テニスのサーブアンドボレーのコツ!これを知ってたら怖くない!

どうも、タコちゃんです(・▽・)

みなさんはテニスのプレイの中で
サーブアンドボレーをしますか?

サーブアンドボレーって何…?
という方もいらっしゃると思うので、
こちらをご覧ください!

プロの選手でサーブアンドボレーが
うまいといったら、なんと言っても
フェデラー選手です!
そのフェデラー選手の
サーブアンドボレーを見てみましょう!

華麗ですね!
これぞサーブアンドボレー! という
お手本のようです。

プロでなくてもアマチュアの人でも、
試合で使っている人は沢山います!
ですが、私が見るのは
市民大会でも上級者ばかり…。

正直、私はなんとなく、
サーブアンドボレーは
ゴリゴリの上級者の男性がやるイメージを
持っていました!

足が遅くて非力な私には
無縁のプレースタイルだな〜と
半ば諦めていたんです。

前に出るのはリスクがありそうだし、
しかもサーブ直後なんて無理、無理!

そしてベースラインで粘って
なんとなく競り負けちゃうんですよね…。

こんな自分を変えたくて調べてみたら、
サーブアンドボレーは女性でも、
足の遅い人でも、ムキムキじゃなくても、
出来るって言うじゃないですか!

これは… 今まで怖くて手を出せなかった
サーブアンドボレーを会得するチャンス!

今まで敬遠していたサーブアンドボレーを
私と一緒に習得してみませんか⁉︎

というわけで♪
今回はサーブアンドボレーの
基本から実践まで! ご紹介していきますね!

サーブアンドボレーの基本!そのメリットとは?

サーブアンドボレーとは、
サーブを打ってすぐにネットの近くまで行き、
ボレーやスマッシュなどで対応するという
戦い方のことです。

サーブアンドボレーをすることによって
どんな利点があるのか? を、
見ていきましょう!

自分から試合を展開していける!

サーブアンドボレーをすることにより、
試合の主導権を握ることができます!

サーブだけでも試合をリードできますが、
そこにボレーやスマッシュが
加わることにより、
攻めの試合展開を仕掛けていくことができます!

ボレーやスマッシュなど、
ネット前のプレーに自信がある方は
積極的に使っていくべき
戦い方ですね!

相手にプレッシャーをかけることができる!

まず最初にサーブアンドボレーを
仕掛けます!
相手は準備ができておらず、
チャンスボールを上げてしまったり、
ミスヒットなどが期待できます。

その後も、
「またサーブアンドボレーをしてくるかも…」
という潜在的な考えを相手に与えることにより、
相手に迷いが生まれたり、レシーブの時に
プレッシャーを与えることができます!

体力が無い人にオススメ!

実は、サーブアンドボレーは
体力が無い人にこそオススメなのです!

本当かな…? と思いますよね。
本当です!
体力に自信の無い方向けのプレーなんです!

というのも、シングルスでは
ベースラインで粘りがちな展開に
ついついなってしまいますね。

ところが、サーブアンドボレーが出来ると
早いテンポでの短期決戦になります。
球数を数多く打つより、
早く決着が着くので、
体力を温存することが出来ます!

サーブアンドボレーの代名詞とも言える
フェデラー選手ですが、
20代の頃はストローカーでした。

サーブアンドボレーヤーとなったのは
30代になってからなんです。

フェデラー選手と言えど、
体力面を重視した戦い方になってきた
ということですね。

サーブアンドボレーの利点が
お分かりいただけたでしょうか?

ダブルスはもちろん、
シングルスでサーブアンドボレーが使えたら
だいぶ有利になること間違いなしです!

それではいよいよ、
サーブアンドボレーのコツについて
見ていきましょう!

サーブアンドボレーのコツ4つ

サーブアンドボレーはご存知の通り
使うタイミングが難しい戦い方でも
あります。

サーブアンドボレーを使うタイミングに
よっては、かえってポイントを
落としてしまうかもしれません。

せっかくサーブアンドボレーを
するのですから、
ポイントがとれるサーブアンドボレーの
方法を確認していきましょう!

サーブアンドボレーのコツ①サーブのコースを考えて打つ!

これが一番のポイントです!
サーブアンドボレーをする方は、
サーブのコース選択に細心の注意を
しましょう!

サーブを打つ位置は相手によって
変わりますが、
基本はセンターセオリーと
考えておきましょう。

センターセオリーとは、
・センターに打つことにより、
相手からの返球の角度がつきにくい
・ネットのセンターに球を通すことにより、
ネットにかかりにくい
などの利点があります。

サーブアンドボレーで怖いのは
ネットに詰めてもパッシングショット
などで抜かれてしまうことです。

センターセオリーを使うと
そのリスクを減らすことが出来ます。

センターセオリーの他にも、
バックハンドが苦手な相手なら
バックハンド側にサーブを打ったり、
スライスサーブやキックサーブで
相手のヒットポイントをずらす手もあります。

サーブアンドボレーを楽に決めるために、
サーブのコース選択は重要なのです。

サーブアンドボレーのコツ②ネットに詰めすぎない!

サーブアンドボレーという名がつきますが、
ネットには一気に詰めないように
しましょう!

一気に詰めるには時間が足りないですし、
こちらの準備が疎かになってしまいます。

イメージとしては、2.3歩ずつ
詰めていくようにしましょう。

この時に大切なのは、
スプリットステップを
使うようにしてください。

リズムを取るだけでなく、
前に行きすぎる体の荷重を
リセットしてくれる役割もあります。
前のめりになりすぎるのを
防いでくれますよ!

サーブアンドボレーのコツ③ファーストボレーは相手がいないところへ!

サーブアンドボレーのファーストボレーは
相手のいないところへ返しましょう!

こちらとしては相手の体勢を崩したいので、
相手が待っているところへ打っては
意味がないですし、
逆にコースを狙われて
ピンチになってしまいます。

サーブアンドボレーのコツ④勇気を持って出る!

最後のサーブアンドボレーのコツは、
ズバリ、勇気を持って前へ出ることです!

サーブアンドボレーを始めたては
頭が真っ白になりながら、やけくそで
前に出ることも多いと思います(実話…!)

それでもサーブアンドボレーを
実戦で重ねることによって、
だんだんと慣れてコツをつかめるように
なってきます!
あとは勇気を出して前へ出るだけです!

テニスのサーブアンドボレーのコツ!これを知ってたら怖くない!まとめ

・サーブアンドボレーは自分から
試合を展開できて有利。体力も温存できる。
・サーブのコースを考えて打つことが
その後の展開に影響する
・ネットには一気に詰めない! 2.3歩ずつでOK
・ファーストボレーはオープンコートへ

色々と書きましたが、
一番のコツは「勇気」かもしれませんね(笑)。
明日から勇気を出して!
サーブアンドボレーをやってみましょう(・▽・)!

おすすめの記事