テニス 初心者 ラケット 選び方

どうも、タコちゃんです(・▽・)

テニスって楽しい~!!

続けてみようかな!
と、体験レッスンにて感じた方、

友人達と遊んだ時にテニスにハマった!!
という方はいませんか?

でも、何を揃えたらいいの?

まずテニスするには何が必要でしょうか??

簡単に必要なものをご紹介しましょう。

○テニスウエア
○テニスシューズ
○タオルや水分

ウエアはポロシャツに
ハーフパンツなどが一番多いですね!

女性はスコートを履きたい!!
という方もいると思うので、
スコートもこの機会にお試ししてみてください

ちなみに・・・私はスコートが履きたくて
テニスを憧れたうちの一人です。笑

そして、最後に・・・ラケットです!!
このラケット選びが一番難しくて、楽しいんです!

テニスラケットは全国のスポーツ用品店や
テニスショップ、今であれば、ネットショッピング
でも購入することができます。

現在沢山のスポーツメーカーから数え切れない程の
ラケットが発売されています。

価格も安いものから一本数万円もするものまで
かなりの幅があるんです( ゚Д゚)。

初心者ともなると選び方も分かりませんよね。

そんなあなたに、
今回は愛用したいラケットの選び方を
ご紹介します。

好きな選手に合わせる

あなたはテニス選手で好きな選手はいますか?
錦織圭選手、大坂なおみ選手などなど

日本人でも世界で
活躍している選手はたくさんいます。
大好きな選手はどんなラケットを使っていますか?

まずは好きな選手が使っているものと
同じモノが欲しい!!

試したい!

そんなミーハー心から入って見ましょう。

え?恥ずかしい??

大丈夫です!
私もそのミーハー心から入ったうちの
一人ですから!

私は高校入学当初、
「セレーナ姉妹」が大ブームでした。
彼女たちの右に出る者はいない!!

それくらい彼女たちは本当に強かったです。

私は姉の
「ビーナス・ウイリアムズ」が大好きだったので、
同じラケットを試したいと思いました。

ラケットを選ぶには
そういう簡単な発想から入ってみましょう(^_^)

メーカーで選んでみる

好きな選手?
う~ん
というかた。

気になるメーカーはありますか?

YONEX?
WILLSON?
PRINCE?

たくさん種類がありますが
メーカーの特徴をおさえておくのは
意外と重要です。

テニスラケットの相場は
2万円~3万円と言われています。
旅行も行けてしまうほどのこのお値段

やっぱり慎重に選びたいですよね。

そして、テニスラケットは
だいたい2年目程でみんな新調します。

もちろん壊れたり、折れたりもありますが、
飽きてしまうといのものあるんですよね。

そんな時に、意外と2本目も

同じブランドにしよう!
となるんですよね。

そのブランドの特徴に慣れてしまっているから。

ということで、
1本目はそれぞれのメーカーの特色を見て考える
というのは一つの手だと思います。

ちなみに私が使った感想では

BABOLATで、ちょうど良い軽さで
打ちやすいのが印象。

WILLSONは軽量なラケットが多く、形が豊富。

YONEX は面が長方形に近く、打つ面が広い。
\\ 軟式テニスをされたことがある方は
一番近いと思います。

DANLOPはグリップエンドがお洒落な気がする。笑

最後にPRINCE とにかく重い。
だけど、打った感じはある。
あとは当時は持っていたら
「おぉ~!」と一目置かれました。笑

カタログを取り寄せてそのメーカーの特徴を
見てみるのもいいかもしれませんね。

グリップサイズは慎重に選ぼう

ラケットの持ち手、
グリップの握りはとても大切です。

日本で発売されているラケットには
1,2,3,4と4種類あります。
数字が上がるほど太くなります。

女性は2、男性は3が相場と言われていますが、
手の大きさは個人差があります。

太くするとしっかりグリップに
手が固定されているような感じなので、
ストロークが思いっきり出来ます。
パワーヒッターなどは少し太めがおすすめです。

一方、グリップ細めを選ぶと
ドロップショットなど、
「技」が打ちやすくなります。
ボレーなど打ちやすくなりたいという方は
細めをおすすめします。

この時、多くの方はグリップに
「オーバーグリップ」を巻きます。
しっかりグリップと手を固定するためです。

このグリップテープを巻いてしまうと
少しグリップが太くなってしまうので、
あまりの太めを選んでしまうと、
さらに太めになってしまいますので注意しましょう。

自分の手にしっくりくるものを選んでくださいね。

近年のテニスは「脱力」が主流になってきています。
グリップが細いと、手から離れないようにしようと
ついついチカラが入ってしまいがちになります。

なので、個人的には
軽く握っても安定感が出るように、
少し太めのグリップにすることを
お勧めします。

重さには気をつけて!!


