絶対にやってはいけないスピンサーブの練習方法…中級者が習得できない理由とは?

どうも、タコちゃんです(・▽・)

スピンサーブの打ち方は
何となく分かってて、
打てそうなイメージはあるけど…

なぜかテニスコート上で
実際に打とうとすると
全然スピンになってない( ゚Д゚)

むしろ友人からは
「バリバリのスライスサーブじゃん(笑)」
と言われることはありませんか?

それ
練習方法が間違ってるから
かもしれませんよ。

今回はそんな悩みを解決するために
スピンサーブを打てるようになるための
やってはいけない練習方法
さらに効果的な練習方法について
お話していきたいと思います!

スピンサーブの練習はコート上でするな!?

注意 危険

「よし、スピンサーブの打ち方は分かったぞ!
早速コートで練習だ!」

はい、ちょっと待った(*´з`)笑

いきなり結論ですが、
中級者の場合、
スピンサーブの練習は
いきなりテニスコート上でやってはいけません。

中級者の方は
すでにフラットサーブや
スライスサーブを打てている人が
多いかと思います。

フラットサーブやスライスサーブは
ボールを前に打とうとしますよね。

ラケットスイングや体の向きも
その意識に合わせて
どうしても前を向きます。

数年、あるいは長年に渡って打ってきた
「前に打とう」とする
フラットサーブやスライスサーブを打つときの癖が
体に染みついてるんですよね。

でもスピンサーブって
スピンサーブの打ち方の記事でも
説明しましたが、

・トスは真上かちょっと右寄り
・ラケットスイングは8時⇒11時の方向
・体は横向きのままフィニッシュ

などなど、フラットサーブやスライスサーブとは
打ち方が全然違うんです。

にも関わらず、
フラットサーブやスライスサーブの
癖がついた状態で
いきなりテニスコート上で練習しても
スピンサーブがすんなり打てるように
なるわけがないんですよね(;'∀')

これが中級者が陥りやすい
どれだけ練習しても
スピンサーブが打てるようにならない罠です。

中級者より初心者のほうがスピンサーブを覚えやすいという事例

初心者

長年の癖が染みついた
中級プレーヤーよりも
あまり癖の付いていない
初心者のほうがスピンサーブを会得しやすかったりします。

私が所属しているテニスサークルの話です。

スピンサーブマニアのMくんが
職場の後輩であるという
テニス初心者の女の子Oちゃんを連れてきました。

で、Mくんが
「テニスはサーブが入らないと
試合にならないから」とか言って
いきなりスピンサーブを教えてるんですよ(笑)

「さすがに初心者女子には無理なんじゃ…」
と思いつつ、
2人とも楽しそうだから
とりあえずまぁいいかと
様子を見てたんです。

その後Oちゃんとは
練習日が合わず
あまり会う機会がなかったんですが

2~3か月後かな?
Oちゃんが早くも
初級のテニス大会にデビューするというので
見に行っていたら…

ス、スピンサーブ打っとる( ゚Д゚)

もちろん
そんなキレのあるスピンサーブじゃないんですけど、
弾道は山なりになってて
しかもちゃんと入ってる。

ダブルフォルトは
ほぼしてませんでしたね。

さすがにテニス始めて2~3か月後なので
残念ながら初戦敗退でしたけど、
Oちゃん「楽しかったです!」
とのこと。将来が楽しみです(・▽・)

一方・・・

テニス歴15年の万年中級プレーヤー
Lさん

いつもMくんに
「スピンサーブのコツ教えて」
とスピンサーブ習得に励んでいるのですが…

じつはLさん
テニスを始めてこのかた、
スピンサーブはおろか
スライスサーブすらも打ったことがない
生粋のフラットサーブ野郎なんです(笑)

もうね
フラットサーブの癖がすごい。

「スピンかかってるかな?
タコちゃんサーブ練習付き合ってよ」
とたまにレシーブに立たされるのですが…

「スピンどころか回転のカの字もかかってないですよ!!( ;∀;)」
という状態。

素振りだけを見ると
ちゃんとスピンサーブの
スイングになってるんですけどね…

ということで長くなりましたが、
癖はなかなか治らない
癖が付いてる状態でいくら練習しても
上手くいきませんよー!

