どうも、タコちゃんです(・▽・)

テニスのシングルスの試合って、
単純にコートは広くて、
体力が必要になります。

また、コートの中に1人ぼっちという
精神的な緊張感もあります。

私もシングルスの試合をするときは、
よくミスしたら落ち込んでしまって
体も動かなくなることもありました。

私は、女子シングルスにおいて
早い展開と簡単なミスが少ない
安定感が必要だと考えます。

体力にも限りがある中で、
相手よりも早くしかけることで
相手へプレッシャーも与え、
勢いをつけられます。

  • その中で、ダブルフォルトや
    グランドストロークの意味のないミスなどを
    いかに減らして、安定させるかが大切です。

今回は、
女子シングルスにおいて私が大切だと感じた
ポイントを5つご紹介したいと思います。

女子シングルスの戦い方① 安定した深いストロークを打ち続ける

ストロークは試合の基本になります。
ただ打ち返すだけでなく、
しっかり考えて
ポイントに繋がるようなショット、
意味のあるショットを打ちましょう。

まずは、自分のミスをしないために
ゆっくりでもいいので、
ベースライン付近まで
深いボールを安定して打ち続けます。

相手が前に入り、
ボールを叩けないような位置の
深いところへ打ち続けることが必要です。

ネットより高いところを通して、
ベースライン付近に落とすことができたら
なお良いです!!

私はよくネットより
ラケット1本分高いところを
通す
ように意識していました。

ラケット1本分をはかり、紐をひいて
その上を通して
コートに入れる練習をしていました。

その練習も、入れにいくのではなく
しっかり打って練習します。

思いっきりスイングしますが、
自分の力を全て回転をかける方向に
使うイメージです。

しっかり振って、
ボールを落とすことが大事です。

女子シングルスの戦い方② セカンドサーブは絶対入れる


私はテニスの試合で
1番もったいないミスは
ダブルフォルトだと思っています。

サーブは、テニスの中で
唯一相手に左右されないショットです。
そこでミスしていては、本当にもったいないです。

トスもルール的には
何回上げ直しても問題ではありません。

打ちやすい場所に上がるまで、
何度でもやり直しましょう。

ファーストサーブは思いっきり、
ポイントを取りにいくくらい
攻めて狙いにいきましょう。

その代わり、
セカンドサーブは確実に入れましょう。

ゆっくりでも浅くても大丈夫です。

自分がミスしないことの方が大切です。

相手にも簡単なミスをしないことを
見せることができれば
プレッシャーになるでしょう。

私も何をしてもサーブが入らなくなったら、
アンダーサーブに切り替えて、
サーブしていたこともありました。

何としてでも入れようとする姿勢は
大事ですよ。笑

正しい位置にトスが上がれば
サーブは8割成功すると言われています。

こちらの動画にトスのコツが載っていますので
ぜひご参考にして下さい。

女子シングルスの戦い方③ チャンスボールは積極的に叩く


少しでも相手のボールが浅くなったら
積極的に前に入って、
打ち込んでいきましょう。

もしそのショットが、
アウトやネットしたとしても
攻めた状況でのミスは意味があります。

相手に
「少しでも甘くなったら、打ち込まれる」
と印象付けることができるので、
相手のミスを誘うことにもなります。

甘いボールを待って
ボールを落として打ち、
チャンスを流してしまうのも
もったいないです。

安定したラリーをずっと続けるだけでなく
チャンスボールをしっかり叩くことで、
だらだらとラリーを続けるだけにはなりません。

攻めるテニスで
相手より早くしかけましょう!!

女子シングルスの戦い方④ ペースを変えるショットやタイミングを覚える

先程、チャンスボールのお話しのように
だらだらとラリーをしていても、
展開はなかなか変わりません。

お互い相手のミス待ちになってしまいます。

そのため、
ラリー中にスライスやロブなど
ラリーのペースを変えるボールを
混ぜる
のも有効的です。

また、
ライジングでペースを早くしたり、
逆にボールを待って
ペースをゆっくりと変えるのも有効です。

ここで大切なのが、
ただスライスなどに逃げるのではなく、
ポイントに繋げるためには、
どこにどう打つべきか考えた上で
打たなければなりません。

私がよくしていたのは、
早いペースでのラリー中に
同じような速さのスライスで返し、
相手のミスを誘うというものです。

単調にならないように意識しましょう。

こちらはバックハンドのスライスの
参考動画です!

ゆっくりですが、しっかりと伸びるスライスは
相手を困らせるのに有効です。

 

こちらはライジングのコツの参考動画です。
ライジングは打ちやすい高さに速いタイミングで合わせることが
重要となります。
1つのテクニックとして、使いこなせると
自分の攻撃パターンが広がります。

女子シングルスの戦い方⑤ 届かないようなボールも最後まで諦めない

シングルスは自分1人で
コート全てを守らなければなりません。

前後左右に振り回される
こともあるはずです。

その時に、
明らかに届かないような距離でも
ツーバウンドするまで走りましょう。

もしかしたら届くかもしれませんし、
もし返すことができたら、
そのボールが決まる可能性も、
相手がミスする可能性もあります。

相手のコートに返しさえすれば、
何が起こるか分かりません。

最初は届かないようなボールも、
徐々に届くくらい
足が動くようになるかもしれません。

より広い範囲の
コートカバーリングができると
相手もどこまで打つと決まるか分からず
より振り分けようとして、
サイドアウトに繋がります。

フットワークが大事になるので、
日々の練習から
諦めないことを心がけます。

サイドに振られても、
すぐにセンターに戻り
態勢を立て直しましょう。

前を向いたまま、ボールを見ながら
前後左右に走れるように練習しましょう。

テニスの女子シングルスの戦い方 勝利への5つのポイントまとめ

1.深いストロークを安定して打ち続ける
2.セカンドサーブは絶対に入れる
3.チャンスボールは積極的に叩く
4.ラリーが単調にならないように、ペースを変える
5.届かないようなボールも諦めずに追いかける

以上5つが私が考える
女子シングルスの戦い方において
大切になるポイントです。

男子選手に比べると、
体力もそれほどないですし、
身体能力的にコートカバーリングできる
範囲が狭いはずです。

その分、
展開の速さやペースを変えるなどの
ポイントの取り方を
考える必要があります。

また、シングルスは
孤独との闘いでもありますので、
自分を励まして
1試合戦いきるメンタルも必要ですね。笑

気持ちと体の動きは
連動している部分は大きく、
緊張していると肩も回らなかったり、
足も動かなかったりします。

気持ちが落ち着くと
視野も広く持てるので、
メンタル面もとても大切です!!

あなたも思い切って
強気なシングルスをしましょう!(・▽・)

おすすめの記事