テニスでの短いボールの処理方法!上級者がやってる4つのコツとは!?

どうも、タコちゃんです(・▽・)

あなたは、テニスの試合で
コートを広く使うことはできていますか?

コートを広く使う選手は、
前後左右に大きく相手を動かして
配球します。

あなたもコートを 広く使わなければなりませんが、
自分が動かされた時、
特に前に、短いボールが来た時は
どのように処理していますか?

対策は考えているでしょうか?

テニスにおいて、
「相手を動かすことが効果的」なんてことは
周知の事実です。

また、相手が当たり損なってしまったり、
突発的なミスでボールが浅くなることも
十分に考えられます。

短いボールが来ることは、
常に想定しておきましょう。

「私は、足が遅いから…」
というような理由で短いボールを
いつも諦めていませんか?

短いボールもある程度までは、
予測ができますし、対策を取ることができます。

いろんなボールに対しての
処理の仕方をあらかじめ考えておくと、
いざその時にばたばたと
焦らずにすみます。

今回は、そういった短いボールの
処理の仕方を考えていきましょう。

短いボールの処理方法①速く気づいて、見極める

短いボールをしっかりと返球するには、
まず追いつくことが大事ですよね。

それも、ぎりぎりではなく、
構えて打つことができる余裕が欲しいです。

そのためには、
「このボールは短い!」と速い段階で
気づくことができるようにならないといけません。

そして、相手がボールを
打った瞬間、場合によっては打つ前から
「短いボールが来る」と気づくことができる場合があります。

まず、相手の体勢が悪い時

単純に、体勢が悪い状態から
パワフルなショットを打つことは難しいですし、
ボールも短くなりやすいです。

例えば、サイドに振られて
必死に返そうとしている時は
ラケットの面を上に向けて当てて
とりあえず返そうとしている場合が
多いですよね。

そういったボールは短くなりやすいです。

また、相手がスライスショットの構えをしている場合、
そのテイクバックの時点で
短いボールが来ることを察知しなくてはなりません。

スライスは、スピンよりも跳ねないので
短く落とされると、
かなり打ちにくいボールになってしまいます。

そのため、相手がスライスを打つ構えをしたら
1歩前に入ってボールを待ちましょう。

これらは一瞬の判断になるので、
たくさんのゲーム経験で
体で、自分の目で覚えていく必要があります。

足が遅かったり、前への動きが苦手でも
相手のフォームやラケットの面の向きをよく見ていたら
ボールを予測できます。

そして、1歩前に入って構えるだけで
十分間に合うようになります。

短いボールの処理方法②走って近づいている間に、次のことを考える

短いボールは、
「速くしないと!」と焦ってしまいますよね。

ボールに間に合うためには、
時間がギリギリです。

短いボールが苦手と思っている人は、
「ボールへ近づくこと」、
「追いついた後の動きを考えること」が
遅いのだと思います。

まず、前に移動しながら
テイクバックを完了
させます。

間に合って、返球することが
大前提なので大きくテイクバックする必要はありません。

そして、その間に
ちらっと相手の位置もチェックします。
余裕が出てくると、ボールに間に合って
構えた状態で横目で確認できるようにもなります。笑

そして、相手が打ったボールはどんなボールなのか
しっかりと判断します。

大きく跳ねるのか、低いのか、
スピン系か、スライス系か。

相手のフォームやラケットの面の向きから
一瞬で見極めなければなりません。

そして、自分がどこにどういったショットを
打つべきかも決めたいですね。
追いついてからコースを決めていては、
本当に時間が足りません。

私は、スライスを選ぶことをおすすめします。
低いボールでも、すくいあげるように打つので返しやすいですし、
自分の体勢を崩されても、
スライスだと時間を作れる上に、相手も返球しづらいです。

こういったコツも、
たくさんラリーをして、いろんなボールに触れることで
掴んでいきましょう。

ボールが短いと短い時間のうちに、
考えることがたくさんなので、
焦ってしまうのだと思います。

考えることを大きくまとめると、
①相手の位置
②どんな球種か
③どこに打つか

です!

これを一瞬のうちに走りながら、
考えることができたら
短いボールもただ返すだけにならずに、
その後の展開にも活かすことが できるショットになるはずです!

短いボールの処理方法③ボールの横に入る

次は、ボールのどの位置に
ポジショニングするか、についてです。

短いボールが来た!と思って、
全力ダッシュで近づいて、
勢い余って近づきすぎた経験はありませんか?

ボールに間に合っても、
詰まってしまったら、ちゃんとスイングできません。

適切な距離間で近づいて、
構えなければなりません。

適切な距離間とは、
自分の体は、ボールに対して横向きになります。

勢いで近づいて、
ボールに対して真後ろに入ってしまうと
ラケットを全然振ることができません。

ラケットを振れないと、
せっかくボールに間に合っても
当てるだけになってしまい、
結果として相手のチャンスボールに
なってしまうかもしれません。

自分が打ちたいボールの球種によらず、
スイングは止めずに
しっかりと振りましょう。

当てるだけ、返すだけのショットほど
もったいないものはありません。

相手のボールが跳ねてこない低いボールだと
返球は難しいですが、
近づく位置で返しやすさはかなり変わります。

こちらの動画でも、
短いボール、低いボールの処理の仕方のコツについて
解説されています。
https://www.youtube.com/watch?v=izdRBO7Aa9Q

短いボールの処理方法④ボレーでポイントを取る気持ちで

ここまで、
短いボール自体の処理の仕方を考えてきました。

さて、短いボールをしっかりと返球した後
あなたはどうしますか?

まず、自分がいる位置は
サービスライン付近、コートの前方に
出された状態です。

まさか、バックランで急いで
ベースラインまで戻ってはいませんか?笑

ボレーに自信がない方、
ラリーする方が得意という方の
お気持ちもとても分かります。

ですが、そのままでは 初中級を卒業することはできません!

せっかく前に上がったからには、
そのままボレーに出てしまう方が良いでしょう。

戻る時間がもったいないのも
理由の1つですが、
やっぱりあなたが近くに立っているだけで
相手はプレッシャーを感じるものです。

シングルスで前に出るのは、
とても勇気がいると思いますが、
相手が前に立っていると
「どこに打ったらいいかな?」と
やっぱり考えてしまうものです。

短いボールも、
アプローチショットを打つような気持ちで、
打った後も気を抜かずに前に出て
ボレーで決めてポイントを取る心づもりをしましょう。

そのためにも、
とりあえず返すのではなくて、
後々の展開も考えて処理しましょう。

テニスでの短いボールの処理方法!上級者がやってる4つのコツとは!?まとめ

1.速く気づいて、見極める
2.走って近づいている間に次のことを考える
3.ボールの横に入る
4.ボレーでポイントを取る気持ちで

以上4点が、
私が考える短いボールの処理のコツになります。

私も足があまり速い方ではなかったので、
とにかく短いボールに気づくのを
速くするように努力しました。

スタートダッシュが0コンマ何秒か
速くなるだけでも、大きく違います。

あなたも、
ボールが短いからといって
諦めてしまうのではなく、
追いついて返球し、 攻撃に転じる方法を 覚えてみましょう(・▽・)!

おすすめの記事