というお話でした。

スピンサーブはどこで練習したらいいの!?

公園
テニスコートで練習するなって、
じゃあどうしたらええねん('Д')!?

答えは
公園で打つ
です。

公園じゃなくても
テニスコート以外の
広い場所ならどこでもOKです!

テニスコートに立ってしまうと
どうしてもネットやサービスラインなど
目標とするものが出てきてしまいます。

「ネットを越さないといけない」
「前に打たないといけない」
という意識が働いてしまいます。

その結果、
長年染みついた
フラットサーブやスライスサーブのフォームで
体が無意識に打とうとしちゃうんですよね。

だから正しいスピンサーブの打ち方が
できないんです。

なので公園などの
「なんの目標物もない場所」
で練習する必要があります。

そして
「どこにボールが飛んで行ってもいい」
という気持ちで打つ
ことが大切です。

日中は小さい子供たちが遊んでるので、
夕方~夜がお勧めです。

夜でも大抵の公園は
電灯が付いてるので
ちゃんとボールは見えますよ。

公園でスピンサーブのフォームを
体に染み込ませてから
テニスコートでの練習に移りましょうね。

あ、ちなみに壁打ちはダメですよ。
壁打ちは
「壁に向かって打たなきゃ!」
という意識が働いちゃいますので。

スピンサーブを3倍速で習得できる、効果的な練習方法とは!?

公園でスピンサーブの癖を染み込ませたら
いよいよテニスコートでの練習ですね!

スピンサーブの癖を染み込ませたとはいえ、
いざテニスコートに立つと
これまでのフラットサーブやスライスサーブの癖が
邪魔をしてきます(笑)

そんなときは
「公園から出直せぃ!( ゚Д゚)」
と言いたいところですが、
まずは以下の3点を試してみてくださいね。

横を向いてあぐらをかきながら打つ

これまでの癖から
どうしても体が先に
前を向いてしまいがちです。

体を横向きに保つために
あぐらをかいた状態
スピンサーブの練習をすることを
おススめします!

膝立ちとか椅子に座るという方法もありますが、
経験上、あぐらをかいた方が最も体が安定しますし、
下半身の余計な動きを抑えることによって
上半身の動きにだけ集中できますよ(^^)/

あぐらをかいた状態だと、
最初はネットを超すことも出来ないと思うので、
まずはサービスライン付近から打ち始めて
ネットを高く通すところから
始めてみましょう。

ネットを超えるようになってきたら、
段々とベースラインの方まで
下がって打つようにしてくださいね。

ラケットを短く持つ

ラケットを短く持つことによって
ラケットワークがスムーズになります。

ボールのインパクト面と
手の距離が物理的に近くなることによって

スピンサーブのスイング軌道も
イメージしやすくなるんです(^^)/

肘を上げた状態からスイングする

最初の構えからスイングに入ってしまうと
これまでの癖が出てきてしまいやすいです。

肘を目の高さまで
あらかじめ上げておきましょう。

この時の注意点は
脱力しておくことです。
ラケットは、だら~んとして
ヘッドが下を向くようにしてくださいね。

絶対にやってはいけないスピンサーブの練習方法…中級者が会得できない理由とは?まとめ

・いきなりテニスコート上で練習したらダメ
・公園など、目標物がない広い場所で練習し、スピンサーブのフォームを染み込ませる
・横を向いてあぐらをかきながら打つ
・最初はサービスライン付近から打つ
・ラケットを短く持つ
・肘をあらかじめ上げておき、脱力する

スピンサーブは中級プレーヤーにとって
永遠の壁ですよね。

私もこの練習方法でやっと
スピンサーブが打てるようになりました。

これまでのサーブの癖を
取り払うということをお話しましたが、
スピンサーブを習得したからといって

逆にフラットサーブやスライスサーブが
打てなくなっちゃった(;'∀')

ということにはならないので安心してください(笑)

上手く使い分けれるようになるはずです。

スピンサーブを習得して
色んなサーブを打てるようになると
試合での戦略に大きな幅が出てきます。

その分、勝てる確率も上がりますし
ますます自分に自信がついてきます。

スピンサーブを諦めていたという方も
ぜひこの練習方法を試してみて
勝って楽しいテニスを体感してみてください(・▽・)

おすすめの記事