テニスでミスが多くて死にたい人必見 ミスを減らす練習方法とは!?

どうも、タコちゃんです(・▽・)

テニスで、
あなたがポイントを落とすとき、
どのような状況が多いか考えてみてください。

圧倒的な実力差がある相手は例外として、
あまり実力差のない相手との試合では、
ノータッチエースを何本も決められることは
少ないのではないのでしょうか。

私の経験から考えても、
自分のミスでポイントを落としてしまうことが
多かったと思います(^_^;)

相手が簡単にミスをすると、
「ラッキーだな」と思いますし、
楽にポイントが動いてしまいます。

ミスにもいろいろありますが、
試合ではまず自分の簡単なミスを減らしていくことを
考えてみましょう。

今回は、そういった自分のミスを
減らすための練習や考え方を
特にサーブとストロークについて、
お伝えしていきたいと思います。

ミスを減らす練習①確実に入るセカンドサーブを覚える

まず、テニスのポイントが動き始めるには
サーブを入れなければ話になりません。笑

試合で流れが悪くなると、
体が硬くなり、ダブルフォルトを連発…
なんてこと、ありませんか?

テニスは1ポイント取られたら、
その後のポイントを取ると、
簡単に追いつくことができます。

しかし、あまりにもそれが多いと
もったいないですし、
体力的にも長く続きません。

自分が不利な状況なら、
尚更なりふり構わずに、
絶対にサーブは入れたいですよね。

普段の練習から、
9割入るセカンドサーブを練習しましょう。

しっかりと下から上に全力でスピンをかけて、
スピードはなくても、
確実に入るサーブです。

もしくは、アンダーサーブも
確実に入れることを前提に考えると、
サービスコートに入れやすいですし、
意表をつくことができるので
覚えておくといいと思います。

アンダーサーブは、
スライス回転をかけると打ちやすいです。

ストロークのスライスショットと同じなので
普段のラリーでスライスを混ぜて
よく打つようにしてみると、
わざわざアンダーサーブの練習をしなくても
感覚は掴むことができるはずです。

スピードを落としたサーブや、
アンダーサーブを打つには、
勇気が必要ですが、コートに入れない限りは
試合は始まりません。

ミスを減らす練習②ストロークはネットより高い位置を通す

まず、ラリーで自分からミスをしないために
ネットをしっかり超えるように意識しましょう。

ネットさえ超えたら、
アウトするかもしれないボールでも
もしかしたら相手はボールを
触ってくれるかもしれません。

まっすぐ低いボールではなく、
高いところを通して
そこからスピンでボールを落とすような
軌道をイメージして打ちましょう。

私は、ラケット1本分くらい上を
通すようにイメージしています。

普段の練習では、
そのラケット1本分の位置に
ひもを張って、その上を通す練習をしていました。

実際にやってみるとわかるのですが、
かなり高いです。

体を大きく使って、
高さを出しながら、スピンをかけて
きゅっとボールが落ちて、
バウンド後も勢いのあるボールを覚えましょう。

しかし、高い位置を通すことで
深いボールにもなりやすいので、
ぜひ意識してみてください。

深く、スピンがかかったボールは、
たとえセンターに落ちたとしても
わざわざリスクを背負って、
サイドラインのぎりぎりを狙ったりしなくても
相手を困らせることができます。

深い位置にボールが落ちて、
さらに伸びてくるので
ハードヒットはしにくいですよね。

ネットの高い位置を通す。
これだけで、ネットミスとサイドアウトを
防ぐことができます。

ミスを減らす練習③足をたくさん動かす

そして、ストロークに限らず、
ボレーやスマッシュにも同じことが言えますが
フットワークも重要な要素の1つです。

ボールへの近づき方によって、
自分のスイングのしやすさや
打点の位置も決まってきます。

自分の体よりも前の位置で
インパクトできるような場所で
構えられるように、
自分で移動しましょう。

ボールを待つのではなく、
自分からボールのところにいくのがポイントです。

近づく時には、
ちょこちょこと足を小幅で動かし、
ボールとの距離間を微調整していきます。

また、ボールを打った後に
センターに速く戻って準備するために
クロスサイドステップを入れてみて下さい。

次の動きに移りやすくなるので、
1歩目の動きが速くなります。

移動して準備が速くできると、
振り遅れもなくなり、自分の力の入る打点で
いつも打つことができるはずです。

ラケット出しの反復練習でも、
打って、戻ってを繰り返す際に
クロスサイドステップを使うように
意識してみましょう。

スマッシュなどで下げられる時にも
1歩目にクロスサイドステップを入れると
とても動きやすくなります。

1ポイントの間は、
1番打ちやすい打点の位置で打つことができるように
常に足を動かしておきましょう。

攻めている上でのミスは気にしない

試合で、自分がミスをしてしまうことは
本当にもったいないです。

ダブルフォルトや、
簡単なネットミスやアウトなどの
明らかな自分のイージーミスは
減らしていかなくてはなりません。

しかし、ポーチやアプローチショットなど
ポイントの流れが自分にあって、
もったいないミスに変わりはないですが、
攻めようとしたボールのミスは
気にしなくていいと思います。

攻撃する姿勢を相手に見せることが
とても大事なので、
そういったショットを選んだだけでも
とても良いでしょう。

確かに、いくら攻撃的なショットでも
ミスが積み重なってしまうと
自分が不利になってしまうだけなので、
なんでミスしたのか、次はどうするか、
学習して考えて、切り替えていきましょう。

落ち込んでしまう必要は全くありません。

ミスしてしまうと、
焦ったりしてしまう方も多いと思いますが
ミスしたことだけを見るのではなくて、
その前のショットや試合の流れから、
この次どうするか考えましょう。

普段の練習から、
冷静に気持ちをコントロールする癖をつけておくと、
試合でも落ち着いてプレーができるはずです。

ミスしても、
焦らずに分析できるといいですよね。

テニスでミスが多くて死にたい人必見 ミスを減らす練習方法とは!?まとめ

1.確実に入るセカンドサーブを覚える
2.ストロークはネットの高い位置を通す
3.足をたくさん動かす
4.攻めている上でのミスは気にしない

以上4点が、
私が考えるミスを減らすための練習です。

自分のミスを減らせば、
もっと楽に試合運びができるはずです。

ダブルフォルトを4本すると、
単純計算で1ゲーム分落としていることになります。

自分の簡単なミスを
普段の練習から意識して
減らしていきましょう(・▽・)!

おすすめの記事