テニスでメンタルが弱いのはなぜ?勝つためのメンタルの鍛え方とは

どうも、タコちゃんです(・▽・)

テニスで試合をして、なかなか勝てないと
落ち込んでいる方はいらっしゃいませんか??

なんで、セカンドサーブが決まらない?
いつものショットがどうして出来ない!
どうしてもネットにかかってしまう。

負け込んでくると、
なかなか次の勝利が出来ないんですよね。

もう勝てないのではないか、
テニスが向いていないのではないか、

暗いトンネルから
どうやったら抜け出せるのか・・・

いろいろな事を悩んで
負のスパイラルに陥る前に!

今回は
勝つためのメンタルの鍛え方をご紹介します。

勝つためのメンタルの鍛え方①
とことん落ち込んでみよう

テニス メンタル 落ち込む
テニスでメンタルが弱くなるのは
どんな時かというと、
負けが続いたり、失敗が続いたりして、

自分に自信が無くなっている時です。

そんな時は誰だってあると思います。
どうしたらいいのか分からない。

あの大坂なおみ選手でも
ミスショットで負けることもありました。

誰に相談したらいいのか分からない。
コーチに相談してもしっくりこない。

それもそのはず
自信とは「自分を信じる」と書きます。

自信がなくなる時というのは
その名の通り、自分を信じられなく
なっているのです。

ですが、自分を信じてくれるのは
最終的には自分しかいません。

ですが言い方一つで大きく変わります。

要は最後に
自分をちょっと信じてみればいいのです。

それまでは自分と向き合ってみる。
思いっきり落ち込んでしまえばいいのです。

落ちこむ所まで落ち込みましょう。

お風呂で泣いてみるもよし
音楽を聴きながら深く考えるもよし

ロマンティックに海に行って見るもよし(笑)
自分って何て弱いメンタルなんだと
落ち込みましょう!!

人は落ち込む所まで落ち込めば
勝ちだと私は思っています(^_^)
あとは上に向かっていくしかないですからね。

勝つためのメンタルの鍛え方②
紙に書いて自分と向き合ってみる

ノート
落ちるところまで落ち込みましたか??
少しすっきりしましたか??

それでは次のステップに
参りましょう。

次はほんの少し自分と向きって
自分を信じてみる作業です。

あなたが試合に負けたとき、
失敗したとき、
どんなショットがダメでしたか??

映像があれば、見返してみてください。
なければ回想してください。

そのとき、体はどうなっていました?
肩に力が入りすぎていませんか?

足の方向はバラバラに
なっていませんでしたか?

きっといつもの練習と何かが違うんです。
体なのか、心なのか、環境なのか・・・

思い切って紙に書いてみましょう。
あの時のシーンを

箇条書きで構いません。

気温、コート状態、観客、服装、
いつもと違う何かがありましたか?

ゲームをはじめから振り返ってみましょう。
どんな形でセットを取られましたか?
その時あなたはどんな気持ちでしたか?

逆にショットが決まった時、
どんな喜びの気持ちがこみ上げてきましたか?

とにかく紙に書いてみてください。

そのときいつもと違う
引っかかる何かがあれば
それがあなたのメンタルの弱さの原因
です。

私は試合中、サーブが入らないときが
ありました。

シングルスだけでは自分の失敗という形で
終わることが出来ますが、
ダブルスだとペアにすごく迷惑を
かけてしまうんですよね。

そのとき、
ノートに思いっきり書いた記憶があります。

どうしてダメなのか。

自分しか見ないので、殴り書きで
ぶわぁーっと書きました!!

そのとき感じた原因は
「負けてはいけない!」と
思い込みすぎたことでした。

それが分かるだけでも
スッキリしましたよ。

自分と向き合う
試合中、何を思っていたのか考える。

弱いメンタルを
なぜ弱いのか考えてみましょう。

勝つためのメンタルの鍛え方③
勝利することをイメージする

原因を見つけてしまえば、
弱いメンタル VS あなたは
もうあなたの勝ちです(笑)

あとは勝利することをイメージしましょう!

人は「弱点」を見つけてしまえば、
それに対しての攻略が出来ます。

子供の頃、
テレビゲームでも攻略本などを買って
戦っていませんでしたか?

「ここが弱点なのか!!」
と分かると、友達と楽しく
ゲームをしていませんでしたか?

あの頃を思い出してください。

あなたは自分のメンタルの原因
「攻略本」に載っている攻略法のひとつを
見つけたのです(タッタラー♪☆)

これを見つけてしまえば、
自分が勝っている姿が
イメージ出来ませんか??

ショットが決まった時の
ガッツポーズする姿

ペアとスマッシュが決まって
ハイタッチする姿

ポイントを取って勝っているシーンを
頭の中いっぱいでイメージして下さい!

勝つためのメンタルの鍛え方④
バイブルを見つける

バイブル
楽しい事をイメージしても
やっぱり上手くいくか不安!

また失敗したらどうしよう。
次はもう負けられない。
迷惑かけたくない。

メンタルが弱くなっている時は
なかなか気分が上がりません。
そんな時もあるでしょう。

イメージするのは難しい。
楽しい気分になれない・・・

そんな時は
誰かの助けを借りましょう!

一番効き目があるのは
「本」です!

誰かの思いがこもって書かれた
言葉には見えない力があります。

スポーツ選手の本であれば
同じ苦悩を抱えているかもしれません。

選手が弱いメンタルになったとき
打開できた何かが見つかるかもしれません。

あなたが共感できる言葉が見つかれば
練習中、プレー中に思い出してみましょう。

私は漫画でしたが
「エースをねらえ」の

「この一球は絶対無二の一球!」
という言葉が大好きで

練習中ずっと叫んでいました(笑)

勝つためのメンタルの鍛え方⑤
とにかく楽しむ!楽しめたら勝ち!

ここまで読まれて
少しはメンタルに向き合う事が
出来たでしょうか?

テニスは楽しい!
という事をイメージ出来たでしょうか?

あとはその「楽しい」に全勢力を注いでください。

普段の練習から、
楽しみながら苦手なサーブを
克服する。

ペアとの連携も
楽しみながらプレーする
上手くいけば笑顔でハイタッチ!!

靴のサイズが合わなかったら
思い切って新調する。
思い切って好きな色で決めてみる!

練習中のゲーム形式などで負けた方が、
ボール拾いを全てする

普段の何気ない練習の
楽しさがきっと本番にも活きてきます!

あとは試合中「楽しい」を思い出して!
バイブルとなった言葉を思い出して!

弱いメンタルはきっと強く育ちます!

テニスでメンタルが弱いのはなぜ?
勝つためのメンタルの鍛え方とは まとめ

・落ち込むときはとことん落ち込む

・紙に書いて自分と向きってみる

・勝利することの楽しさをイメージする

・バイブルとなる本や言葉を見つけよう

・テニスを楽しむということを大事にする

テニスはメンタルスポーツと言われています。

それだけテニスでは重要なメンタルですが、
スクールや部活ではメンタルに関する助言を
受けることはほとんどありませんよね(;'∀')

この記事があなたのメンタル面で
役に立てば幸いです(・▽・)

おすすめの記事