時間がない 社会人

どうも、タコちゃんです(・▽・)

社会人になってから練習
できる時間が少なく、

中々上達出来ない( ;∀;)
という方も多いと思います。

社会人になると
仕事だったり家族だったりと
思うようにテニスをする時間を確保
するのが難しいですよね。

その気持ち、すごく分かります!

そうなると、重要になるのは
練習の量ではなく
練習の質になってきます。

限られた時間の中で
いつも自分に課題を与え、
その課題をクリアできるように練習することです!

というわけで、
今回は時間がない社会人でも
テニスを上達させる方法について
話していきたいと思います!

社会人テニスの上達法①スクールや普段の練習に注意

まずはテニススクールを
思い浮かべてみてください。

レッスン時間は大体1時間半
くらいではないでしょうか?

部活動の時は3時間や4時間の
練習が当たり前だったかもしれませんが、
テニススクールでは
部活動の半分くらいの時間しか
テニスのレッスンは行いません。

長いこと全時間集中できれば良いですが、
実際社会人になると
学生の時ほどの体力は無くなりますし、
もちろん集中力だって無くなっていると思います。

ですから、長いことがむしゃらに
練習をするよりも、一つ目的を
もって練習をしたほうが
効率良く上達することができます。

実際にテニススクールは1時間半の
レッスンスケジュールの中に
目的意識を持って集中して
練習を行っていきます。

例えばコーチが球出しをする時、
ストレート方向にフォアハンドや
バックハンドで打ち込む時があるとします。

打つターゲットとして狙い場所に
コーンが置いてあれば良いですが、
もしコーンが無かったとしても、
アレーコート(ダブルスの時のサイドライン)
にショットを収めるように打ち続けたり、

と、ただ単に適当に打つだけではなく、
狙いを決めてショットを打つことが大事に
なっていきます。

そして狙ったところに打てなかったときに、
何が悪かったのかを必ず考えてください。

自分が打った時のフォームが悪かったのか、
打点が悪かったのか、足取りが悪かったのか、
振り抜き方向が悪かったのか、力を入れすぎて
しまっていたのか、等と沢山考えてください!

何か一つ当てはまることがあるはずです。

社会人テニスの上達法②壁打ちなどで練習時間を確保

少ない時間の中で質を高める練習をしても、
どうしても練習時間が足りない時期がきます。

そういったときは、コート内でなくても、
さらには対人がいなくても練習できるように
工夫をしましょう。

その工夫というのが
テニスの壁打ち
もしくは
オートテニスです。

壁打ちやオートテニスなんて練習になるの?
と思ったあなた。

壁打ちやオートテニスは短時間の練習で
目的をもって自分自身だけでできるので、
社会人の練習としては本当にお勧めです。

詳しい練習方法はこちらをどうぞ(^^)/

社会人テニスの上達法③テニスを練習する間隔に注意

もし週に二日テニスの練習ができるとしたら、
社会人ですと、土曜日と日曜日の休みが
多いと思うので、土日に練習を入れよう!
と思うかもしれません。

実際土日しか練習時間を設けられない場合は
そうするしか方法がないのですが、
連日練習をするよりも、
少し時間を空けたほうがいいですよ!

例えば、水曜日と土曜日や、
木曜日と日曜日で練習を入れる
感じです。

なぜなら、水曜日で明らかになった
自分のテニスの課題を、
木・金で明確にして、土曜日に試して
もし上手くいかなければ、日・月・火で
修正点を探して水曜日に実践する。

と、こんな感じで毎回練習後に
少し時間を空けることで、
反省点をしっかり考えて
何が悪かったかをしっかり
踏まえたうえで練習に
望めるからです。

運動不足の社会人だと
筋肉痛にもなりやすいでしょうし、
筋肉痛を抱えてグダグダ練習をするよりかは
少し時間を空けて練習したほうが
圧倒的に効率的ですよね!

社会人テニスの上達法④家でもできるトレーニング

動画を見てイメージトレーニング

実際にテニスが出来なくても、
プロの試合をyoutubeなどで
見て自分のフォームとの違い
だったり、打点の違いだったりを
確認したりするのも効果があります。

そこで実際に私が良くみている
動画をご紹介させていただきます。

プロのテニスプレイヤーの
練習時のスローモーションの動画ですね。

ボールへの打点の入り方や、
身体の使い方が
普通の試合の動画を見るよりも
練習時のスローモーションの
動画の方がわかりやすいと思います。

こんな感じにボールの打点に
入っていけば、一番無駄な動きをせずに
ボールに体重を乗せることが出来るのか!
なんてことをいつもイメージしながら
観ています。

実際は中々足が動かず打点に
うまく入れないこともありますが(笑)

実際にできるかどうかは別として、
良いイメージを思い浮かべることができる
というのは本当に大事なことです。

イメージがあることで
実際に行動に移すことが
できますからね!

自宅トレーニングでフィジカル面を鍛える

単純に社会人になると
どうしてもフィジカルが落ちてきて
しまいがちです。

ですので、家でテレビを見ながら
スクワットや腹筋、腕立て伏せなども、
基礎体力をつけるのに効果的です。

テニスは体力的にきつくなると、
集中力が低下して
短時間の練習ですら
集中力が持たなくなってしまい、
練習に身が入らなくなってしまうこともありますので、
しっかり練習できるように体力をつけましょう。

短時間の練習で体力が持たなかったら
もし試合をするとなったら、
確実に体力が持たないので(笑)

また、動体視力トレーニングもおすすめです!

ボールを目で捉える能力は
テニスでは必須であるにも関わらず、
放っておけば加齢とともに動体視力は
低下していってしまいます。

ぶっちゃけ必須トレーニングです(笑)

社会人テニスの上達を超加速させる 効率アップ練習法をまとめたよ!まとめ

1.普段の練習は目的を持って短時間集中
2.壁打ちなどで練習時間を確保
3.練習する間隔は週に2~3日空ける
4.自宅でもトレーニングを

私もそう毎日テニスが出来るわけではないので、
出来るときはかなり集中して
一つ一つ考えながら練習をしています。

あと、これは完全に趣味なのですが、
Youtubeでプロの試合をたくさん観ています(笑)

そのおかげで
テニスの戦略や打ち方フォームなどは
イメージできているので、
久々にやるテニスでもそんなに
困らないんですよね。

イメージトレーニングや
練習のやり方しだいでは、
そんなに腕がなまらなくなるし、
むしろ前より戦略や技術力は
上がっているんじゃないかと
思うときがあります。

時間がないなかでも、
効率的に練習して
もっともっと実力を
伸ばしていきましょう(・▽・)!

おすすめの記事