テニスのフォアハンドスライスのコツ3つ!勝つための必須技術とは?

どうも、タコちゃんです(・▽・)

あなたは、ラリーの中で
スライスを使うことはありますか?

個人的に、スライスを使うことができたら
とても便利だと思っています。

スライスは、ボールに逆回転をかけるので、
普通のスピンのボールと
バウンド後の跳ね方の変化の仕方が
他のショットと違います。

そのため、ラリーで急にスライスを
混ぜて打つと、相手もびっくりするでしょう。

スライスは守備的にも、攻撃的にも
使うことができます。

キレのあるスライスを打つことができたら
攻撃の幅が広がります。

ラリーの中で、
スライスを1本いれるだけで、
ペースを変えることができます。

また、例えばサイドに振られてしまって、
体勢が悪い状態をしのぐためにも
使うことができます。

今回は、テニスのフォアハンドスライスの
打ち方やコツについて
お伝えしていきたいと思います!

フォアハンドスライスのメリットは?

まず、打ち方のことを考える前に、
スライスを使うメリットについて
お話ししたいと思います。

スライスは、
先ほどお話ししたように
逆回転をかけます。

そのため、ボールが途中で失速します。

失速するということは、
滞空時間が長くなるので、
自分に時間を作ることができます。

例えば、振られた時にスライスを使うと
自分が戻る時間を作ることができます。

また、アプローチショットとして
スライスを使って、
そのまま前に出たりすることもできます。

そして、スライスの最大の特徴は、
すーっと滑るように飛んできて、
バウンド後に急にちゅんっと伸びてくるところです。

バウンドが弾まないので、
強打もされにくいですし、
ボールが低いので、下から持ち上げるように
打たなければなりません。

自分から持ち上げるように打たなければ、
ネットしてしまいます。

このように、相手のミスも
誘うことができます。

守備でも攻撃でも、
役に立つショットですので覚えておくと、
試合を有利に展開できます。

フォアハンドスライスの打ち方とコツ①「切る」じゃなく「運ぶ」イメージ

まずスライスは、
スピン系のストロークと比べると、
インパクトの瞬間からそのまま
すーっと真っ直ぐ滑るように飛んで、
バウンド後も同じような軌道になります。

いわゆる切るような
上から下に打つイメージで打ってしまうと、
たしかにスライス回転はかかりますが
伸びずに、浮いてしまったり、
ボールに威力は出ません。

逆に相手のチャンスボールに
なってしまう恐れがあります。

切るというよりも、
がっつりインパクトさせます。

ストロークは、
テイクバックからフォロースルーまでの
一連の流れのイメージが
円や8の字のような動きだと思います。

しかし、それに対してスライスは
テイクバックから最後まで一直線
イメージしてください。

ラケットをセットした状態から
ボールに対してまっすぐに
スイングしましょう。

ストロークの時のように、
インパクト後のフォロースルーを
意識しすぎる必要はありません。

テイクバックからインパクトまでが
勝負です。

スイングの動きとしては、
ラケットの上にボールを乗せて
そのまま打ちたい方向へ
運ぶイメージです。

また、フォアサイドに
大きく追い出された時の
咄嗟の回避方法に使うことができます。

ボールに間に合うかギリギリな時、
思いっきりフォアハンドを伸ばして、
スライスを打ってみてください。

オープンスタンスで滑って近づくと、
やりやすいですよ!

スライスは、
スイングの動きがコンパクトなので
ぎりぎりな状況でも
片手だけでテイクバックしても
バランスが取れます。

また、ボールに滞空時間があるので
自分の体勢を整える余裕も
作ることができます。

フォアハンドスライスの打ち方とコツ②グリップはコンチネンタルグリップで

スライスを打つ際のグリップは、
スピン系のストロークの時とは違います。

グリップは、コンチネンタルグリップと言われる
薄い握り方で打ちましょう。

ラケットフレームを上に向けた状態で、
上から握る包丁握りです。

厚いグリップだと、
スイングしにくいので
薄いグリップで打つことに慣れる練習を
たくさんしましょう。

薄いグリップで、
テイクバックすると自然と
ラケットの面が上を向くはずです。

しかし、スイング中は
あまり面は上向き!ということは
意識せずに、テイクバックから
そのままのラケットの形でまっすぐ打ちます。

インパクトはがつっと厚く当てます。
しかし、その後はすーっとボールを運びましょう。

また、ストロークとグリップが違うということは
打つ前にグリップチェンジを
しなくてはなりません。

最初は、ボールを見て
スライスで打つと決めたらすぐに
薄くグリップチェンジをしたら
良いでしょう。

薄いグリップに慣れてきたら、
フォアハンドストロークのフォームで
テイクバックして、
ぐっとためを作って構えたところで、
後ろで片手でグリップチェンジをしてみましょう。

空中でラケットを持ち替えます。笑

そして、スライスを打ちます。
相手はスピン系のボールがくると
思っているので、
とても効果的なフェイントになります。

もっと応用させると、
ここでドロップショットを打つのも
効果的です!

もうこの時点で、
スライスを習得するだけで
テニスの幅が広がることを
お分りいただけると思います。

まずは薄いグリップでスライスを
打つことに慣れるところから
始めてみましょう。

フォアハンドスライスの打ち方とコツ③肩の高さから打ちたい方向へ押し出す

まっすぐに当てる、
スイングは運ぶように、
とは言っても具体的にどうするべきかを
お話ししていきます。

まず、テイクバックは
肩を支点に、肩の高さにテイクバックします。
後ろに引く必要はありません。
顔の横あたりに、
ぱっとラケットをセットします。

そこから打ちたい方向へ向かって
水平にラケットを押し出すイメージです。

そして、インパクト直後は
ボールの下をえぐりながら
ラケットに乗せて運ぶようなスイングをすると
ボールは前にすーっと伸びていくはずです。

ここで、だらっと前に
フォロースルーをする必要はありません。

またテイクバックは、
インパクトの面を作って、
そのままセットして準備するだけです。

プロのスライスを見ていたら、
かなり大きい動きに見えますが、
インパクトのタイミングや
面の形が完成されているから
できることです。

スライスのグリップや、面の形、
インパクトまでのラケットの動かし方などを
覚えるまでは、シンプルなフォームを意識しましょう。

私は、
テイクバックからインパクトまでの流れと
インパクトの面の形で
スライスは決まると考えています。

面の向きが、上を向き過ぎていると
ボールは上に上がります。

スライスのロブを打ちたいときは、
それで大丈夫ですが、
意図しないところで浮いてしまうと
チャンスボールになるので注意しましょう。

スライスのロブは、
ふわっと上がって、失速するので
滞空時間が長いのに、急速に落下するので
返すのが少し難しいです。

ダブルスの時に使えるといいですね。

こちらの動画でも、
フォアハンドでのスライスについて
解説されているので、
よかったら参考にしてみてください。

テニスのフォアハンドスライスのコツ3つ!勝つための必須技術とは?まとめ

1.スライスは切らない。滑らせる
2.グリップは薄く、包丁握り(コンチネンタル)
3.肩の高さから、打ちたい方向へ押し出す

以上3点が
私が考えるテニスのフォアハンド
スライスのコツになります。

スライスは本当に便利で、
試合でも多用します。

ストロークが何してもコートに入らない…
調子が悪い…なんて時にも
助けてくれるのがスライスです。笑

相手もスライスは返しにくいので、
強打されません!

ぜひスライスを使って、
ポイントを取るためのパターンを
組み立ててみてくださいね(・▽・)!

おすすめの記事