テニスでラリー戦を制する 深いボールの打ち方のコツ3つ!

どうも、タコちゃんです(・▽・)

あなたは、テニスのストロークにおいて
どういったボールを打つことができると
ラリーの主導権を握ることが
できると思いますか?

いろいろなコーチのレッスンなどで、
「浅いボールは相手の
チャンスボールになる恐れがあるので、
深いところを狙って打ちましょう」
というような言葉はよく聞くかもしれません。

これは、間違っていません。
確かに、ラリーで相手を崩していくには
深い位置に確実に安定してボールを打つことは
絶対に必要です。

しかし、深くボールを打とうと考えると
単純にオーバーしてしまって、
アウトのミスが増える方も多いと思います。

では、実際に深いところに
ボールを落とすためには、
どのようにしたらいいでしょうか。

今回は、ラリーに必要不可欠な
深いボールの打ち方を考えていきたいと思います。

深いボールの打ち方①ネットの高い位置を通す

まずは、ボールを落とす位置を考える上で
大切になってくるのは
ボールの「軌道」です。

ボールを遠くに飛ばすということだけで考えると、
高い軌道の方が遠くに飛ばしやすいです。

低く、遠くに飛ばそうと思うと
それなりのボールに勢いが必要で、
ボールを飛ばすパワーと
スピードを出さなくてはなりません。

それでは、長い試合を戦うことは
難しいでしょう(^_^;)

楽に、遠くに飛ばす方法を考えます。

そうなると、ボールの軌道を上げ、
ネットの高い位置を通すことで
スイングスピードやパワーはそのままに
遠くに飛ばすことができます。

目安としては、
ネットからラケット1本分は
上の位置を通して
打ちましょう。

ラケット1本分を測って、
ひもを張って、その上を通して打つ練習を
よくしていました。
とてもオススメですよ。

実際にひもを張ることで、
「ネットよりも高い位置」というものが
目に見えて分かりやすくなります。

やってみるとわかるのですが、
結構高く感じます。

最初のうちは、ひもの下ばかりを通ってしまい、
普段自分がいかにネットすれすれで
ボールを打っていたか気づかされます。笑

自分の中で「なんとなくこのあたりか。」と
体で覚えることができるので、
ラケットで球出しをしてもらうストローク練習や、
ラリー練習でよくこの方法を使っていました。

このネットの高い位置を通すことを意識すると、
まずネットミスがなくなります。

普段の練習から、
ネットのかなり上を通すことを
もう体で覚えてしまいましょう。

そして、ボールを落とす位置ですが、
深いところと言っても
ベースラインぎりぎりを狙う必要は
全くありません。

深いところを狙って、
オーバーしてしまう人は
ベースラインあたりを狙っていませんか?

深いボールを打つ時に意識するべきなのは、
サービスラインとベースラインの間に入れる」ことです。

あの大きな四角のゾーンに入れると考えると、
結構幅が広がって、
気持ちも楽になるのではないでしょうか。

ピンポイントに、
「ベースラインに落とす」と考えるのではなくて、
「サービスラインよりも後ろに落とす」と
考えてみてください。

ボールを高い位置を通して、
深く打つことへの考え方を変えるだけで
ネットミスとオーバーアウトを
なくすことができます。

こちらの動画でも
深いボールの打ち方について
解説されていますので、
よかったら参考にしてみてください。

深いボールの打ち方②しっかりスピンをかける

ネットよりも高い位置を
ただ通すだけではもちろん吹かしてしまいます。
そのままバックフェンス直撃です。笑

その高い位置からしっかりとボールを落として、
コートに入れなくてはなりません。
では、どうするか。

しっかりと厚い当たりで、
下から上への回転をかけることが大切です。

スピンをかけることで、
高い位置からきゅっとボールが落ちてくれます。

体が力まないようにリラックスし、
大きく踏み込み、腕ではなく
体重移動で打ちます。

スタンスを大きく取ることで、
自然とスイングも大きくなり、
体が縮こまらずに打つことができます。

大きいスイングとうのは、
テイクバックが大きいのではなく、
前に大きくスイングすることです。

自分のパワーで打つと力んでしまうので、
そうではなく、
全パワーをスイングに使うように意識します。
最後まで振り切ることが大切です。

そして、体が開きすぎると
打点や面の向きもブレてしまって、
安定しません。

しっかりとボールを最後まで見て、
丁寧にスイングしていきましょう。

深いボールでも、
ラケットに当てるだけの死んだボールでは
意味がありません。

スピンをかけることを意識することで、
バウンド後に失速しない、
勢いがあって、伸びるボールになります。

深い位置に落ちて、
そこから伸びてくるボールは
相手としても打ちにくいはずです。

安定して打つことができると、
自分のチャンスボールが増えるでしょう。

深いボールの打ち方③グリップは厚く握る

「スピンをかけて、高い位置からボールを落とす」ことが
深いボールを打つには必要だと言いました。

そして、そのスピンをかける際にも
いくつか意識することがあります。

それは、
グリップは厚く握って打つということです。

あなたは、スピンをかけようと思って、
下から上のスイングを意識しすぎて
ラケットの面が下を向いてしまうことありませんか?

そうしてしまうと結果として、
カシュッととても薄い当たりに
なってしまうと思います。

アウトを恐れてしまうあまりに、
薄い当たりになってしまう方も
多いと思います。

それでも深い位置にボールは入るかもしれません。

しかし、ボールに勢いをつけ、
深いボールを活かすには
しっかりとスピンをかけることが大事です。

グリップは厚く、
インパクトも厚く、フラットに当てましょう。

ラケットの面が地面と垂直になるイメージです。
フラットに当てることで、
ボールに勢い、パワーも伝わります。

そして、ボールの下から上にスイングし、
フォロースルーの最後まで
振りぬくことでスピンもかかります。

薄いあたりだと、
ボールにスピンはかかるかもしれません。
しかし、ボールが前に飛ぶ力はなく、
せっかくネットより高い位置を通しても
失速してしまいます。

サービスライン付近に落ちて、
勢いがないと
相手に叩かれてしまうかもしれませんよね。

深い位置に落ちて、
さらに伸びるボールを意識して
練習してみてください。

テニスでラリー戦を制する 深いボールの打ち方のコツまとめ

1.ネットの高いところを通す
2.しっかりとスピンをかける
3.グリップは厚く握って打つ

以上3点が、
私が考える深いボールの打ち方のコツです。

決め球ではないけど、
しっかり伸びてくるボールって
打ちにくいですよね。

しかも、そのボールが
深い位置に安定して返ってくると考えると
なかなかやりにくくないでしょうか。

その相手が困る深いボールで、
ラリーを制しましょう!(・▽・)

おすすめの記事