テニス トップスピンロブ

どうも、タコちゃんです(・▽・)

テニスに段々と慣れてきた皆さん!
そろそろ少しずつ、自分の技を身につけて
行く時期かもしれません!

今日オススメしたいのは、
あの錦織選手も得意技としていて、
初心者の方から上級者の方まで、
レベルを問わずに使える技です!

テニスの試合で目にする機会も
多いかもしれませんが、
「トップスピンロブ」という名前を
聞いたことがありますか?

トップスピンロブとはその名の通り、
トップスピンがかかったロブのことです。
ちなみにこのトップスピンロブ、
普通のロブとは、全然違います!

普通のロブは順回転がかかっておらず、
スライスロブと言われるものです。
女子ダブルスでよく見る、
ふわっとしたロブです。

トップスピンロブとは、
「トップスピン」と名がつく通り、
順回転がかかっている、
威力のあるロブのことです。

トッププロ選手も多用しており、
とくにA.マレー選手は、
ラリーをことごとくトップスピンロブで返し
チャンスボールをモノにする!
という戦法で有名です。

この技ひとつで、
シングルスもダブルスも勝率が
ぐんと上がります!

私もこのトップスピンロブのおかげで
シングルスもダブルスも
何度優勝できたか分かりません。

試合に勝つには必須の、
このトップスピンロブをマスターして、
ワンランク上のテニスを目指してみましょう!

トップスピンの打ち方のおさらい4つ!

トップスピンロブを打つには、
トップスピンをかけることが
前提となります!

まずはトップスピンのかけ方から
おさらいしましょう!

詳しいトップスピンの打ち方とコツはこちら

トップスピンとは、
「ボールを前方向に順回転させて
大きく跳ねさせること」ですね!

そして、トップスピンをかけるには、
ラケットを下から上に振るイメージが
大切です。

グリップは厚めに握ろう!

グリップは厚く握るのがポイントです!
厚く握ることによって、
ラケットが上下に動きやすくなり、
トップスピンがかけやすくなります。

それだけでなく、
ヘッドの重さも感じやすくなります。
ヘッドの重さを感じると、
ラケットが自然と下がり、
下から上へ振り抜きやすくなります!

上半身は脱力する!

トップスピンを打つ時って、
力が入りやすくなりませんか?
勝負所になりやすいからかも
しれませんね。

上半身に力が入ると、
主に肩周りに力が入って
しまいます。

力が入ると、構える時のラケットの
位置が上がってしまいます。
すると、スイングの上下の幅が
狭くなってしまうのです。

上半身を脱力することによって、
骨盤をひねる動作をするときに、
上半身が自然と一緒についてきます。

トップスピンには
体をひねる動作が必要ですから、
これだけでトップスピンが
自然とかけやすくなるのです。

低い姿勢から打とう!

トップスピンでは
体の上下の動きが大切になります。

そのためには、膝を曲げて
目線の高さを下げます。
腰を曲げて、姿勢を低くした気に
なるのはダメですよ!
(腰を痛めちゃいます! )

体を低い位置に構えたら、
ラケットを振るタイミングで
体を伸ばしましょう!

体はただ伸ばすだけでなく、
膝をななめ前に送り出すイメージで
伸ばすと良いですよ!

ラケットは思い切り振り抜こう!

上半身を脱力し、
ラケットの重みを利用したスイングだと
自然とラケットの勢いは増します!

このラケットの勢いは止めずに、
振り抜きましょう!

この時の振り抜き方は、
前方というより、
上に振り抜くイメージです!

肘が顔の前にきて、
ラケットは頭の後ろに回るくらい
まで振り抜きます!

トップスピンの打ち方のおさらいが
できたところで、
いよいよトップスピンロブの打ち方を
見ていきましょう!

トップスピンロブの打ち方とコツ2つ!

ロブの頂点の高さを前めに設定する

トップスピンロブを打つとき、
どれくらい奥まで打ったらいいのか
いまいち分かりにくいですよね。

トップスピンロブを打つコツとして、
スピンを沢山かける、
思い切りの良さが必要です。

アウトしたらどうしよう…と
不安に思う方もいますよね。
私もそうです。
プレッシャーがかかる場面だと
なおさらです。

しかし、トップスピンロブは
しっかりスピンをかければかけるほど、
アウトする確率は低くなります。

また、前衛にかけても
急速に落ちてくるボールは
タイミングや距離がとりにくいので、
相手からの強いショットは
返ってきにくいのです。

具体的にどのように打ったら良いか、
目安を覚えておきましょう!

高さは前衛の2m上
奥行きはボールの頂点がサービスライン
くらいの位置になるように
ラケットを振り抜いていきましょう!

素早く打点に入っておく!

トップスピンロブを打つには、
下半身の溜めと、
上半身の脱力が重要です。

しっかり、早めに打点に入っておかないと
体がグラグラして、
力のあるトップスピンロブが打てません。

威力のあるボールなので、
サイドアウトしたり、
逆に飛ばずに前衛にかかってしまいます。

トップスピンロブは、
その時打っているボールの速さから
変わる時が多いです。

なのでフットワークを細かくし、
最適な打点で、
迷いなく打ち抜くようにしましょう!

トップスピンロブを使う場面

シングルスで相手が前に詰めてきた時!

シングルスで相手が前に詰めてきたら、
トップスピンロブを打ちましょう!

そのまま抜けてエースになることも
ありますし、
相手に取られたとしても
強打はできないので、
次にチャンスが回ってくることが多いです。

この時のコースの狙い目としては、
自分から見て一番長いコースに打つか、
相手がバックのハイボレーで
取らざるを得ないコースへ打ちます。

これらのコースは、
必然と相手も打ちにくいのです。

相手が前に出てきた時に打つ球は
パッシングショットでも良いのですが、
トップスピンロブを打っておくと、
「また抜かれるかも! 」という
相手への布石となります。

相手の構える位置も自然と後ろ目に
なるので、今度はパッシングショットが
打ちやすくなりますね!

ダブルスで前衛の上を抜きたい時!

ダブルスで前衛の上を抜く時、
トップスピンロブだと、
攻めのロブになります!

うまくいけばエースになりますし、
前衛が取れたとしても、
非常に返しにくい球なので、
強いボールは返ってきません。

後衛も走ることになり、
陣形を崩すことができますね!

テニスで攻めるトップスピンロブの打ち方
簡単なコツで勝率倍増! まとめ

・トップスピンロブとは、順回転で
威力のあるロブのこと
・ロブの高さは頂点がサービスラインくらいに
設定! 素早く打点に入って打とう!
・シングルスで相手が前に詰めてきた時や、
ダブルの前衛の頭上を抜こう!

トップスピンロブは、
一度コツをつかめば
とても頼りになる技です!

ぜひ習得して、
試合でバンバン使って
勝利数を増やしてくださいね!(・▽・)

おすすめの記事