テニスのハーフボレーの打ち方とコツ!ネットプレーが苦手な人必見

どうも、タコちゃんです(・▽・)

みなさんはテニスのプレーの中で
ハーフボレーをうまく打てますか?

というか、そもそも
ハーフボレーって何のことか
ピンと来ますか?

私は恥ずかしながら、
ハーフボレーとローボレーを
同じものだと思っていました! (恥)
同じだと思っている方、
きっといますよね⁉︎

そんな方のために、(自分のために)
ハーフボレーとはこのようなもの!
という動画がこちらです。

ハーフボレーだけのラリーです!
すごく器用ですよね!

そう、ハーフボレーとは、
ボレーと名前がついているのですが、
一度バウンドをするんです。

ローボレーはバウンドせずに
返すので、まったく別物です。

このハーフボレー、
動画を見て分かる通り、
バウンドした後のボールを
早いリズムで返していますね。

ボールの威力が収まらないまま打つので、
正直、ヒットポイントがずれて
ミスをしてしまうこともしばしばです。

でも、このハーフボレーって
ネットに詰める際や
ネットポジションを少し後ろに
構えている際に
けっこう使う機会が多いんですよね。

ハーフボレーが苦手な人が多いことを
相手も知っているので、
必然的に狙われやすいポイントでも
あります。

ですが、ハーフボレーは
うまく処理できたら
その後の展開を有利に運べるんです!

なので、ミスを減らし、
試合の展開を有利に運ぶためにも
ハーフボレーの打ち方とコツを掴んで
マスターしちゃいましょう!

ハーフボレーを失敗しやすい理由

ハーフボレーって難しい!
と感じる方は多いですよね。
私もその一人です。

ここではハーフボレーを失敗しやすい
理由を見ていきましょう。
それが、この後にお伝えする
ハーフボレーを成功するコツに
つながっていきます。

判断が遅れると、失敗しやすい!

ハーフボレーを打つべきか迷う時って
ローボレー(落とさないで取る)でも
取れそうな球が来た時ではないですか?

あと一歩、前に足を出せば
ローボレーで取れそう!

でも、迷っているうちに、
あ〜! ボールが来ちゃった!
ローボレーはもう無理だ!
ハーフボレーにしよう!
…これも間に合わない!

ネットに「パスッ!」

私は大体、こんな流れで
失敗します。(笑)
何度ペアに謝ったかわかりません!
(ごめんね!)

このように、ハーフボレーで打つか、
ローボレーで打つか、判断に迷った時は、
失敗をしやすいと言えます。

そして、ハーフボレーを打つ時は
大抵ローボレーと迷うボールが来ます。

判断が遅れてミスをしてしまう
原因となるのが、打点が後ろに
なってしまうことにあります。

打点が後ろになると、
ボールを前へ運ぶための
体重の前後の移動がうまくできず、
ボールがネットにかかりやすいのです。

また、腕だけでなんとかしようと
してしまい、ボールがあらぬ方向へ
飛んで行ってしまいます。

ライジングのリズムに慣れている
上級者はだいたいハーフボレーは
上手いものです。

なので、ミニラリーをしている時に
(お互いサービスライン付近に立って
するラリー)ハーフボレーが打てる
人は、大体上級者だなと予想がつく
ほどです。

何故、上級者がハーフボレーが
上手いかというと、
ただ単にハーフボレーの練習を
積んでいるからではありません。

実はハーフボレーはあるショットと
共通点があるんです。

普通のストロークのリズムが
「タン、タン」だとすると、
ハーフボレーのリズムは
「タ、タン」と、ボールがバウンド
してからインパクトまでの時間が短いです。

このリズムって何かのショットと
同じですよね。

はい、もうお分かりの方が多いと
思いますが、ハーフボレーと
ライジングショットは、
同じリズムで打つんです。

上級者は間違いなくライジングショットを
練習しています。
なので、ライジングショットと同じ
リズムのハーフボレーは
非常に打ちやすいんです。

初心者や中級者でライジングショットの
リズムがまだ難しい! と感じている方は
ハーフボレーのリズムも
まだ難しく、コツが分かりにくいかも
しれませんね。

では次に、ハーフボレーをうまく
打つための打ち方とコツを見ていきましょう!

 

ハーフボレーをうまく打つための打ち方とコツ

ハーフボレーの打ち方とコツ①打点の入り方は、落下点に入る

ハーフボレーを打ちたいけど、
打点と体の位置関係が難しいですよね。

ハーフボレーを打つ時は、思い切って
ボールのバウンドする地点、つまり
落下点に体を持っていきましょう!

ハーフボレーはバウンド直後を打つので
落下点に構えていることは
理にかなっているのです。

ハーフボレーの打ち方とコツ②打点は前で捉える

先ほどお伝えしたように、
打点が後ろになると、
前に押し出すのがうまくいかなかったり、
ボールの威力に負けてしまいます。

ですので、ハーフボレーの打点は
必ず前で捉えるようにしましょう!

ハーフボレーの打ち方とコツ③ラケットの面は下向きで!

ハーフボレーは実は、インパクトに
合わせて軽くラケットを振ります。

この時にラケットの面が
正面もしくは少し上を向いていると、
ボールが上に上がりすぎてしまいます。

ボールが上に上がると、
相手のチャンスボールになってしまうので、
これは避けたいことです。

スピンがかかっているボールが
来た時は尚更です。
スピンボールに対して、
さらにスピンをかけ直すくらいの
回転が必要です。

そうなると、
ラケット面を下に向けて、
体の前後の動きをプラスして
スピンをかける必要があります。

ハーフボレーの打ち方とコツ④バウンドに合わせて膝を曲げ伸ばし!

タイミングが掴みにくい!
という方はたくさんいらっしゃいますよね!
そんな方にオススメのコツがあります。

それはボールのバウンドに合わせて
膝も一緒に曲げることです。
「タ、タン」のリズムで膝を曲げて
みましょう!

あとはボールの跳ね上がりの始め、
つまり膝を伸ばし始めたタイミングで
ラケットを振るだけです。

ハーフボレーの打ち方とコツ⑤ボールをよく見る!

これはどのショットにも言えることですが
インパクトの瞬間まで、
穴が空くほどボールを見てください!

苦手意識のあるショットほど、
なんとなくで打っていませんか?
ハーフボレーは特にタイミングが取りづらいので
尚更、よくボールを見るようにしてみて下さい。

テニスのハーフボレーの打ち方とコツ!ネットプレーが苦手な人必見まとめ

ハーフボレーのコツをご紹介しましたが、
どれも思ったより簡単ですよね!
それではまとめです♪

・ハーフボレーとは、バウンド直後の球を打つショット
・判断が遅れると失敗しやすい
・ハーフボレーのポジションはバウンドに地点に入る
・打点は前でとり、ラケットの面は下向きで振る!
・バウンドに合わせて膝を曲げ伸ばしする

・ボールをよく見る

これで難しいショットを
ひとつ克服できそうですね!
ぜひレッスンや試合で使ってみてください(・▽・)♪

おすすめの記事