私は声を大にして伝えたい。

「ラケットの重さには本当に気をつけて!!」

ラケット選びで私は一番重要だと感じています。

特に女性や、あまりスポーツ経験が無く、
筋肉がそんなにない方は
ラケットが重いと手首に負担がかかるので、
重すぎるラケットはお勧めできません。

お気に入りを見つけた
グリップもちょうど良い
ちょっと重いかな

まっ、でもいいか_(._.)_

いえ!!待ってください!
本当に重いと感じているのに大丈夫ですか?

実際に打つとそこに
ボールの重量もかかってくるんですよ!

あなたの腕は大変なことになりますよ!

実際に友人も少し重いラケットを選んで
練習していたら腱鞘炎になりました。

ですので、少し軽めを私はおすすめします。

私がおすすめする重量は280g~300gです。
重いものになると320g~350gのものになります。

これを見ると、たかだか40,50gの差しかない!
と思った方もいるかもしれません。

しかしテニスでの40g,50gの重さの差というのは
大変大きいものになります。

ストロークと試合をするとなると身体的疲労がきます。
走り回りながらラケットを振り回すことになります。

そういう時はラケットがとても重く感じるんですよね。
その時のラケットの50gの違いと言えば、
かなりのものになります。

そして打つ時に
少しずつラケットのヘッドが下がってきてしまいます。

ラケットに重量があれば、重いボールを打てるので
重いラケットにもメリットはありますが、
それはある程度上達してからの方が良いでしょう。

ですから、実際ラケットを手に取った時
少し軽すぎるかな?くらいが良いです。

軽いと思いっきり打ったときに吹いてしまうと
思うかもしれませんが、

そういう時は
シールタイプの重りがあります。

重りをつけると軽く感じたラケットが
ちょうど良い重量になりますよ。

この時ラケットに振動止めをつける方は
その重量も考えてどれくらいの重さにするか
考えてみてくださいね。

ラケット面の大きさは?

ラケット面の大きさもとても重要になります!

最近のラケット面の大きさは
大体90~110といったところ
でしょうか。

そこで初心者のころは
なるべくラケットフェイスの大きい
物を選んでいきましょう。

最低でも100はあったほうがいいです。

ラケットにはスイートスポットという、
一番良くボールが飛ぶ箇所があります。

ラケット面が大きければ大きいほど
そのスイートスポットも大きくなるのです。

最初はスイートスポットをとらえやすい、
大きい面のラケットのものを選んでいきましょう。

実際にスイングや試し打ちをしてみる

これだ!
というラケットが決まればあとは
これだけです。

実際にスイングしてみる!

周りの視線も恥ずかしいかもしれませんが、

ラケットは高級品です。
「これにしてみようか」
と軽い気持ちではなかなか買えません。

店員の方に相談しながら
素振りしてみましょう。

実際に試し打ちさせてもらえる
店舗がほとんどなので、
出来れば試し打ちしましょう。

実際に打たせてもらえると
ボールの打球感がわかるので
これだけでぐっと自分の打っているイメージが
想像出来ると思います。

やはり「パーン」と音がすると、
気持ちいいですし、

この音が聞きたくて、
テニスがどんどん楽しみたくなります。

思いっきり出来るのであれば、
ぜひエースをねらえ気分で
スイングしてみてください(>_<)

ラケットの選び方について解説
している動画がありました。

わかりやすく解説してくれています。
是非参考にしてみてください!

補足:ガットについて

ラケットを買う時は一緒にガットも購入しなければ
いけません。

ガットを買う時は張る強度を決める必要があります。
このガットを張る強度をテンションと言うのですが、
縦方向と横方向それぞれ張る強度を決めることが出来ます。

最初の頃は平均的なテンションの
50ポンドにしましょう。

なぜなら
テンションを上げればボールが飛ばず、
スピンをかけやすくなったり、
テンションを下げれば、ボールがよく
飛ぶようになり、スピンがかけずらくなったりします。

そこで、
最初の頃は平均的な値である50ポンドにしておいて
ボールが飛びすぎるのであれば、
テンションを上げたり、
スピンがかかりすぎるのであれば、
テンションを下げたりして、調整していきましょう。

ガットも色々と種類があり、
ナイロン系やポリエステル系があります。

ナイロンよりポリエステル系のほうが
ガットが切れにくいです。

コストパフォーマンス的にも
最初はポリエステル系のものを
お勧めします。

テニス初心者の愛せるラケットの選び方まとめ

・好きな選手が何を使っているか探してみる
・メーカーの特徴で決める
・グリップサイズは自分の手に合ったものを
・ラケットの重さは少し軽めを
・実際に素振り、試し打ちをしてみる

以上が、
テニス初心者の方におすすめする、
ラケットの選び方になります。

楽しみながら、あなたに合ったラケット選んでくださいね(・▽・)

おすすめの記事