テニス 初心者 素振り 練習方法

どうも、タコちゃんです(・▽・)

テニスの練習をはじめて
もっと上手くなりたい!

早く上達したい!
という向上心いっぱいあなた。

その気持ちは上手くなる第一歩です。
きっと上手くなります!!

ですが、気持ちだけでは
なかなか上達しません。

どんな選手でも、プロの選手でも
隠れたところで練習しているのです。

コソッと練習するので、
これをコソ連といいます(笑)

今日はお家に帰ってから出来る
コソ連のひとつ

「素振り」で効果的に上達する為の
練習方法についてご紹介します。

レッツトライ!(^^)/

素振りで効果的に上達する為の練習方法①
まずはラケット無しで!

テニス 素振り 上達 練習方法

テニスの素振りを始めるとき、
あなたはどんな素振りをしていますか?

「さぁ~上手くなるぞ~!」
と、意気込みすぎてブンブン
ラケット振っていませんか?

まずはそのラケットは置いて下さい。
そして、何も持たずに
素振りしてみて下さい!

何が大事かと言いますと・・・

まずは練習で打った感覚を
思い出すことが大切です。

頭の中で振り返ってみるのです。

そうすることでフォームの
再確認が出来ます。

体にフォームを染みこませる。

上達するはじめの第一歩です!

素振りで効果的に上達する為の練習方法②
面をしっかりと意識する

テニス 素振り 上達 練習方法 面

さぁ、いよいよラケットを持ってみましょう!
素振りをしましょう!

グリップはしっかり持ちましたか?
頭でイメージしていますか?

次に気をつけたいのは「面」です!

ラケットをスイングする時、
やみくもに振っていませんか?

しっかりと確認していただきたいのです

きちんとボールを当てて打つという事を

打つ面はどうなっていますか?
上向きになっていませんか?

上向きになると
スライスがかかるようになります

下向きだと
スピンがかかります。

実際にボールがラケットに当たることを
考えながら

しっかりと面を意識しながら

素振りしてくださいね

素振りで効果的に上達する為の練習方法③
最後まで振り切る!!

テニス 素振り 練習方法 振り切る

次に気をつけたいのは

思い切りです

素振りでありがちなのが

面を立てることなど、
インパクトを意識しすぎて
途中で止めてしまうことです

途中で止めてしまうと
コンパクトなフォームになってしまいます

そのコンパクトさは
確実に実際のストロークでも出てきます。

思いっきり振り切る

よく首に巻き付ける!!
とコーチには言われたものです。

しっかりと首に巻き付けるくらい
振り切りましょう!

大胆に!
思いっきり!

ストレス発散にもなりますよ!

ただ気をつけて欲しいのは
周りに人がいないか確かめてくださいね

素振りで効果的に上達する為の練習方法④
フォームを鏡で確認する

あなたは素振りをするとき
自分の体全体を見渡せていますか?

しっかりと体全体が使えていますか?
素振りで大事なのは
自分の軸となるフォームを
しっかり決めることです。

その為には
基礎をしっかり固めること

腕だけで振ってしまうと
前屈みになりがちなフォームになります

しっかり膝も使いましょう。

きちんとボールがどの位置に来るかを
イメージしながら打つと、
自然と膝も動きますよ

一つ一つ確認したことを、
きちんとフォームに反映できているか、
鏡を見ながら丁寧に確認していきましょう

素振りで効果的に上達する為の練習方法⑤
ステップ♪を忘れずに

テニス 素振り 練習方法 ステップ

踊ってください♪

と言っているわけではありません!

テニスの素振りにはステップはとても大切です。

イメージしてください。

少し前にボールが落ちてくるとき、
どうやって前に行きながら
打っていますか?

そのままスタスタと前に行っていますか?

よっぽど足が長くないと
難しいと思います。

1、2歩ジャンプしていませんか?
軽くステップを踏んでいるのです。

素振りで効果的に上達する為の練習方法⑥
手と足を別々に確認する

次は
手と足をそれぞれ
素振りをすることです

まずは手だけを素振りしてみてください。
足は仁王立ちでかまいません。

上半身の動きをしっかりと覚えましょう。

つぎに足だけ素振りをしてみてください。
はじめは難しいかもしれないので、

協力してくれる人がいれば
ボールを投げてもらってください。

ボールの落下地点を考えながら
素振りをすると
おのずと足が動きます。

下半身の動きも
しっかりと確認します。

上半身と下半身の動きを確認して、
それから全体で素振りをすると

腰がすごく動きます。
全体で素振りをするよりも
腰をしっかりとひねることが
出来ます。

それぞれのパーツを確認して
全体を見返す。

あとはこれの繰り返しです。

素振りで効果的に上達する為の練習方法⑦
重りをつけてみる

テニス 素振り 上達 練習方法 重り

フォームも形になってきた
体全体も使えるようになった

何回も素振りをしてきた 

そうすると、次は重りをつけて
素振りをしてみてください。

素振りはあくまでも素振りです。

実際に打った時の衝撃、
重みはありません。

重りも何㎏もあるような
重りをつけなくて大丈夫です。

テニスショップには120g程の
ラケットに取り付ける重りが
売っています。

しっかりと一球の重みを感じながら
打つとやる気も出てきますね

素振りで効果的に上達する為の練習方法⑧
タオルの音で表現♪

音符

やる気ということで言えば
音も大事です!!

私はラケットの代わりに
タオルで素振りをしたことも
ありました。

思いっきりタオルで素振りをすると、

「パーン!!」

と、とてもいい音がします。

この音を聞くだけで
かなり良い打球が打てるように
なっているのかなと、

実際に打つのが楽しみになります。

素振りをする際の注意点

テニス 素振り 上達 練習方法 注意点

テニスの素振りで大切なことを
いくつかお伝えしました。

なんだか出来そうじゃありませんか?

まずは上記のポイントを続けてみてください。

最後に気をつけて欲しいことをお伝えします。

悪い癖をつけない

素振りは1回だけではないと思います。
10回、50回・・・100回と
ストイックな方はすると思います。

その時に回数をこなすということに
考えすぎて、フォームが
ブレてしまいがちです。

はじめは回数が少なくてもいいもで
しっかりと脳に焼き付ける

癖ではなく、
確認する。

その気持ちを忘れず素振りをしましょう。

テニス初心者が素振りで効果的に
上達する為の練習方法を一挙公開! まとめ

○まずはラケット無しで素振り
○打つ時をイメージして面をしっかりと作る
○首に巻き付けるくらい振り切る!!
○体全体を使い、フォーム軌道を確認する
○ボールの落下地点を想定してステップをする
○上半身と下半身それぞれ確認して、最後には腰も確認
○重りをつけボールが当たる衝撃も確認してみる
○タオルなどを使い、音でスイングを確認
○悪い癖がつかないようにしよう

素振りを楽しむ秘訣は五感で感じる
ことも一つの手です。
イメージしながら、素振りをしてみてください。

そして素振りは回数を積めば積むほど
上達する!

回数は見えるものなので
自信がつきやすいと思います。

コツコツ上達しましょう!!(・▽・)

おすすめの記事