テニス ワイパースイング 打ち方 コツ

どうも、タコちゃんです(・▽・)

みなさんはワイパースイングと聞いて、
どのようなスイングを想像しますか?

「車のワイパーみたいな感じ…?」

…正解です‼︎

「人をひっぱたくような感じ…‼︎」

それも正解です‼︎

どちらをイメージするかはお任せします…。
どちらにしても、扇状にラケットが動く
スイングのことです。

ワイパースイングの定義はないのですが、
「肩や肘、前腕を内側に回す動作と同時に、
ラケットを立てるように振り抜くスイング」
というような説明ができます。

言葉にすると難しいし、
知らない方はイメージがしにくいですね…!

動画でワイパースイングを見てみましょう!
ワイパースイングのお手本、ナダル選手です!
スロー動画ですので、見やすいですよ♪

スローで見ても、惚れ惚れとする
ワイパースイングですね!
こんなワイパースイングが打てたら
かっこいいですよね…。

「ワイパースイング」をだいぶ連呼しましたが、
ワイパースイングってそんなに素晴らしいものなの?
このワイパースイングって、私にも打てるの…⁉︎
そんな疑問が浮かんできますね。

今日はワイパースイングの基本から応用まで、
とことん掘り下げてお伝えしますね!
この記事を読み終える頃には、
ワイパースイングが打ちたくて仕方なく
なっているはずです!

まずはワイパースイングのいいところ3つ

ワイパースイングにはどんな
いいところがあるのか?
まずは利点を理解したいですよね!
では、みてみましょう!

ワイパースイングはスピンをかけられる!

これに限ります!
「ワイパースイングの何がすごいの?」
って聞かれたら、
「スピンがすごくかかるんだよ!」
これが答えです!

通常の後ろから前へのスイング、
という軌道に加えて、
(右利きの場合)右から左へ、
という軌道が加わり
スピンをかける量が増します。

そのスピンの量から、
球が横に平たく見える
「エッグボール」になるというのは
有名な話ですね!

どうしてそんなにスピンが
重要かというと、
現代のラケットは昔に比べて
反発力が出やすくなっており、
球が非常に飛びやすいんです。

なので、ただ力をこめて打っただけでは
ボールはアウトしてしまいます。

しかし、力の使う先を
スピンをかけることに使うと
アウトもしないし、球の威力も増す、と
いい事づくめなのです!

なので、スピンがたくさんかけられる
ワイパースイングが重要視されるんですね。

ワイパースイングは体力を消耗しない!

ワイパースイングは大変コンパクトに
打ちます。

通常のストロークだと、
後ろから前へ、弧を描くように
スイングをしますね。

ですが、ワイパースイングでは、
インパクト(ボールがラケットに当たる瞬間)
の後にすぐラケットを立てるように
振り抜きます!

大振りせず、コンパクトに打つことで
ストロークにかかる体力を
節約することができるんです!

みなさんはプロの試合を生で見たことが
ありますか?
プロの選手は、それはもう驚くくらい
コンパクトに打ちます。
スイングしているの⁉︎ と思うくらいです。

ワイパースイングで次の動作に移りやすくなる!

そして通常のスイングよりコンパクト、
ということは、
スイングにかかる時間も短くなります。

これは大きなメリットですね!
スイング時間が短縮するということは
次の動作に移りやすくなる、ということです。

ワイパースイングの打ち方とコツ3つ!

ではでは、
ワイパースイングの良いところが
理解できたところで、
早速打ち方を見ていきましょう。

ちょっとお聞きしたいのですが、
プロの打ち方を真似して
ワイパースイングをしてみた方…
最初にボール、飛びましたか⁉︎

私はカッスカスな当たりで
正直ネット前でボールがバウンドする程
飛ばなかったです!

飛んだよ! という方は
テニスのセンスの塊か、
錦織選手だと思うので、
ページをそっと閉じてください…。

でも私と同じく、飛びにくかった!
という方が大多数だと信じて、
ワイパースイングが打てるようになる
ポイントをお伝えするので、
ぜひ、そのまま読んで下さい!

ワイパースイングの打ち方とコツ①
オープンスタンスで打つ!

足を前に踏み込んでスイングする
ストロークは、クローズドスタンスと
いいます。

オープンスタンスとは文字通り、
ストロークのときの足の位置が
ベースラインと並行に近い感じに
なっている打ち方です。

右利きの方で言うと、
左足は自然と前を向き、
右足はベースラインと平行方向に外側を
向きます。
体全体は前を向きます。

ワイパースイングは
右から左へ動かすスイングです。
なので、オープンスタンスで
体幹をひねる動作をするだけで
自然と右から左へとスイングができます!

ワイパースイングを打つコツとして、
実は「自然に」というのが
大きなポイントなんです。

腕でワイパーのようにスイングを!
と力むと、昔の私のように
スッカスカな球の出来上がりです…

「自然と」ラケットが
ワイパーのような弧を描くために、
オープンスタンスで体を正面に開き、
右から左にラケットを振れる体勢を
作ることが、成功するコツの一つです。

ワイパースイングの打ち方とコツ②
ラケットを上へ振り上げる!

ワイパースイングなのだから、
ラケットを右から左へ、
横に振るのでは? と思いますよね。

ですが、右から左へ振ると、
いわゆる「やりすぎ」になるのです。
右から左にラケットをスイングと
腕だけが頑張ることになってしまいます。

下から上へ振り上げる意識に
オープンスタンスの体の捻転が加わると
自然とワイパースイングの形ができます。

ですので、ラケットの動かし方としては
上へ振り上げる意識だけで良いのです!

ワイパースイングの打ち方とコツ③
最後にプロネーションを加えればOK!

プロネーションとは、
前腕を内側に回す動作(回内)で、
ストローク終わりに自然と出来るとされる
ものです。
球に威力を出すことができます。

先程のラケットを下から上へ
振り上げる動作の仕上げとして、
プロネーションを意識することで
ボールを前へ押し出し、
さらに最後に回転も加えることができます。

このプロネーションが出来ていないと
球は飛んでいかないので、
注意が必要ですね!

テニスのワイパースイングの打ち方とコツ!
意外と簡単で超便利! まとめ

ワイパースイングについて、
理解は深まりましたか?
最後にまとめをのせますね!

・ワイパースイングとは、ラケットが扇状に
動くスイングのこと
・ワイパースイングはスピンを沢山かけられる!
・オープンスタンスでラケットを上に振り抜く!
・プロネーションを使うのがコツ!

いきなり実践が出来るのかな?
と思った方は、
手での球出し、少し離れたところからの球出し、
ネットの向こう側からの球出し、
と段階を踏んで練習してみてくださいね(・▽・)♪

おすすめの記事