テニス 素振り 上達 練習方法 面

どうも、タコちゃんです(・▽・)

みなさんはボレーの中で、
苦手なボレーってありますか?

アタックボレー、ハイボレーなど…。
私は数あるボレーの中でも、
ローボレーがダントツで苦手です!

ただでさえボレーって不安定な
ショットなのに(個人の感想です!)、
あんな足元のボールを!
ネットから遠いところから打つなんて!
不安定の極み‼︎

…と、苦手意識満載なのです。
なんか打たされている感じがするし、
うまく返せないし…_| ̄|○
できたら打ちたくない…。

でも、シングルスで前に詰めた時や、
ダブルスで平行陣になった時など。
意外とローボレーって使う機会が
多いんですよね…!

そう、試合に出る以上、
ローボレーは避けて通れない、
必要なスキルの一つなんです!

ローボレーをうまくならずに、
試合に勝とうなんて、
ムシのいい話は無いんです!

私たちに必要なのは、
ローボレーを得意にするための
コツの会得と勇気なんです!

というわけで…
今回はローボレーが苦手な
みなさんへ(そして、私自身も…!)
いや、ローボレーが得意な方も、

「ローボレー大好き! どんどん来いや!」

と、最後には思えるようなコツを、
お伝えしていきますね!

ローボレーってどんなボレー?

まずは、ローボレーって
どんなボレーのことを言うんだっけ?
と言う、おさらいから
していきましょう!

通常のボレーは、
顔の前くらいの高さで打ちますね。

ローボレー(low volley)とは、
低いボールを地上に落とさないで
打つボレー(大路林 第三版より)
とされています。

低いボールってどれくらい?
というと、明確な定義は無いのですが、
ネットより下の位置と捉えると
良いと思います。

では、ネットより低い位置で
ボレーを打つ時って、
どんな時でしょうか?

自分がネット前に詰める途中
相手がそんなに上手くなくても、
バウンドの位置はサービスライン付近
になりやすいので、
必然とローボレーになります。

シングルスで詰めて粘っている時
シングルスでは守備範囲を広く
取る必要があるので、
余程のチャンスボールが来ないかぎり、
ネットにベタ詰めはしませんね。

サービスライン付近で
粘ることになるので、
ローボレーを打つ機会も多くなります。

ダブルスで平行陣をとる時
パートナーとの位置関係に寄りますが、
平行陣の時は、
一人はサービスライン前、
もう一人はサービスライン上くらいに
ポジションをとることが多いです。

どちらのポジションでも、
上手い相手であれば
ボールを沈めてくるので、
ローボレーの確率は高くなりますね。

相手がトップスピンを打ってくる時
これは上級者相手と思ってください。
上級者は相手が前に詰めてきた時、
パッシングショットを打つか、
トップスピンを使い、
ネットより下で相手のプレーヤーが
取るよう練習しています。

上級者はボールを沈めてくる!
と決めつけてもいいくらいです。笑
これはシングルスでもそうですし、
ダブルスでは尚更、沈めてきます。

相手に強打される可能性が少なく、
ローボレーが苦手な人が多いことも
知っているからです。

これらの状況になった時は、
ローボレーが必ずくるぞ! という
くらいの気持ちで、
ボールを待ちましょう!

ローボレーを上手く返すための打ち方とコツ5つ!

ローボレーを上手く返すために、
いくつか押さえておきたい
ポイントがありますので、
ご紹介していきますね!

ローボレーの打ち方とコツ①グリップはコンチネンタルグリップで!

ボレーの基本と言えることですが、
グリップはコンチネンタルグリップで
握りましょう!

厚い握りだと、
下の方のボールに面を合わせる時に
だいぶしゃがむ必要があります。

また、打点は前の方で捉え、
ラケットと手首の角度は90度
になるように意識します。

こうすることで、
強いボールがラケット面に当たっても
ラケットがぶれず、
安定した面でボールを打つことが
できます。

ローボレーの打ち方とコツ②ラケットのグリップを体の内側に入れる!

ラケットのグリップを内側に入れると、
脇を締めることになります。
脇を締めると、腕からラケットが
安定するんです。

なんかローボレーを打つ時に
腕がグラグラするな〜、という人は
ラケットのグリップを少し内側に
入れるように意識してみましょう!

ローボレーの打ち方とコツ③左手は前に出す!

ボレーを打つ時、
ラケットを握っていない方の手が
手持ち無沙汰になりませんか?

右利きの方を想定してお話ししますが、
ローボレーでも左手を出すようにします。

左手を前に出すことによって、
ボールとの距離感をつかみ、
同時に体が開きすぎるのを
防ぐことが出来ます。

体が開きすぎると、ラケットの面が
正面を向かなくなってしまいます。

すると、ラケットの面を
腕で調整しようとして、
不安定なショットになってしまいます。

ですので、左手を前に出して、
体の開きすぎを防ぎましょう!

ローボレーの打ち方とコツ④下半身でボールを運ぶ!

ローボレーでは、ラケットの面と腕は
極力動かしません。
面がブレてしまうからです。

では、ボールを前に押し出す
前後の力の動きは
どうしたらいいでしょうか?

その為には、下半身を使っていきます。
腰からひざ下をインパクトに合わせて
前後にスライドすることで、
ボールを前に押し出すことが出来ます。

ローボレーの打ち方とコツ⑤スライス回転をかける

ローボレーに慣れてきた中〜上級者
の方は、ローボレーにスライス回転を
かけていきましょう!

スライス回転をかけることで、
安定して狙ったコースに
打つことが出来ます。

ボールの軌道が高くなりすぎるのを
抑えることもでき、
相手のチャンスボールになるのを
防ぐこともできます。

ローボレーでのスライス回転の
かけ方は簡単です。

ボールを最初に捉える時は、
面はボールに対し真正面を向きます。
そしてそのまま、ボールを捉えたまま、
ボールの下にラケットを滑らすように
動かします。

ラケットの上で転がすような
イメージでやってみましょう。

この時、ラケットを早く
動かしすぎないよう注意します。
ラケットを早く動かしすぎると
スライスがかかりすぎて距離が出ず、
ネットにかかってしまいます。

テニスのローボレーの打ち方とコツを学ぶ!苦手意識にさよなら!まとめ

ローボレーに対する不安感は
拭えたでしょうか?
ローボレーのコツのまとめです!

・ローボレーとは、ネットより下で
受けるボレーのことをいう
・グリップはコンチネンタルで!
・左手は前に出して、体の開きすぎを防ぐ!
・下半身でボールを運ぶ!
・上級者はスライス回転をかけよう!

こうやってまとめると、
すごくシンプルで簡単なことばかりです!
これであなたも今日から、
「ローボレー大好き! どんとこいや‼︎ 」
ですね!

おすすめの記事