テニス フォアハンド フラット 打ち方 コツ

どうも、タコちゃんです(・▽・)

ラリーをしていて、
バウンドが高く弾むボールが
来ることがあると思います。

それは、ロブのようにふわっと
高いかもしれませんし、
しっかりとスピンがかかって、
高く跳ねるボールかもしれません。

あなたは、そういったボールに
どのように対応していますか?

バウンド後、待ってしまって
ボールを落として打っていませんか?

確かに、無理をしてまで
ボールを打つ必要はありませんが、
無理をしない範囲で展開できると思えば
打ち込めるボールかもしれません。

何でもかんでもボールを待っていませんか?
それでは、せっかくのチャンスも
逃してしまっているかもしれません。

1テンポ早めることで、
大きく跳ねるようなボールも、
待たずに高い打点でとらえることができます。

高い打点でボールをとらえることで、
ラリーのテンポを変えることもできますし、
自分の攻撃のバリエーションが広がるはずです。

今回は、
ストロークで高い打点でボールを打つコツを、
特にフォアハンドについて
お伝えしていきたいと思います。

あなたもストロークでできることの幅を
広げていきましょう。

フォアハンドを高い打点で打つコツ①打点は肩と並行ライン上の体より前の位置

「高い打点で打つ」と言っても、
具体的にどのあたりだと思いますか?

目安としては、肩の高さになります。
普段のストロークのベストな打点が
腰あたりなので、
その位置から考えるとだいぶ上になります。

それ以上高い位置になると、
コントロールがしにくくなりますし、
ラケットもぶれてしまいます。
また、力も伝わりにくくなります。

しかし、ストロークの時と同じように
体よりだいぶ前の位置でインパクトします。

右利きの方は、右肩をぐっと前に出し、
ボールがインパクトする瞬間を
ガット越しに見ることができるくらい前で打ちます。

打点が体よりも前、ということは変えずに
肩の高さまで上げるイメージです。

こうすることで、高い打点でも
しっかりと力が入って、
ボールの勢いに押し負けません。
そして、自分のパワーも伝わります。

体よりも前で打つことを意識することで、
振り遅れも防ぐことができます。

ボールを体の前でインパクトし、
フォロースルーも大きくすることで、
回転もしっかりとかかり、
ボールが落ちてくれます。

もし、打ち込みたくて高い打点を選んだなら、
フォロースルーの最後は腰のあたりの下の方に
ラケットヘッドを持ってきて、抑え込みましょう。

高い位置からまっすぐボールを飛ばしてしまうと、
そのままオーバーアウトしてしまうので、
ネットの高いところを通して、
ボールを落とす練習をしましょう。

こちらの動画で、
バウンドの高いボールへの対応について
解説されていますので、
よかったら参考にしてください。

フォアハンドを高い打点で打つコツ②攻める時は、 ボールが上がり始めた高いところを叩く

高い打点でボールを打つチャンスは、
ボールが飛んできて、バウンドしてから2回来ます。

それは、
「バウンドして上がってきている時」と
「バウンドして上がって、落ちてきている時」です。

攻めたい時、あなたはどちらのタイミングを
選ぶべきだと思いますか?

攻める時は、
ボールが落ちてくるのを待つのではなく、
速いタイミングで上がってきているところに
素早く入って叩きましょう。

バウンドの位置や
バウンド後のボールの跳ね方などを予測して、
自分のポジションを素早く判断して移動しましょう。

相手のボールが少しでも甘い、
これは叩けると思ったら、
速く移動して、打ち込みます。

この時、オープンスタンスで構えて打つことを
おすすめします。

オープンスタンスでしっかりと肩を入れて、
構えて打つことで、
打つコースが読まれにくくなります。

自分としても、ぎりぎりまで
コースを変える余裕が生まれます。

相手の逆をついたりすることも可能になるので、
オープンスタンスで
ストレート、クロスの打ち分けが
できるように練習しましょう。

相手自身も、自分が打ってすぐに
速いタイミングで相手が構えているのが見えると
なかなか焦るはずです。

逆にラリーのテンポを落ち着かせたい時や、
自分の体勢があまりよくない時は、
「バウンドして落ちてきている」タイミングを選びましょう。

お互いにがつがつ速いテンポで打ちあっている時に
あえて待ってみることも、とても有効的だと思います。

自分も1回ゆっくり落ち着くことができますし、
相手主導のペースを崩すことができます。

消極的に、ボールを待って落とすのではなく、
自分からラリーのペースをコントロールして、
試合をリードしましょう。

フォアハンドを高い打点で打つコツ③地に足をしっかり着ける

文字通り、地面に足をつけましょう。
両足で地面を踏みつけてください。

打点が高くなるからといって、
体も浮き上がらないように気を付けます。

足の裏全体を地面につけて
しっかりと踏ん張ることで
どっしりとした構えになります。
そうすることで、ボールの勢いに押し負けません。

インパクトの後も、
体が上に伸び上がらないようにします。
せっかくためを作るフォームで構えても、
パワーが上方向に逃げてしまいます。

下に、地面に向かって踏ん張ることで
対ボールのパワーが生まれて、
スイングの中の体重移動によって、
ボールにパワーが伝わります。

打ち込みたい時は、特にこの準備の段階で
高い打点から打って決めきれるか別れます。

体が浮いてしまうと、ボールも浮きます。
足場がふわふわしていたら、
ボールもふわふわします。笑

回転がかからなかったり、
下方向にボールが飛ばずに、吹かしてしまって
オーバーアウトに繋がります。

「高い打点」で打ちたいからって、
体が伸び上がってしまっては意味がありません。
つま先立ちなんてもってのほかです。

地面に足をつけて、どっしり構えた上での
肩くらいの高い打点だということを
忘れないようにしましょう。

テニスのフォアハンドを高い打点で打つコツ!安定かつ力強く打つには?まとめ

1.打点は肩と並行ライン上の体より前
2.攻める時は、ボールが上がり始めた高いところ
3.地に足をしっかり着ける

以上3点が、
私が考えるフォアハンドを
高い打点から打つコツです。

私はフォアハンドの方が得意だったので、
このボールが上がってきたところを
叩くのが得意でした。

0コンマ何秒かだけ速める感覚というのは、
慣れて行って掴むしかないのですが、
それだけでも大きくラリーのテンポが変わります。

高い打点で打つと考えると、
攻めるために打ち込むことばかりを
考えてしまいがちですが、
ラリーのペースを変えるための選択肢としても
使うことができます。

しかし、何にせよ地に足を着けて
落ち着いて打ちましょうね。笑

1本1本のショットをどのように打つか、
選ぶことができる選択肢が多い方が
より有利に試合を進められるはずです(・▽・)!

おすすめの記事