テニス フォアハンド 振り遅れ

どうも、タコちゃんです(・▽・)

みなさんは、自分の1番良い
打点の位置は分かっていますか?

1番良い打点というのは、
力がしっかりと入って
ラケットが相手の打ったボールに
押し負けない位置のことを言います。

テニスにおいて、
1ミリも全く同じ打点で打つことは
不可能ですが、
少しでもベストな位置で打つことができるように
フォームを意識したりするはずです。

しかし、相手と
ストロークラリーをしている時、
思わず振り遅れてしまって
ミスに繋がることって、あると思います。

単に「振り遅れのミス」といっても
相手のボールの勢いに押されてしまったのか、
自分の準備が遅れてしまっただけなのか、
原因もさまざまだと思います。

自分はどういったことが原因で
ミスしてしまったのか、ということも
合わせて考えていきましょう。

そういった振り遅れによるミスをした時に、
打点やフォームを修正するために
意識するポイントを
今回はフォアハンドに重点を置いて
お伝えします。

フォアハンドの振り遅れを無くす方法①
打点は体の前

「振り遅れ」ということは、
打点が通常のベストな打点よりも
後ろになっているということです。

インパクトの瞬間が体の真横あたりでも、
振り遅れてしまっています。

本来の力が1番入りやすい打点というのは、
あなたが思っている以上に
体のかなり前の方です。

右利きの方なら、
右肘を軽く曲げて、右肩が左肩よりも
ぐっと前に出るイメージ
です。

そして、インパクトの瞬間を
ガット越しに見ることができるくらい
でボールをとらえます。

このフォームは、
よく雑誌などで写真に撮られている
プロのインパクトの瞬間のフォームに
見られると思います。

実際に自分がやってみると
相当前で打たなければ、
ガット越しにインパクトの瞬間なんて
見ることができません。

しかし、打点を前にすることで
押し負けずに、ボールに力が
伝わりやすくなるのです。

さらにこの体勢で、
ボールの勢いに押し負けないためには
どっしりと足を地面につけ、
腰を落として構えなければなりません。

そして、後ろから前へと
体重がしっかりと乗った
重たいボールを打ち返すことができます。

じゃあ、どうしたら打点は前になるのか…

体の前でインパクトするための準備については
この後でご説明します!

フォアハンドの振り遅れを無くす方法②
テイクバックはコンパクトに

振り遅れないための準備として、
まず打つ直前の「テイクバック」も
意識してみましょう。

みなさんは
「強いボールを打とう」と思って
テイクバックを大きく大きく
振りかぶってはいませんか?

テニスでは、
大きくテイクバックをして、
助走をつけたからといって、
ナイスショットになるわけではありません。

テニスは体重移動で打ちますし、
ボールが来るまでの時間がとても短いので、
野球のピッチャーやゴルフのように
テイクバックを大きくする必要はありません。

テイクバックは極力小さく、
コンパクトにするようにしましょう。

顔の横あたりに、
相手が打った瞬間に、ぱっと
置くだけでいいのです。

右利きの方は、
左手を添えて顔の横あたり
ぱっとラケットを引くと
引きすぎ防止になります。

ラケットを「引く」というよりは
顔の横に「置く」イメージです。

常に自分の目から見える範囲内に
ラケットがあるようにします。

相手が打った瞬間にテイクバックし、
遅くても移動しながら
テイクバックするようにします。

ボールがバウンドする時には
スイングし始められるように
早め早めの準備が大切になります。

テイクバックを小さくすることで、
相手が速いボールを打ったとしても
対応しやすくなるでしょう。

ぜひシンプルなフォームを
意識してみてください。

私が思う「シンプルなフォーム」といえば、
伊達公子選手です。

伊達選手は、顔の横ではなく、
スイングの途中のような
ラケットの面を下に向けた状態で
テイクバックします。

とても時短で、
理にかなっているフォームだな、と
思っていました。笑

こちらも伊達選手の練習動画を載せておきますので、
よかったらご参考にしてください。

そして、フォロースルーは
体重移動に合わせて、
ラケットを放り投げるように
前に大きくしましょう。

しっかりと体の前でインパクトし、
大きくスイングができたら、
回転もちゃんとかかり、
コートの中にボールが落ちてくれます。

重たくて、回転がかかったボールは
相手からしたら、
とても打ち返しにくいはずです。

フォアハンドの振り遅れを無くす方法③
ポイント中は絶対に足を止めない

テニスは足をとても使います。
フットワークで、
とてもプレーが変わります。

べたっと地面に足をつけたままの状態から
急に走りだすことは難しいですし、
動き始めの遅れが結果として、
準備が間に合わずに、
振り遅れている可能性だってあります。

常に足を動かして、
ボールとの距離感を考えましょう。

小さなステップで
ボールとの距離を微調整しながら、
自分にとってのベストな打点を探して、
覚えていきましょう。

体の前でインパクトできるように、
ボールの後ろに入ります。

ボールがバウンドした後の
跳ね方や切れ方なども予測して、
自分からボールに合わせて
動く必要があります。

予測できるようになるには、
いろいろなボールに慣れて、
たくさんボールを打つ経験を重ねて、
体が覚えるしかありません。

球数をこなすことで、
意識しなくても、体が勝手に反応して
移動できるようになります。

移動を速くすることで、
距離感の微調整などの準備を
しっかりとすることができます。

良いボールを打つには、良い打点。
良い打点で打つには、良い準備です!

私は、ポイントとポイントの間の20秒間も
足を止めないように意識していました。

ゆっくり歩くだけでも
気持ちが落ち着きますし、
何よりも足を止めてしまうと
次のポイントで最初から全力で動けないような
気がしていました。笑

フットワークはそれだけ
自分のショットに影響すると考えています。

こちらの動画にて、
さらに振り遅れの原因解明や対処法を
紹介されていますので、
よかったらぜひご覧ください。

テニスのフォアハンドの振り遅れをなくして
ミスを激減させるコツ3つ まとめ

1.インパクトは体の前で
2.テイクバックはコンパクトに、シンプルに
3.ポイント中は足をいっぱい動かす

以上3つが、
テニスのフォアハンドが
振り遅れてしまい、修正する際に
意識するポイントになります。

振り遅れによるミスは
もったいないので、
自分の意識で試合中でも
修正ができるようになるといいですね。

また、自分で
「今のショットは少し打点が後ろだったな」
と気づくことができるようになりましょう。

そうすると、
試合で1人の状況でも
自分で立て直していけるはずです。
(ダブルスでも、自分が打つ瞬間は
パートナーは見られませんからね。笑)

みなさんもこれからは
振り遅れによるミスをなくして、
ラリーを制しましょう!(・▽・)

おすすめの記事