テニス スマッシュ 打ち方 コツ

どうも、タコちゃんです(・▽・)

あなたは、
シングルスで自分が攻めて
相手のボールが前に上がったときや、
ダブルスの時にぽーんと浮いたボールや、
少し浅めのロブが来たらどうしますか?

そういった場面でみなさんには、
「スマッシュ」
という選択肢はありますか?

せっかくポジションを
前に取ることができたのに、
わざわざ下がって、
ボールを落として
打ってしまってはいませんか?

もし咄嗟にスマッシュを
選ぶことができたら、
攻撃の幅がもっと広がりますし、
相手も
「ボールが少しでも浮いてしまったら、
打ち込まれてしまうのでは…」
と思うでしょう。

ノーバウンドで打つショットですので、
ラリー自体のテンポも上がります。

スマッシュは、
とてもパワフルなショットですし、
相手としても打たれるととても嫌なはずです。

スマッシュで決めきることができなくても、
攻撃的なショットですので、
次に返ってくるボールが
チャンスボールかもしれません。

特にダブルスでは、
ロブが使われる頻度が多いでしょう。

ロブが上がったときに、
パートナーに任せるのではなく、
逃さずに自分へのチャンスボールとして、
捉えてみてはいかがでしょうか?

相手にプレッシャーを
とても与えることができるショットになります。

そこで今回は、
テニスで確実にポイントを取るための
スマッシュの打ち方とコツを
お伝えしたいと思います。

スマッシュの打ち方とコツ①
バックランで素早く下がる

まず、スマッシュは
高く、大きく自分の頭の上を飛んでいきます。

そして、私達は
そのボールに間に合わなければなりません。

間に合わせるための走り方としては、
体は前、もしくは横を向いたまま、
相手に背を向けずに全力で走りましょう。

完全に後ろを向いてしまわないように、
気を付けながら下がります。

後ろ向きのまま、
細かいステップで走る練習をして
動きを覚えましょう。

ただし、ボールから
絶対に目は離したらいけません。

最初の動き始めが肝心で、
ボールの落下地点を予測して
急いで下がります。

近づいたら、ちょこまかと細かいステップで
打つ直前ぎりぎりまで
ボールとの距離感を微調整します。

サーブと同じように、
1番力の入る打点は、軽く肘を曲げ、腕を伸ばし
体よりも少し前の位置になります。

そのため、
ボールの落下地点の真下で構えるのではなく、
予測した落下地点よりも少しオーバー気味に下がります。

また、ボールは重力の影響を受け、
上がるときよりも落ちてくる時に加速します。

そのため、
素早く動いて準備する必要があります。

そして、ボールが上がり、ラケットを担ぐ同時に
ラケットを持った手とは反対の手を上にあげます。

これで、ボールの位置や距離間を測り、
自分のポジションや打つタイミングを考えましょう。

ボールに対して
下がる際のフットワークなどを覚えるために
実際に行っていた練習をご紹介します。

自分がネットを叩いたらボールを出してもらい、
下がってスマッシュを打ち、
それを繰り返す練習です。

スマッシュを打って、戻っての反復練習なので
スマッシュの練習にもなりますし、
打つ前、打った後のフットワークの練習になります。

ネットを叩かなければ、
ボールが出ないので、速く動かなければ間に合いません。

ぜひ普段の練習に取り入れてみて下さい。

ボールの落下地点の予測なども、
実際に試合などで使っていくうちに覚えていくので、
ぜひ日頃からトライしてみてください。

スマッシュの打ち方とコツ②
後ろに跳びながら打つ

スマッシュとサーブは同じように
高い位置でノーバウンドで打ちます。

打点はどちらも同じですが、
打ち方として違う点があります。

サーブは打点に向かって、前に跳んで打ちますが、
スマッシュはサーブと同じ打点で後ろに跳びます。

まず、ボールに合わせて、下がったら
後ろの足でしっかりと止まって、
サーブの時のようにためを作って、
構えてから打ちます。

そうすると、スマッシュのインパクトの瞬間は
空中にいることになります。

右利きの方なら、
右足でためを作って、後ろに跳んで
左足で着地します。

もし、前の足に体重が乗っていると
打った後に体が前に突っ込んでしまう可能性があります。
気を付けましょう。

バックランで下がったら、
ばしっと足を決めて、しっかり止まります。

しかし、打つぎりぎりまで、足を動かして、
自分のポジションを調整しなければならないので
ためを作るといっても一瞬です。

1で足を決めて、しっかりと構えます。
2で打ちます。
「1・2」という速いリズムで、コンパクトに打ちます。

その一瞬で、ぐっと足を地面に付けて
打つ体勢を作らなければなりません。

スマッシュは、
速い移動とタイミング、リズムが大事になります。

ぐっと下に沈みこんだ反動で、
上に跳んでパワーをボールに伝えます。

そうすることで、
パワフルなスマッシュを打ち込むことができます。

スマッシュの打ち方とコツ③
姿勢良く、ラケットを振りぬく

スマッシュの打点は、
サーブと同じと言いましたが、
スイングもサーブと同じように
しっかりとスイングを途中で止まることなく
振りぬいていきましょう。

ラケットに当てるだけだと、
アウトやネットの原因になります。

そして、高い位置から打つからこそ
思い切り振って、下に叩きつけましょう。

しかし、そこで姿勢が崩れてしまうと
ネットに直撃してしまいます。

姿勢が崩れるというのは、
おじぎのように上半身が前に倒れてしまったり、
腰が引けてしまっている状態です。

走って、跳んで、打って、と
動きの多いスマッシュの一連の動作ですが、
上半身は常にまっすぐを
キープできるように意識
しましょう。

姿勢が良いと、
打点もさらに高い位置で取ることができ
よりパワフルなショットになります。

浮いたボールが来た時に
スマッシュをすぐに選ぶことができたら
相手もなかなかロブを上げにくくなります。

スマッシュは攻めるためのショットです。
どんどんトライして、
積極的にスマッシュを使っていきましょう。

スマッシュに限らず、
攻めている際のミスは、
相手へのプレッシャーにもなるので
気にせずに思い切ってプレーしていきましょう。

こちらの動画でも、
スマッシュのコツが紹介されておりますので、
よかったらご参考にして下さい。

テニスのスマッシュの打ち方とコツ!
確実に点を勝ち取る3つのポイント まとめ

1.バックランで素早く下がって、ポジショニング
2.しっかりと止まってから、後ろに跳びながら打つ
3.良い姿勢をキープして、振りぬく

以上3点が、
私が考えるスマッシュを決めるコツです。

スマッシュはサーブと違って、
ボールに勢いがあるので難しいですが
ポジショニングとタイミングさえ合えば、
しっかりとした重いボールを
打つことができます。

スマッシュを打つ練習を繰り返すうちに、
自分から見てボールがどの位置の時に
スイングすれば良い打点で打てる!
ということがつかめます。

たくさん練習で打ってみてください。

みなさんもスマッシュを使って、
さらに攻撃のパターンを増やしましょう。(・▽・)

おすすめの記事