スピンサーブ ラケットの軌道

どうも、タコちゃんです(・▽・)

みなさんは、スピンサーブと聞いて
どんなイメージを持っていますか?

私は、
「男子の上級者とかコーチとか、
上手い人がぐりぐりと
スピンをかけてくるサーブ」
というイメージです。

ミックスダブルスの
男性側のサーブで、
どれほど煮え湯を飲まされたか
分からない、
スピンサーブです…。

トップスピンのサーブが
よくわからない!
という方は、
この動画を見てみて下さいね!

すごく回転のかかっている
サーブですよね!
そうです、
男子でうまい選手が打っている、
あのサーブです!

そんなスピンサーブですが、
自分には打てそうにないし、
関係ないって思っていませんか?

特に上級者以下のレベルの方や、
力が出しにくい女性の方。
ちょっとスピンサーブまでは
無理かな… と諦めがちです。

でも実は、中級者や女性でも
スピンサーブが打ててしまう
コツがあるんです!

打てるものなら打ってみたい、
スピンサーブ!

今日は、そんなスピンサーブの
打ち方とコツはもちろん、
一番大切な練習方法まで
しっかりと説明していきますね!

スピンサーブってどういう球?ここを理解しないと話にならない

スピンサーブとは何か、
初歩的なことから
見ていきましょう!

スピンサーブとは、
順回転がかかったサーブのことで、
バウンドした後は
前方向へ威力を伴って
跳ねていきます。

キックサーブやツイストサーブは
跳ねた後は、左右に動きます。
ですが、スピンサーブは
左右に動きません。

スピンサーブの弾道は、
普通に打った時よりも、
やや山なりの放物線を描きます。

バウンドした後に
大きく跳ねるのは、
スピンがかかっているからではなく、
高い位置から落下しているからなんです。

つまりスピンサーブの弾道は、
ネットすれすれではなく
ネットよりもかなり高い位置を通る
という大前提があることを
忘れないでくださいね!

スピンサーブの打ち方とコツ①
ななめ上に向かってスピンをかける!

では早速、
スピンサーブを打つコツを
見ていきましょう!

スピンサーブで
スピンをかけるなら、
まっすぐ縦方向にかけるんじゃ
ないの…?
と思いますよね。

フォアハンドのトップスピンや
トップスピンロブでは
縦回転の回転をかけますもんね!

これは多くの方が
誤解していることなんです。
私も誤解をしていました…。

サーブでは
ストロークと違い、
縦回転をかけることって
不可能に近いんです。

なので、ボールにかける回転は
このようになります!

ななめの回転です。
野球や卓球でも言われる
「ジャイロ」回転ですね!
回転軸が傾いているのです。

この回転を
頭に入れていくことが
とても大切となります。

この後に出てくる
ラケットワーク(ラケットの動かし方)や
体の使い方に影響してくるからです。

スピンサーブでは、
ななめ上に向かって
スピンをかける
(回転軸がななめになる)

ということをしっかり覚えましょう!

スピンサーブの打ち方とコツ②
ラケットの軌道は
、8時⇒11時⇒2時

インパクトの瞬間、
ラケットはどのような角度で
ボールを捉えているでしょうか?

真後ろからみた
インパクトの瞬間を説明しますね!

右利きの方の場合ですが、
真後ろから見ると、
ラケットとボールの位置関係は
こうなります。

ちなみに、ラケットの握りは
コンチネンタルグリップです。

ラケットの振る方向について、
時計に例えて説明しますね!

8時から2時の方向にこすりあげる。
インパクトの瞬間は11時くらい

となります!

8時からラケットを
こすりあげるということは、
けっこうラケットを
横に倒すんですねー!

腕の力だけで
ラケットを倒すのは中々
難しいので、手首から腕は、
最初は脱力しておきましょう!

そして、インパクトに向けて
手首〜腕に力を込めて
こすりあげていきます。

こすり上げるときは、
先ほどのななめ回転を
思い出してくださいね!

スピンサーブの打ち方とコツ③トスは真上か少し右へ

自分の体はコートに対して
垂直(横)を向きます。

そしてサーブのトスは、
左寄り(ネット側)に上げるよりも
真上か少し右へ
上げるようにします。

そうすることで、
前の項で書いた
こすり上げる動きを
しやすくなります。

慣れてくると打点を前にしても
打てるようになりますが、
まずは真上か少し右で打つ練習を
してみましょう(^^)/

スピンサーブの打ち方とコツ④プロネーションを使う

ラケットでこすり上げた後は、
ぜひプロネーションを使いましょう!

プロネーションとは、
前腕(手首から肘にかけて)を
内側にひねる動作(回内動作)
のことです。

ストロークのトップスピンを
かけるときにも使いますが、
このプロネーションを
使うことによって、
スピンの威力を増すことができます!

スピンサーブの打ち方とコツ⑤体は最後まで横向きのまま

スピンサーブを打つコツの一つが、
体を横向きのまま打ちきる
ということです。

体が正面を向くと、
フラット系の球になってしまいます。
フラット系の球とは
回転量の少ない球のことです。

フラット系のサーブで
速さを出そうとすると、
最後に右肩が左肩を
追い越します。

ですが、スピンサーブでは
右肩が左肩を
追い越すことはありません。

このことも、
自分は今スピンサーブの
フォームで打てているか?
という、判断材料や改善点の
一つになりますね。

スピンサーブが効果的に決まるコースとは!?

せっかく打つなら、
スピンサーブが効果的に決まる
コースに打ちたいですよね。

スピンサーブでは基本的には、
バックハンド側を狙います。

これは、

・フォアハンドに比べて
バックハンドが苦手な人が多いこと
・バックハンドの高い位置の
ストロークは力が入りにくいこと

が関係しています。

スピンサーブは跳ねますから、
バックハンドでは
なかなかボールを力強く
叩きにくいです。

返すので精一杯の方も
多いと思いですよね。

スピンサーブに慣れてきて
コースが狙える方は
ぜひ相手のバックハンド側に
スピンサーブを入れていきましょう!

たまにスライスサーブを混ぜて、
相手に慣れさせないようにすると、
より効果的ですよ!

テニスのスピンサーブの打ち方とコツを暴露!女子でも簡単に打てます!まとめ

上級者向きだと思われがちな
スピンサーブですが、
コツを掴むと誰でも
打てるサーブなんですよ。

それでは、
スピンサーブの打ち方とコツを
まとめましょう!

・ネットより高い位置を通す
・力を抜いた状態から、ななめ上の方向に(8→2時)振り抜く
・体は横向きで、トスは真上か右で
・プロネーションを使い、体は横向きのままフィニッシュする
・コースは相手のバックハンド側を狙おう

意外とコツはシンプルです!

最初はボールをこすり上げる
感覚がつかみにくいかも
しれません。

スピンサーブの打ち方やコツが分かったところで
練習方法についてまとめたこちらの記事もどうぞ。
どうか間違った練習方法はしないでくださいね(;'∀')

ぜひ、サーブのバリエーションを
広げて、自分に優位な展開に
持っていきましょう!(・▽・)

おすすめの記事