必勝

どうも、タコちゃんです(・▽・)

テニスが大好きな皆さん!
テニスの大会に出ていますか?

テニスの試合を観ていると、
自分も試合に出たくなりますね!

見ていて熱くなるシングルスの試合です♪

こんなに打ち合ってみたいです!

初心者の方でも
気軽に出られる大会…。
それはシングルス大会ですね!

ダブルスの大会だと
ペア探しから難航したり、
競争率も激しくて
大会に出ることも難しかったり…。

シングルスだとペア探しも
ペアへの気兼ねも無く、
空いた曜日にふらっと
出ることができますね!

試合に出る競争率も低い!

何より自分の力だけで
勝負をするので、
力試しになります!

自分の力が反映される分、
負けるとものすごく悔しい
んですけどね…!

そして一人で戦うので、
試合中はなかなか冷静になれなくて
勝つためのセオリーも、
コーチにアドバイスされた事も
吹っ飛んでしまいます(笑)

今日は、追い詰められた時でも
シンプルに思い出せる、
シングルスに勝つ方法を
お伝えしていきますね!

テニスのシングルスで勝つコツ! 〜基本編〜

まずはシングルスを戦う上で
押さえておきたい、
シングルスの基本を
見ていきましょう!

シングルスの基本はズバリ、
ミスしないこと
攻め込まれないこと
が大切です!

シングルスにおいて、
ミスをしない、ということは
最小のリスクで、最大の攻撃なんです。

それでは、それぞれの
コツを見ていきましょう!

低く浅くならないように打つ

まずはボールが低くて
浅くならないように
打っていきましょう!

打ったボールの高さが
低くなると
ネットにかかってしまいます。

低くならないためには
ニュートラルボールを
打つ必要があります。

ニュートラルボールとは
どんな球のことを言うのでしょうか?

ニュートラルボールとは
攻めでもない、
守りでもない、
一番ミスすることが少ない
球のことをいいます。

ニュートラルボールは
大体、ネット上1〜1.5m位の
高さを通過します。

ボールを安定させるために
少しスピンをかけたりしますが、
自分の中で最も安定した
ショットを選んで良いですよ!

試合に出るジュニアの子たちは
まずこのニュートラルボールを
練習します。

私も小さい頃〜高校生まで
この練習をひたすら積みました。

むしろニュートラルボールで
左右にコースを狙うだけで
勝てるので、
ジュニアではニュートラルボールの
質というのは重視されます。

これはもちろん
大人のシングルスにも
適応できることです!

ちなみにボールの深さは、
サービスラインを超えるように
打ちましょう!

これより浅くなると
相手がアプローチショットを
打ってきたり、
チャンスボール! と
叩かれてしまいます。

クロスのコースへ打とう!

シングルスで打つコースは
どこへ打ったらいいでしょうか?
これも迷うところです。

でも、これもちゃんと
打つべきコースがあるんです!

相手とのラリーでは、
クロスのコースを選んで打つと
ミスが少なくなります!

クロスのコースでは
ネットの中央が少し低いんです。
なので、クロスのコースへ打つだけで
ネットにかかるリスクを
減らすことができます。

また、ボールの弾道の長さも
長く取ることができるので、
アウトするリスクも
減らすことができるんです。

基本はクロスのラリー! と、
覚えておきましょう!

シングルスで勝つコツ! 〜攻める編〜

シングルスの基本を抑えたら、
攻める時のコツも実践していきましょう!
相手のボールが浅くなったり、
チャンスボールがきたり、
自分から仕掛けていく機会が
試合の中であるはずです!

うまくいけばエースがとれますし、
相手のミスを誘ったり、
その後の展開を
有利に持っていくことができます!

それでは、シングルスで
攻める時のコツを見ていきましょう!

相手のバックハンド側へボールを集める!

フォアハンドより
バックハンドが苦手な相手は多いですね。

相手の苦手なストローク側へ
ボールを集めることにより、
相手のミスを引き出したり、
チャンスボールを待ちます。

相手の苦手なところへ打つ!

試合を進めていくうちに
相手の苦手な分野が見えてきますね!

前の項で述べたように、
バックハンドが苦手そうならバックハンド側へ。
足が遅そうならドロップショットを混ぜる。
スピンに対応できなそうならスピンロブを打つ。

など、相手の球が浅くなりそうな
相手の苦手な分野を攻めていきましょう!

なので、相手の苦手な分野はどこか?
と、試合中は考え続けなければ
いけません。
ただ打っているだけではもったいないです!

大体、自分のサービスゲーム、
相手のサービスゲーム
1ゲームずつ終わるあたりまでには
見極めるようにしましょう!

ラリーのペースを変える!

ラリーのペースを変えるのは
実は有効なことです!

あえて速い球を混ぜる、
遅いロブなどを混ぜる。

すると、相手はリズムを崩して
フレームショットを打ってしまったり
するのです。

簡単な方法なので、
ぜひ実践してみましょう!

クロスからのストレート展開

クロスラリーが基本だと、
先程ご説明をしました!

ストレートへのコースも混ぜて、
相手を先に動かしましょう。

特に、相手がシングルスの
サイドラインから外に出た時は
狙い時
です!

錦織選手のような、
ダウンザラインのコースより
何級分か内側を狙えば
エースも期待できます!

シングルスで勝つコツ! 〜守る編〜

試合中に、誰だって、
負けそうな時、
ちょっと集中力が切れた時、
疲れちゃった時、
ありますよね!

そんな時の試合の戦い方も
ご紹介します!

コートの真ん中へ返す!

コートの真ん中にとにかく
返しましょう!
これでサイドアウトの心配は
ありませんね!

相手もコースに打ちづらいので、
エースを狙われる心配もありません。

最初にご紹介した、
ニュートラルボールだと
なお安全ですね!

スライスで返す!

スライスで返すのもおススメです!

体力的も温存できますし、
変則的なバウンドで、
相手のミスも誘えます。

できたらコートの深いところへ
返すと、打ち込まれる心配が
なくなります。

テニスのシングルスで勝つ方法!これしってたらもう負けない!
まとめ

・シングルスに勝つコツは、
ミスしないこと、攻め込まれないこと
・ニュートラルボールを活用しよう!
・攻める時は相手の苦手な分野を攻める!
ペースの変調やストレートコースも有効!
・守る時はコートの真ん中へボールを
集めよう! スライスも有効!

こうしてみると、
とてもシンプルですよね!

ここから更に応用を考えて
いってもいいですし、
この勝つ方法の
クオリティを上げていっても
良いと思います!

自分のプレースタイルや
レベルと照らし合わせて
参考にしてくださいね(・▽・)♪

おすすめの記事