どうも、タコちゃんです(・▽・)

テニスの試合をする中で、
試合の流れ、ラリーの流れが
単調になってしまうことって
ありませんか?

同じペースで淡々と
ラリーをしていては、
自分へのチャンスボールにも
繋がりにくいです。

そのため、どこかで
ペースを変えて、
攻めに転じる
必要があります。

「攻めたいけど、
パワーショットを打つことが苦手」
という方は、初心者さんや女性の方に
多いのではないでしょうか。

そういった方にぜひ使っていただきたい
ストロークに関するテクニックがあります。

ラリーの展開を速く変えたい時や
速いペースで攻めたい時に
ライジングを使うことができたら
とても効果的です。

ライジングとは、
ストロークでボールが
バウンドして上がってきて、
すぐに打つショットです。

今回はそのライジングショットで
試合の展開を変える方法であったり
打ち方やコツをお伝えしたいと思います。

ライジングショットをマスターして、
攻めるテニスを身に付けましょう!

ライジングショットは「タターン」のリズムで!

ライジングショットは、タイミングやリズム感が
とても重要になります。

ボールがバウンドして、
上がってくる速いタイミングで打ちます。
そのため、ボールのスピードも重さも
勢いがあります。

テンポよく、体でタイミングを合わせて
ボールを打ちましょう。

私は「タターン」
リズムをよく取っています。

ボールが地面についた瞬間が「タ」で、
ラケットをテイクバックします。

「ターン」でインパクトして、
ラケットをスイングするイメージです。

このようにタターンという
速いテンポで打つには、
ボールに素早く近づいて、
準備する必要があります。

フットワークを意識して、
足でタイミングを取ります。

打点の位置やフォームも
通常のグランドストロークとは
少し異なるので、
それらについてはこの後ご説明します。

まずは、この速いテンポや
ボールを打つリズムを覚えましょう。

上手くタイミングを掴むことが
できたショットの感覚を忘れないでください。

あとは、その時のリズムに合わせるだけで
打つことができます。

あと、冒頭に
「パワーショットが苦手な方におすすめ」と
お伝えしましたが、
その理由もご説明しますね。

ライジングは、
ボールがバウンドして、
その勢いがなくならないうちに打つので、
相手のボールの勢いをそのままに
返すことができます。

相手が強く打てば打つほど、
返ってくるスピードも速いので、
相手からすると嫌なカウンターショットに
なるのではないでしょうか。

ベースラインぎりぎりの深いショットなど、
追い込まれてしまって、
「振り遅れるかもしれない」といったボールにも
うまくタイミングを合わせたら
ライジングで返すことができます。

深いボールを急いで下がって、
ボールを待って落ちたところを打つよりも
攻撃的な展開を作ることができます。

相手のナイスショットも
下がらずに、ライジングで切り返しましょう!

このようにいろいろなボールに
対応することができるので
ライジングのリズムを覚えて、
咄嗟に打つことができると良いでしょう。

こちらの動画で、
ライジングのタイミングの重要さを
説明して下さっていますので、
ぜひご参考にしてくださいね。

いつもより1歩前に入る

普段のグランドストロークより
速いリズムで打つということは、
自分から自分の足で
ボールを迎えに行かなければなりません。

いつもの打点の位置では、
ボールも自然と落とすことになります。
打ちやすい位置に自分から動きます。

待ってしまっていても、
ボールも気づいたら、打ちたい打点より
落ちてしまいます。

1歩前に入ることで、
ベースライン内で打つことができ、
下がらずに、攻めの姿勢を
相手に見せることができます。

構える位置が
ベースラインの後ろと前では、
相手からの見え方も
大きく違います。

文字通り、相手が大きく見えますよね。笑

余談ですが、
相手のセカンドサーブのリターンなども
1歩中に入って構えると
自分を大きく見せることができ、
相手にプレッシャーをかけられるので、おすすめです!

ベースライン内で構え、
速いタイミングで、
相手の勢いを利用して打つので、
攻めたい場面ではライジングが
有効的ですよ!

ボールを迎えに行くと、
タターンという速いリズムも取りやすくなります。
足を動かして、
ボールの落下地点に入りましょう。

単調なラリーが続いている状況で、
1歩前に入ることができると
攻撃の先手を打つことに繋がります。

「攻める」ということは、
何も強い重いボールを打つだけではない

ということを覚えておいてください。

ペースを変えることも
十分な攻撃
になります。

ライジングを使って、
攻めに転じるきっかけを作りましょう!

ライジングショットは腰をしっかり落として打つのがコツ

上の画像はもはや腰を落とすというか
座っちゃってますけども。笑

ボールがバウンドした後に
上がりだしたところで
打つということは、
まだボールも高い位置に上がっていません。

そのため、自分からボールを迎えに行く際には
腰を落として低い位置で構える必要があります。

相手の勢いのあるボールに
押し負けないようにするために、
腰を落として構えましょう。

素早く移動してボールの落下地点に入ります。

グランドストロークでは、
バウンドしてボールが
上がって落ちてきたところを打つので
ボールより少し後ろで構えると思います。

しかし、ライジングショットでは
ボールがバウンドして
上がってきた直後に打つので、
1歩前に入ることをご説明しました。

ボールの落下地点を
素早く判断して、移動
しましょう。

落下地点の予測は、
たくさん練習してライジングショットに慣れ、
タイミングを掴み、ライジングショットを使いこなしましょう。

腰を落として、
相手のボールの勢いに負けないように
どっしりと構えて打ちましょう!

最後に、
ライジングショットと言えば、
私はフェデラー選手のイメージが強いのですが
フェデラー選手のライジングショットをまとめた動画を
ご紹介させていただきます!

「ボールがバウンドした直後に打つ」の
お手本のようなライジングショットです。
ぜひご覧ください。

テニスの攻めるライジングショットの打ち方とコツ!
たった3つのポイント まとめ

1.速いタイミングを覚えて、足で合わせる
2.1歩前に入って打つ
3.腰を落として、どっしり構えて打つ

以上3点が、
テニスで攻めるためのライジングショットの
打ち方とコツになります。

ライジングを使うと、
一気にラリーのテンポが速くなり、
自分がそのポイントの主導権を
握ることができます。

パワーショットだけが
攻撃の手段ではありません。

ラリー中にペースを変えることで
ライジングショット以降の展開も変わります。

相手のショットから逃げることなく、
ボールを迎えに行きましょう。

あなたも
「タターン」のタイミングを覚えて
ライジングショットを使ってみてください(・▽・)

おすすめの記事