テニスで決めきるグランドスマッシュのコツ3つ!脱中級者への道とは

どうも、タコちゃんです(・▽・)

みなさんは、
ロブのようなふわっと浮いたボールを
思い切り叩きたい時、打ち込みたい時は
どのように対応しますか?

いろいろ手段はあると思いますが、
あなたはそういったタイミングで
グランドスマッシュを
選んだことはあるでしょうか?

スマッシュは高い位置からの
とてもパワフルなショットなので、
スマッシュの体勢を取るだけで
相手へのプレッシャーになります。

そして、スマッシュではなく、
あえて「グランドスマッシュ」を選ぶことで
トリッキーな相手も一瞬どう対処するか悩むような
打ち込みのショットになります。

普段の練習で、
なかなかグランドスマッシュの返し方を
考えることってないですよね?

相手がスマッシュを打った時のことは
想定していたとしても、
グランドスマッシュへの対策を取っている人は
果たしてどれくらいいるでしょうか。

グランドスマッシュは、
スマッシュを打とうとしたけど、
やっぱり難しくて、ボールを落として、
緊急回避する時にも使えます。

しかし、今回は
ボールが上がった最初の段階から
グランドスマッシュで打つことを決めている状況について
考えていきましょう。

グランドスマッシュを打つ時、
しっかりと高い位置で打ち、ボールを落とさなければ、
バックフェンス直撃…なんてことにもなりかねません。

今回は、グランドスマッシュを
しっかり決めるコツをお伝えしたいと思います。

グランドスマッシュのコツ①足を動かして、 ボールの落下地点を見極める

まず、ボールが落ちてくる位置を
素早く予測します。

たくさん打ち慣れることで、
ボールの飛び方や跳ね方、バウンドの角度などを
予測できるようになります。

予測の精度が上がるように、
どんどんトライしてみましょう。

そして、インパクトの直前まで
できるだけ足を動かして、
自分のポジションを調整します。

自分より高い位置にボールが上がっているので、
ボールをしっかり見て、
力の入る打点で打つことができるように
移動しましょう。

ボールが上がった角度から、
バウンド後の跳ね方を予測し、
ボールの下にしっかりと入るイメージだと
移動しやすいです。

また、ボールは重力の影響を受けるため、
加速して落ちてきます。

高く上がれば上がるほど、加速します。
また、風の影響も受けやすくなります。

そのことについても考慮して、
早めの準備とポジション取りが大切になります。

ラケットをスマッシュのフォームで
すでにかついだ状態で
移動すると、速く準備ができます。

相手がぽーんとボールを
上に打った瞬間に「グランドスマッシュだ」と
判断して、ぱっとかつぐイメージです。

遅くても、
ワンバウンド前にはテイクバックを
完了
させましょう。

慣れてきたら、
ストロークのテイクバックのフォームで移動して
ボールを落として、待って打つと見せかけて、
バウンドした瞬間に、ぱっとラケットを担いで
グランドスマッシュのスイングを
始めるというフェイクのかけ方もあります。

ちょっと自分の気持ちに
余裕があるときなどにぜひ使ってみて下さい。笑

グランドスマッシュのコツ②ボールより後ろから ダブルステップで前に入って打つ

グランドスマッシュを選ぶ際に、
前に上がった位置から下がって打つ時、
ベースラインから上がってサービスライン付近で打つ時などが
あると思いますが、
どちらも後ろから前に入って打つということになります。

そのため、ボールの落下地点に入るときは
後ろからダブルステップで近づく
タイミングが取りやすいでしょう。

右利きの方なら、
左足を前にセットしてダブルステップをしてみてください。

大きいロブのようなボールがきて、
急いで下がるけど、グランドスマッシュを選ぶ場合、
ボールに追いつくのはもちろんですが、
ボールよりもオーバー気味に大きく下がります。

そこから前に入って打ちましょう。

ダブルステップで自分の位置を決めたら、
しっかりと構えます。

足元がふわふわせずに、
地面をしっかりと踏みつけてください。

体は横向きです。
そして、反対の肩をしっかりと入れることで、
打つコースを隠すことができ、
相手も最後までコースが分かりません。

右利きの方は、
左肩を内側に入れます。
左手でボールを指さすイメージです。

また、肩が入っていることで
自分もぎりぎりまで打つコースを
選ぶことができます。

そして、グリップはサーブの時のような
薄いグリップ
を意識してみてください。

薄いグリップの方が、
ラケットヘッドが大きく動きますし、
打点に幅が出るので、いろいろなボールに
対応できるでしょう。

こちらの動画で、
グランドスマッシュについて解説がされています。

風が強い日こそ、
グランドスマッシュを選ぶと良いそうです!

グランドスマッシュのコツ③相手の位置を気にしすぎない

グランドスマッシュを選ぶからには、
思い切って決め球にしましょう。

体が開かないように気を付けたら、
相手もコースを予測して、
ほぼ勘で動かなければなりません。

落ち着いてしっかり決めきりたいですね。

そのためには、
打つ前に相手の位置をちらっと確認して、
自分の中でコースを決めてしまいます。

相手のことを意識しすぎないようにして、
力強いボールを打つこと、しっかり決めることを
考えましょう。

移動するときはあまりきょろきょろせずに、
ボールの落下地点を予測して、
足元や自分の背中側をノールックで
下がることを体で覚えましょう。

ふわっとしたボールなので、
打つまでに時間がありますが、
ゆっくりだらっと移動したり、
相手をよく見すぎるのはやめましょう。

バウンド前に相手の位置をチェックした後は
ボール、スマッシュを打つことに
集中しましょう。

これは決め球になるので、
中途半端にならないように
全力でスイング
してください。

もし、決めきれなかったとしても
相手からしても高い打点から叩き込まれるショットは
返しにくいはずですし、
その次に返ってくるボールが
チャンスボールになるかもしれません。

テニスで決めきる
グランドスマッシュのコツまとめ
1.足を動かして、ボールの落下地点を見極める
2.ボールより大きく下がって、後ろからダブルステップで入る
3.相手の位置を気にしすぎない

以上3点が、
私が考えるグランドスマッシュの3つのコツになります。

相手が打ったボールが、
せっかく浮いて、チャンスなのに
待ってボールを落として打っていては
とてももったいないと思いませんか?

しっかりとチャンスボールという認識で、
打ち込む方法を考えてみましょう。
(無理は禁物です!)

そこで、グランドスマッシュを選ぶことができたら、
自分の攻撃のパターンがさらに増えるでしょう。

ぜひトライしてみてください(・▽・)!

おすすめの記事