テニスのロブボレーの打ち方とコツとは?実は超強力なんです…

どうも、タコちゃんです(・▽・)

あなたは試合中にロブボレーを
使おうとしていますか?

意外とロブボレーなんて
使わないなんて言う方が
多いかもしれません。

でもこれ、実は超強力なんです。

私もロブボレーを使って、
何度も試合を有利な
展開にすることができました!

今回は、
そんなロブボレーの打ち方やコツについて
説明していきます(^^)/

ロブボレーの打ち方とコツ①使うタイミング

ロブボレーはまずどんな状況で
使うのが有効的だと思いますか。

おもに使うのは、自分自身が
前に詰めていてボレーで
ポイントを決めようとしているときに、
相手も一緒に前に詰めてきた時に
有効なショットになります。

ボレーボレーの打ち合いになっている時に
急に頭上を抜かれるとかなり動揺しますし、
その後の対応というのは、かなり難しい
ものになります。

ロブボレーで相手の頭上を抜くことができると、
ポイントを獲得できる大チャンスになるでしょう。

ロブボレーの打ち方とコツ②実はそんなに高く上げなくていい

先ほどロブボレーは相手の頭上を
抜くショットと言いましたが、
これはあくまでも理想系です。

何故かというと、
相手の頭上を抜くほどの高さの
ロブボレーを打ってしまうと
力の制御が難しく、
アウトしてしまうことが多いからです。

実はロブボレーって、
相手がラケットを高く伸ばして
やっと届くところに打つことが
できれば、それで十分
なんです。

相手の頭上を完璧に抜く必要は
必ずしもありません!

試合中に相手とボレー対決になったときは、
お互いに距離が近いところで打ち合っているので、
その軌道というのも、相手にチャンスボールを
与えないために、低い軌道での
ボレーボレー勝負をすることが多いですよね。

そのため、必然的に相手は
ラケットを低い位置で構えている時が
多いんです。

相手の意識が低い位置にあるところに、
ロブボレーを打つと、
相手はかなり反応が遅れることになります。

その時に、相手がラケットを
高く伸ばして届く距離くらいに
ロブボレーを打つと、
相手からしたらかなり
厳しいボールになります。

ラケットを高く伸ばして届く距離でも、
相手の反応が遅れていると
そのまま相手の頭上を抜いてしまう
こともあります。

相手が追い付いてボールを返したとしても、
チャンスボールが返ってきて
次の展開で容易に決めることが
できるでしょう。

ロブボレーの打ち方とコツ③面の向きと踏み込み加減を掴む

ロブボレーを打つ時は、
普通のボレーを打つ感覚と
特には変わらないです。

特別にボレーの打ち方を
何か変えるというわけではないので、
安心してください。

普段ボレーを打つ時よりも
ラケット面を若干上向きにするだけです。

ラケット面が上向きになっている分
ラケットに当たったボールは、
勝手にロブ気味にふわっとした
軌道を描いてくれるので、
上向き面の微調整がとても大事に
なりますね。

この微調整は人によって
感覚が違うと思いますので、
少しずつ練習してみて
「これくらいの上向き面だと飛びすぎる」など
感覚を掴んでいってみてください。

後は距離の出し方です。

これも普段のボレーと特には
変わりはしないです。

ボレーを打つ時の
踏み込み加減で距離の出し方を調整します。

上向きのラケット面を作ってしまえば、
後は踏み込み加減だけで、ロブボレーを
打ってしまいます。

テイクバックも最小限に抑えてください。

また、相手のボールに勢いがあれば、
相手のボールの力を借りて打つ事が
できますので、踏み込みの必要も
ありません。

そして、最後にインパクト時に
少しだけフォロースルーを
する感じですね!

ロブボレーを打つ時の注意点

ロブボレーを打つ時に何を一番
気を付けなければいけないでしょうか?

それはロブボレーを打とうとしていると
相手に気づかれてしまうことですね。

もし相手にロブボレーを打つことを
気づかれてしまい、少しポジションを
下げられてしまった場合、
簡単にスマッシュを決められてしまいます(;'∀')

こちらのポジションも
前に詰めている状態ですので、
スマッシュを打たれてしまうと
もうどうしようも無くなってしまいます。

あまりにも最初からラケット面を
上に向けてしまうと相手に
ロブボレーが来るとばれてしまうので、
なるべく、ギリギリまでラケット面を
上向きにしないようにしましょう。

私の場合、
踏み込みと同時にラケット面を上に向ける
ようにしています。

相手から見たら、
私が前に動きながら面の向きを変えてるので、
気付かれにくいんですよね。

ロブボレーの打ち方について
詳しく動画で説明しているものが
あったので、見ていただきたいと思います。

遅いボールの時と
早いボールの時のものを
詳しく解説してくれていますね!
是非参考にしてみてください。

テニスのロブボレーの打ち方とコツとは?実は超強力なんです…

1.相手が前に詰めてきた時に使う
2.頭上を越す感覚よりも、ラケットを高く伸ばして
やっと届くくらいの位置に打つ
3.面の向きと踏み込み加減で調整する
4.相手に気づかれないように注意する

冒頭でも書いたようにロブボレーって
あんまり使わないショットですよね。

スクールの初心者のコースでも
ほとんどやらないものですし、
ボレーをある程度打てるように
なってからやるショットだと思います。

だからこそ
ここぞというところで使うと
相手にプレッシャーをかけられる
有効なショットになります。

しかもそれほど難しいショットでは
ないですしね('ω')

シングルスでは中々
ボレーボレー対決になる機会は
少ないかもしれないですが、
ダブルスではかなり使えるショットですよ。

是非あなたもロブショットを身に着けて、
相手が前に来たときに
プレッシャーをかけられるようにしましょう!(・▽・)

おすすめの記事