テニスのフォアハンドスタンスを決めておいたほうがいい理由とは?

どうも、タコちゃんです(・▽・)

みなさん、テニスを楽しんでいますか?

レッスンや試合を重ねていく中で、
自分のテニス、自分のプレースタイルが
徐々に固まってきたのではないでしょうか?

では突然ですが、テニスのプレースタイルが
決まってきた方は、自分のフォアハンドの
スタンスが決まっている! と言える方はいますか?

フォアハンドのスタンス?
それって決まっていた方がいいの?
なんとなくで打っただけじゃ駄目なの?
と、思う方もいますよね。

そうなんです!
結論からお伝えすると、
自分のフォアハンドのスタンスというのは
決まっていた方が、断然いいんです!

今回は、フォアハンドのスタンスを
決めていた方がいい理由について、
みなさんにお伝えをしていきますね!

どうしてスタンスを決めた方がいいの?

スタンスには種類があるのはご存知ですか?
オープンスタンスとクローズドスタンスです!

クローズドスタンスは、テニスの基本で
初心者の時からみなさん練習をしていますね。

オープンスタンスはちょっと上級者の
イメージでしょうか?
でも、こちらも簡単に出来るんですよ!

クローズドスタンスとオープンスタンスでは
それぞれに利点があるので、
実際は使い分けられることが理想です!

どの場面で、どちらのスタンスを使うかは
後ほど説明しますね!

ここではどうしてスタンスをあらかじめ
決めておいた方が良いか、説明します。

テニスの動作の中で、
ストロークをするにあたり、
一番最初の動作は打点に入ることですね!

考えてみると、打点に入る時に、
スタンスはもうどちらかに決まっていませんか?

逆に、このスタンスが決まらないと、
ストロークの動作には入れません。
「どちらのスタンスで打とう? 」と
悩む少しの時間でボールへの対応が遅れます。

なので、このボールが来た時はこのスタンス!
こんな場面ではこのスタンス!
とあらかじめ決めておくことが、
スムーズなストロークへの鍵となります。

それは自分のテニスのプレースタイルにも
繋がりますね!

では、クローズドスタンスとオープンスタンスの
使い分けについて、次の項目で触れていきますね。

クローズドスタンスの使い方

まずはクローズドスタンスとは何か、
説明していきますね。

クローズドスタンスとは、
ネットに対して体が横向きになります。
足を前後に置き、前後の足を結んだ線が
ネットやベースラインと90度になります。

杉田選手のクローズドスタンスです。

足を前方に踏み込んで、
前後の体重移動で打っていくスタンスです。
テニスの初心者の方は、まずこの
クローズドスタンスから入っていったと思います。

なぜ初心者の方がクローズドスタンスから
習うかというと、クローズドスタンスは
体の捻転する力と前後の推進力で
バランスの良いパワーの使い方が出来るからです。

初心者の方向けのスタンスなんです。

ですが、今のテニスでは、
クローズドスタンスは時代遅れ!
という方もいるんです。

今のテニスの主流は、体を捻転(ひねる、回転)
して打っていくので、
クローズドスタンスだと体の捻転が
足りないと考えるんですね。

とはいえ、まだまだクローズドスタンスを
使っている方も多いです。
バックハンドストロークで使っている方が
多いのではないでしょうか?

クローズドスタンスの使いどころ
クローズドスタンスは、前後の推進力を原動にして
パワーを発揮しています。
打ち終わりには前方向、つまりネットの方へ
動く力が働いているため、クローズドスタンスは
前へ詰めていく時に効率よく力を使えると言えます!

そして何より、
クローズドスタンスはパワーショットに向いています。

体が回転する力と前への推進力がパワーになり、
体重をうまく乗せるとパワーショットを打つことが
出来ます!

なので、ここで強く打ちたい! というときは、
クローズドスタンスで迷わず打ち込んでいきましょう!

オープンスタンスの使いどころ

次に、オープンスタンスとは何か、から
説明していきますね!

オープンスタンスとは、両足がベースラインと
平行の位置にあり、体がネットに対して正面を
向きます。
体は正面を向いたまま、体の回転する力を使い
ショットを打っていきます。

錦織選手のオープンスタンスを見てみましょう!

よく体が回っていますね!
オープンスタンスではこのような力の使い方をします。

体の回転力だけでボールを打っていくので、
クローズドスタンスと比較すると、
ボールに威力が出にくいです。

ですが、
オープンスタンスは現代のテニスを
する上で欠かせないスタイルであると
言われています。

なぜでしょうか?

オープンスタンスは全体的に守りのスタンスです。

少し差し込まれても、強打をしなければ、
打ち返すことができるからです。

そしてオープンスタンスを打つ一番のオススメは、
ズバリ走らされた時です!

サイドまで走ってオープンスタンスで打ち返すと、
センターまで戻る動作がとてもスムーズです。

ジョコビッチ選手などは、オープンスタンスと
スライスを組み合わせて、どんな球でも拾って
いますよね!

オープンスタンスは、もちろん攻撃にも使えます!
その代表がライジングショットです!

早いテンポで打っていくことにより、攻撃的な
テニスになります!

セミオープンスタンスっていうものもあります。

最近はセミオープンスタンスという流行りもあり、
オープンスタンスから少し踏み込んでいく
プロ選手も見られます。

オープンスタンスによる守りに加え、攻撃面を
強化したものです。

錦織選手も最近はセミオープンスタンスですね。

テニスのフォアハンドスタンスを決めておいたほうがいい理由とは?まとめ

クローズドスタンスやオープンスタンス、はては
セミオープンスタンスまで!

それぞれに特徴がありましたね。
それではまとめです!

・場面ごとのスタンスを決めておくことによって、
スムーズなストロークが可能になる
・クローズドスタンスはネットに詰めたり、
パワーショットを打つ時に使う!
・オープンスタンスは守りのスタンス!
でも守りだけでなくライジングショットにも向いている。
・セミオープンスタンスという、守りと攻撃を
両立したスタンスも流行ってきている!

どの場面でどのスタンスを使うと良いか、
参考になりましたか?

自分のスタンスを決めて、一段上のプレースタイルを
身につけましょう(・▽・)!

おすすめの記事