テニス ロブ 対策

どうも、タコちゃんです(・▽・)

みなさんはロブは
どんな時に使いますか?
また、どんなイメージを持っていますか?

女子ダブルスなどでは、
ロブ合戦はよく見られる光景ですね。
初心者から上級者まで、
ロブを打つ方を多くみかけます!

男子シングルなどでは、
シコラーなどと呼ばれる
ツワモノもみかけます!
すごい粘りを見せるんですよね。
体力もつけないと大変なスタイルです!

ロブって、トップスピンやフラットな
ショットと比べると、
なんとなく消極的なイメージがありませんか?
まさに私がそうでした!

私の方が速い球が打てるし…
なんて思っていると、
いつのまにか、ロブを多用する選手に
しばらくテニスをしたくないと思うほどの
負け方をすることがあります。

そう考えると、もしかして
ロブとは一見、守りのようであり、
実は攻めの戦法なのかな…?
なんて気づき始めます!

ここに気づかないうちは、
ロブをたくさん上げてくる、
格下と思えてしまう相手に
うっかり負けることもあるでしょう。

そんな悔しいことにならないよう、
今日は、そんなロブ対策を
考えてみましょう!

相手がロブを上げてくる2パターン!

そもそも「ロブ」とはどういうショット
でしょうか?

ロブは正しくは「ロビング」であり、
ロブは略称の呼び方です。

テニスのショットの中で、
一番高い位置へ上がります。
相手コートへ放物線を描くように、
高く緩く打つショットのことです。

まず、ロブの対処法として、
相手がどんな時に
ロブを使ってくるかを
考えましょう!

どんな時にロブを打ってくるか
予想することが出来れば、
ロブに対して一足早く対処できるからです。

相手がロブを打ってくる時には
2つのパターンが考えられます!

相手が追い詰められた時!

相手を追い詰めた時、
相手としては体制を立て直す時間が
ほしい! と思ったり、
とりあえず相手コートに返したい!
という消極的な選択をしています。

ロブにはスライスロブと
トップスピンロブがありますが、
この場合は守りの意味合いが高い
スライスロブが返ってくる可能性が
高いでしょう。

スライスロブとは、
ボールの下側をこすり、
順回転とは逆の、逆回転をかける
ロブのことです。

逆回転のためボールに威力はなく、
速さや長さ出にくく、
バウンド後は跳ねなかったり、
不安定なバウンドをすることが多いです。

早めにボールが落ちるところを
予想して、移動することが大事です。

そしてチャンスボールがくることが
多いので、スライスロブが上がったら、
次は自分が攻めるつもりでいましょう。

相手が攻撃をしてくる時!

ロブには守備のスライスロブの他に、
もうひとつ、トップスピンロブが
あります。

トップスピンロブとは、
スライスロブとは回転が逆で、
順回転で勢いのあるロブのことです。

上級者になればなるほど、
このトップスピンロブを多用してきます。
では、相手はトップスピンロブを
どのような時に使うのでしょうか?

シングルスでもダブルスでも、
相手の体制や陣形を崩したい時に
スライスロブは使われます。

トップスピンロブは順回転で
よく跳ねるので、
相手を後ろに下げたい時に
使われます。

また、ダブルスでは前衛の頭上を抜いて
後衛を走らせたい時にも使われます。

頭上という点では、
自分が前に詰めた時に頭上を抜かれる
可能性もあります。

ロブという名がつきますが、
だいぶ攻撃的なロブであることが
分かりますね!

トップスピンロブは無理な体勢や
相手からの速い球が来た時は
打ちにくいものです。

要はチャンスボールが相手に
行ってしまった場合に
打たれる可能性があると
考えておきましょう!

ロブへの対策2つ!

自分のプレースタイルに合わせて
ロブ対策を練っていきましょう!

大別して、
①相手に負けないくらい自分も粘る!
②ロブに対して攻撃的に仕掛ける!
の2つになります。
順番に見ていきましょう!

ロブ対策①相手に負けないくらい自分もロブで粘る!

相手がロブを打ってきたら、
自分もロブで返してみましょう。
自分自身にロブの自信がある方なら
なおさら打ってみましょう!

相手と同じペースで打つことは
楽ですし、迷いの無い分、
ミスのリスクも減ります。

構える位置をベースラインより
後ろにして、ロブを待ちます。

ロブを返す場所は、
出来るだけ深く返します。
相手がバックハンドが苦手そう…という
ことが分かっていたら、バックハンド側に
重点的に返します。

相手に粘り強くロブを返すメリットとして
アウトなどの相手のミスを待ったり
ボールが浅くなるなどの、
チャンスボールを待つことが出来ます。

少ないリスクの中で、
ポイントをつかむチャンスがあります。

ロブ対策②ロブに対して攻撃を仕掛ける!

これは安全に、
スローペースでポイントを取りたい
相手からしたら、
一番嫌な対処法です!

難易度が高いのですが、
その分モノにできたら
すごいチャンスとなるので、
ぜひ活用してください!

まずはなんといっても、
ロブをスマッシュすることです!

スマッシュが得意な方からしたら
チャンスボールがポンポン
上がってくるようなものです。笑

ノーバウンドで打つもよし、
グランドスマッシュで打つもよし、
素早く打点に入って
ロブをスマッシュしてしまいましょう!

これはポイントを決めるだけでなく、
ロブをスマッシュしてくる!
と相手に思わせることも大切です。

ロブ封じをすることができるので、
相手の戦術を一つ潰すことができるのです。

スマッシュは苦手… という方は、
ハイボレーでも大丈夫です!
ただ、スマッシュほど威力はないので、
相手にとって嫌なコースを狙うのが
必須となります。

もう一つは、ロブを
ライジングで返すという方法です。

ライジングとは、
バウンドした後のボールを
速いタイミングで返すショットのことです。

普通のショットが「タン、タン」
のタイミングで返すとしたら、
ライジングショットは
「タ、タン」とバウンドが頂点に
達する前に打ちます。

こちらは正直、上級者向けです!
余程ライジングを打ちなれている方でないと
ライジングは威力が落ちることが
多いからです。

ライジングでもトップスピンを
かけられるよ! という、
素晴らしい上級者の方は、
ぜひ実践してみてください!

【テニス】誰でも出来るロブ対策!!
もう前衛でもこわくない まとめ

・ロブとは高く緩く、放物線を描くショット
・守備的な意味を持つスライスロブと、
攻撃的な意味を持つトップスピンロブがある
・ロブに対して、自分もロブで返して
チャンスを待つ!
・スマッシュはロブに有効! 自信がある人は
ライジングショットでも、返してみよう!

今まで何となく返していたロブも、
これからは意味を持って打ち返すことが
出来ますね!

ロブにうまく対処して、
試合やレッスンでの勝ち数を
増やしていきましょう!(・▽・)

おすすめの記事