぶこともあります。

いつものストロークのように
下から上にしっかりスピンをかけると
スピードこそありませんが、
ほぼ確実に入れることができます。

しかし、アンダーサーブを打つときに
あまりにも入れに行くだけでは
相手へチャンスボールを与えてしまう
ことになります。

そこで、
スライスのような横回転をかけるイメージで
打ってみましょう。

下から上の縦回転ではなく、
ラケットを薄く握り、横に切るように打ちます。

こちらの動画で
横回転のスライス系のアンダーサーブを
解説してくださっています。

ぜひご参考にしてみて下さい。


また、アンダーサーブは
試合中に肩を痛めてしまったり、
サーブを打つ時に踏ん張るのが
辛いような状況にも
使ってみてはいかがでしょうか。

私も試合の後半で、足が痙攣してしまって
アンダーサーブで
最後まで頑張った経験があります。

まず、サーブを入れなければ
ポイントは始まりません。

絶対にこれ以上ダブルフォルトが
できない場面ならなりふり構わず
アンダーサーブを選ぶことも
必要な状況があるはずです。

普段のサーブとは回転やスピードが違うので
相手も驚くはずです。

使い方1つで、
大きな奇襲攻撃にもなります。

「試合でアンダーサーブを使うことは、
相手のチャンスにもつながり、
あまり良いことではない…」

というような
固定概念を取り払ってみませんか。

奇襲攻撃として有効的


普通、サーブは上から打った方が
有効的だと考えているでしょう。

例えば、
強烈なフラットサーブを打つことができる
ビックサーバーでポイントを
連取する選手もいます。

サーブを得意とする選手には、
アンダーサーブは
必要ないのかもしれません。

しかし、ダブルフォルトなどのミスが
連続してしまっている負の流れを変えるために
アンダーサーブを覚えておくと良いでしょう。

まず相手がリターンを構えている時、
ベースラインよりも下がっていることを確認します。

アンダーサーブは上からのサーブと比べると
ボールも伸びないため、
アンダーサーブで浅いボールを打ち、
相手を揺さぶることができます。

横回転をかけることで、
ボールも跳ねずに、伸びないので
相手のレシーブはネットより低い位置になります。

横回転の場合、コースが良ければ
外に切れる回転なので、
アンダーサーブを読まれていても
効果的なサーブになるでしょう。

特にダブルスのアドサイドの際に
使うと効果的でしょう(右利きの場合)。

外に切れるサーブなので、
相手を外に追い出すことができます。

アンダーサーブを選ぶうえで
相手にネットより低い位置で
リターンを打たせることが必要です。

滑るようなスライス回転を
打てるように練習しましょう。

確かにアンダーサーブを打たれると
相手は動揺するでしょう。
しかし、相手に読まれてしまうと、
少しでも甘くなるとチャンスボールになり
叩かれてしまいます。

あまり多用はできませんが、
奇襲作戦としてアンダーサーブを使いたい時は
スライス回転をしっかりとかけて
ここぞというポイントを取りにいきましょう。

プロも不意打ちショットとして
アンダーサーブを使います。
普段のサーブが良い選手ほど、
そのギャップからアンダーサーブが
決まる確率も高くなるのかもしれませんね!

こちらの動画をぜひ見てみて下さい。

アンダーサーブは風を味方に

また、アンダーサーブを選ぶポイントとして、
自分が向かい風のサイドの時に、
アンダーサーブを選んでみて下さい。

普通のサーブと比べて、
伸びない、跳ねない、滑ってくるとなると
向かい風のサイドだと
余計にボールが返ってきます。

追い風のサイドの相手からしたら
かなりボールが浅くなり、
ネットより下から
ボールを持ち上げなければならなくなり、
リターンが難しくなるはずです。

相手のチャンスボールになりがちなアンダーサーブで
ミスを誘える可能性が高くなります。

相手も、ボールの位置に上手く入れたとしても
低い位置からしっかりと持ち上げて、
スピンもしっかりかけないといけません。

サーブは自分のトスから打つ唯一のボールです。
風の影響も考えて、その状況に合ったボールを
選ぶことができるようになるといいですね。

また、アンダーサーブで
細かいスピンのかけ方を覚えると
普段のラリー中のスライスやスピンの感覚も
磨かれるでしょう。

テニスにおいてアンダーサーブが効果的な理由&打ち方とコツ
まとめ

1.サーブを確実に入れたいときの最終手段
2.横回転をかけると効果的
3.奇襲作戦にもってこい
4.でも多用は禁物!
5.風を味方につければ効果倍増

以上が私の考えるテニスにおいて
アンダーサーブが効果的な理由と
打ち方やコツです。

なかなか使用頻度が高くないからこそ
いざという時に使えるように
練習が必要ですね。

緊張して、サーブにびびってしまって
なかなか打てなくなるというシチュエーションは
よくあることだと思います。

そういった試合を見据えた準備は必要なので
普段の練習からスライスをラリーに混ぜてみたり、
アンダーサーブを使ってみたりしてみて下さい。

ダブルフォルトのない試合や、
相手も驚くような
奇襲作戦をしかけてみませんか?(・▽・)

おすすめの記事