テニスで守備力MAXにするスプリットステップのタイミングとコツとは?

どうも、タコちゃんです(・▽・)

皆さんは、テニスをする中で、
ボールに近づいて準備するまでの時間は
間に合っていますか?

移動が遅いと、
振り遅れの原因にもなります。

ばたばたと焦って近づいて、
インパクトの位置がばらばら…
準備の時間がなくて、かつかつ…
なんてことになっていませんか?

そういった
「移動を速くしたい」
「振り遅れの対策をしたい」
という悩みを解決するにあたって、
有効的なのは「スプリットステップ」を
覚えることだと考えます。

スプリットステップは
テニス以外にもさまざまなスポーツで
使われるステップです。

それは、足を使うスポーツにおいて
必ずメリットがあるからです。

スプリットステップをすると、
とても次の動きに移りやすくなります。

ストロークのラリーに限らず、
リターン、ボレーなどにも
スプリットステップを行いましょう。

スプリットステップは、
ボールのタイミングに合わせて、
軽く1歩前に跳びます。
次の動きに移りやすくするためのステップなので、
真上ではなく、少し前に跳びます。

跳ぶ、と考えると
その場で跳びがちですが、
ベースライン付近で構えていたら、
ベースラインよりも内側に入るくらいのイメージです。

スプリットステップをすることで、
ボールに反応しやすくなるのですが、
はじめはタイミングがなかなか難しいかもしれません。

もしスプリットステップが遅れてしまうと、
最初の1歩が遅れるので、移動も遅れます。

そうなると、テイクバックも遅れ、
準備のための時間が減っていき、
振り遅れの原因になります。

また、インパクトのタイミングが
ばらばらになってしまい、
体に近い位置で打ってしまうことにもなります。

タイミングを間違えると、
全体の流れが遅れていき、ミスに繋がることもあります。

逆に考えると、
スプリットステップのタイミングを改善すると、
ミスを減らすことができるかもしれません。

今回は、テニスで使う
スプリットステップの正しいタイミングを
お伝えしていきたいと思います

正しいタイミングを覚えることが大切です。

相手が打った瞬間に着地する

まず、みなさんが考えるのは、
打つ前に跳ぶとしても、
相手が打った瞬間に「跳ぶ」のか、
それとも「着地する」のか。

私は、相手が打った瞬間に「着地」だと
考えています。

相手がボールをインパクトしてから、
バウンドするまでの時間なんて
コンマ何秒の世界です。

スプリットステップをするだけで、
1歩目が速くなるので、
習慣づけると本当に追いつくスピードが変わります。

どんなボールでも次の動作のために
スプリットステップをするように練習しましょう。

振り回されるようなボールでも
間に合うような動きに変わるかもしれません。

できるだけ早く用意するためにも
ボールが返ってきたら、すぐに動き出すことが
できるようにしておかなくてはなりません。

着地してすぐに、素早く反応して、
次の動きに移りましょう。

ボールがバウンドする時には、
すでにテイクバックを済ませておきましょう。

スプリットステップは、
ナイスショットのための重要な準備です。

また、相手が打った瞬間に「跳ぶ」のと
「着地する」では、
大きく変わります。

相手が速いボールを打った場合、
打った瞬間に跳んでしまうと、
自分が空中にいるときに、
相手に打ち込まれてしまう可能性があります。

もちろん、追いつける速さのボールだったとしても
振り遅れたり、追いつかないかもしれません。

素早く反応し、
相手がスイングし始めたくらいのタイミングで、
跳ぶと「打った瞬間に着地」ができるでしょう。

普段の練習から意識して、
間に合うタイミングのスプリットステップを
覚えていきましょう。

こちらの動画で、
スプリットステップについて解説されていますので、
よかったらご覧ください。

足を柔らかく使う

膝を軽く曲げて柔らかく使い、
ぎこちなくならないようにしましょう。

跳ぶこと自体を意識するよりも、
次の動作に繋げることを優先して
足を動かします。

ポイント間は、
常に足を動かすことを意識します。

両足をべたっと地面につけたままの状態から、
いきなり動き出すことは難しいですし、
動き始めるのに時間がかかります。

足を動かし続ける、ということも
いつもの練習から習慣づけておかないと、
試合ではできません。

軽いラリーや、ボレーボレーなどの
ウォーミングアップの段階から
スプリットステップをいれて、
しっかりと足を動かしていきましょう。

私自身も足をたくさん動かすことで、
体もあったまりますので、
意識して、スプリットステップもして
常に足を動かすようにしています。

移動も速くできますし、
足をしっかり使って打つことができます。

スプリットステップは、
次の1歩のためのステップです。

スプリットステップのタイミングを掴むことに
慣れてきたら、
ぜひその後の足の動かし方も意識してみてください。

また、スプリットステップをマスターし、
相手のラケットの向きなどで、
相手の打ちたい方向を予測できると、
片足でスプリットステップができるようにもなります。

跳んだら、着地の瞬間は
走りだしたい方向へ片足で着地すると
さらに動き始めが速くなるでしょう。

相手の動きを予測することを
身に付けていくことにも繋がります。

テニスで守備力MAXにするスプリットステップの
タイミングとコツとは?まとめ

1.相手が打った瞬間に「着地」する
2.足を柔らかく使い、たくさん動かす

このように、
スプリットステップの正しいタイミングは
相手がボールをインパクトした瞬間に
着地できるようにしましょう。

スプリットステップをする際も、
真上に跳ぶだけではなく、1歩前に入ります。

より素早く、ボールのところへ移動し、
準備の時間を作ることができ、
良いタイミングでボールを捉えることに繋がります。

また、よりコートカバーリングも
できるようになるということで、
守備面のことを考えても、
スプリットステップは必要だと思います。

私はポイントの間、常に足を動かし続けることを
意識して練習していました。
足を止めると、動きが遅くなる気がして、
1ポイント目から全力で動き回れるように
ウォーミングアップをしていました。笑

日頃の練習から意識して足を動かし、
スプリットステップのタイミングを掴んでいきましょう。

スプリットステップを使うことで、
みなさんの振り遅れのミスを
これからどんどんなくしていきましょう!

おすすめの記事