テニス フォアハンド トップスピン 打ち方 コツ

どうも、タコちゃんです(・▽・)

トップスピンを意識して!

なんてコーチに
言われることはありませんか?

イメージするのは、
プロ選手みたいなぐりぐりとした球…。

一見、初心者でも打てるのかな?
と不安になりますよね。

大丈夫!
実はコツを掴めば簡単に打てるんです!

私の実体験も交えながらまとめてみました!

トップスピンってどんな球?

テニスにおけるトップスピンとは、
「ボールに順回転をさせ、
相手のコートで大きくバウンドさせる方法」
のことです。

フォアハンドトップスピンの代表格、
ナダル選手を見てみましょう。

ものすごいスピン量と落ち方ですね!

やっぱり、
ぐりぐりとスピンをかけないと、
トップスピンって言えないのかな?

と思ったあなた。

私も、下から上にこする
イメージを持っていました。

実はテニスでは、
基本的なストロークで打つと
トップスピンになる、
と言われています。
そう、すでにあなたの球は
トップスピンなのです!

なぜかというと、
テニスのフォアハンドストロークは
下から上へと擦り上げますよね?

これだけでスピンはかかっており、
順回転で相手のコートへ
飛んでいっているのです。

強くスピンをかけると、
トップスピンの球の本領発揮です!

・回転が多くボールが早く沈み込むため、アウトをしにくい
・ボールが跳ねると、推進力が加速する

つまり、
「ボールが伸びていく」
「ボールが重い」のです。

これは、試合でも使える球種ですね!
現にプロテニスプレーヤーは
よく使っています。

でも、どうやったらうまく
フォアハンドのトップスピンが打てるのか?

次は実践的な話にうつりましょう!

フォアハンドのトップスピンの打ち方とコツ!効果的にスピンをかけよう!

トップスピンをかけるには、
ラケットを下から上に振る
イメージが大切です。

もちろん、ラケットだけでなく
体の使い方も大切です。

右利きの方のフォアハンドを想定して、
パートに分けてコツを見ていきましょう。

トップスピンの打ち方とコツ①まずはグリップ編

グリップを薄く握っている人は、
まずグリップを
厚めに持ち替えてみましょう!

薄いグリップだと
上下のラケットの動きがなく、
回転の無いフラット気味の
球になってしまうからです。

そしてグリップが厚くなるほど、
ラケットのヘッドの重さを感じられます。

そうすると自然とラケットが下がり、
下から上へと振ることができるのです。

ちなみに、
トップスピンを打ちやすいと銘打っている
ラケットも売っていますね。

これは、ガットが
縦に動きやすくなっているため、
トップスピンがかかりやすい
仕様になっています。

トップスピンの打ち方とコツ②上半身の使い方編

まずは
素晴らしい上半身の使い方をしている
フェデラー選手の動画をご覧ください。


リラックスして
ラケットを振っていますね!

最初に注意しておきたいのは、
トップスピンをかけよう!と、
手にガチガチと
力が入ってしまうことです。
私は試合でこの状態によくなります!

力が入ると大きく
ラケットを振ることが出来ず、
スイングのスピードが出なくなります。

するとどうなるか。

スピンはかかっても、
ボールが飛んでいかないのです。

相手にとって絶好球となってしまいます。

まずは、上半身は脱力しましょう!

さぁ打つぞ!と肩に力が入ると、
それだけで
構えるラケットの位置が上がり、
スイングの幅が狭くなってしまいます。

上半身が脱力したら、手首も脱力です!
すると、体をひねった時の骨盤の動きに
上半身が自然とついてきて、
これだけで
トップスピンがかかりやすくなります!

トップスピンの打ち方とコツ③ 土台を作ろう!下半身も大事編

上半身を脱力できたら、次は下半身です!

上半身をこれだけ
ぐるんと回すのですから、
土台がしっかりしていないと、
体がフラフラと振られてしまいますね!

まずは、ボールの打点に入りましょう。

打点に移動したら、
右足の軸足(後ろ側の足)に
体重をかけます。

軸足を決めたら、
肩幅よりやや広いスタンスで
左足でステップインと同時に打ちます。

あれ?
これっていつものステップと一緒では?

そうです。

意識しないで打つ時も、
このステップですね。

トップスピンでプラスするのは、
上下の動きです。

ボールよりも目線が下にあるのでは?

と思うほど、
膝を曲げて体を低い位置に構えます!

そして、ラケットを振ると同時に
膝をななめ前に送り出すイメージで、
体を伸ばします!

足の運び方が参考になります。
ナダル選手のスローモーション動画です。


膝もよく上下に動いていますね。

トップスピンの打ち方とコツ④ スイング編

ここまできたら、
あとはラケットを振るだけです!

とはいえ、
インパクトの瞬間にスピンをかけたい…!

最後まで
トップスピンにこだわりましょう!

インパクトの瞬間は、
ラケットはボールに対して
フラットに入りましょう。

でないとボールが飛びませんからね。

ということは、
縦の動きでスピンをかけます。

気持ち、ボール3個分くらい
押し出すイメージ
でインパクトします。

それだけで十分です。

大きくスイングするので、
ラケットの勢いは相当なものです。

この勢いは止めなくてよいのです。

上方へ鋭く抜けていくように
振り抜きます!

右肘が顔の前にきて、
ラケットの先端は
左肩を追い越すくらいまで
振り切りましょう。

フェデラー選手の
ラケットの振り抜きっぷり、
参考になります!


スタンスはオープンなので、
腕の振り抜きに注目してくださいね!

こんなに綺麗なフォームで
打てたらいいですね〜!

トップスピンはいつ使ったら効果的?

私が初心者の頃は、
安定してラリーをする時に使っていました。

ネットにかけないように大きく打てば、
アウトすることもなく、
コート内に入ります。

試合に出る中級者になると、
ボールを深く返し、
相手が浅いボールに
なったところを攻めます。

これ、実はナダル選手が
得意とする戦法なんです!

応用が効くショットなんですね。

上級者になると、
どの球種も思いのままに操れるように。

フラットやスライスに混ぜて、
球速やバウンドを変化させて、
相手の浅いボールや
ミスにつなげることが可能です。

また、トップスピンロブで
相手の頭上を抜くこともできます。

ダブルスで使うと、
普通のロブより球速が早いので
エースが取れる確率が高いです!

このトップスピンだけでも、
何度も試合に勝てました!

テニスのフォアハンドトップスピンの打ち方とコツまとめ

・トップスピンとは、回転量が多く、バウンド後に跳ねていく
・脱力して、体は低い位置から、面は厚く打とう!
・最後は思い切り振り抜こう!
・トップスピンを深く打つと、試合で有利!

トップスピンが使えると、
試合をとても
有利に進めることができます!

簡単だけど奥深い
フォアハンドのトップスピンを
ぜひマスターしましょう!(・▽・)

おすすめの記事