テニス フォアハンド フラット 打ち方 コツ

どうも、タコちゃんです(・▽・)

みなさんの打っている球は、
スピンでしょうか?
フラットでしょうか?

私は昔はフラット、
今はゴリゴリのスピンです。笑

というのも、習い始めの時は
みなさんフラットから始めますよね。
少し打てるようになったころに、
あれ? 上級者の球質が違う…? と、
気づき始めたんです。

そして、スピンかっこいい!
上級者はスピン!
スピン打ちたい!
と思い込み、現在に至ったわけです。

ですが先日、ナダル選手の
試合を観ていたら、
あれ? フラットのボールを打ってる…!

錦織くんも、ライジングは
フラットで打ってるよね…?

あれ、上級者はスピンという
私の憧れと定説はどこへ?
と、天と地がひっくり返りました!

レッスンでコーチに確認したところ、
「今はラケットが有能でスピンが
かかりやすいので、フラットな
ショットも主流になりつつありますよ^ ^」
…そうなの⁉︎

こりゃ、一周回って
フラットへ原点回帰なのか…!
というわけで…。

流行りに乗り遅れた方が
他にもいらっしゃると信じ、
今日は初心者から上級者まで使える、
フォアハンドのフラットについて
お伝えしていきます!

フラットの球ってどんな球?

フラットの球について、
あらためておさらいしてみましょう!

フラットの球とは、
回転数と推進力が両立している
のことを言います。

ここで、あれ? と、思う方も
いるかもしれませんが、
フラットの球だからといって
回転がかかっていないわけでは
ないのです。

フラットの球は
スクエアスタンスで打つことが
多いのですが、
そうするとボールに順回転の
回転が自然とかかります。

スピンの球との違いは、
推進力があるということです。

ラケットの面で厚く捉えるので、
押す力が加わり、
バウンドした後も跳ねていきます。

フラットの球のメリット

初心者の方は、まずこの
フラットの球から練習していきましょう!

ラケットの面で厚く捉えることで
打球感とボールの距離感を
つかむことができますし、
フラットの球は安定しており
ラリーにも向いています。

また今後、スピンやスライスなどの
ほかの球種にも移行していきやすく
なります。

上級者の方は、
スイングスピードを上げて
打ち抜いていけますね!
フラットの球は推進力があり、
速く、重い球が打てます。

すると、早い展開のテニスができ、
相手が構えたり、定位置に戻る時間を
奪うことができます。
フラットの球を使うと、
攻撃的なテニスができるんです!

これはフラットの球の
最大のメリットです!

フラットの球のデメリット

初級者の方は、
スイングスピードがあまり出ず、
フラットの球の威力は
思ったほど出ないかもしれません。

また、スピードが出ても
アウトする確率が高くなります。

まずは面で確実に捉えるように
練習していきましょう!

上級者になればなるほど、
スイングスピードが上がり、
ボールとラケットが触れている
時間が少なくなります。

そうなると、
コースのコントロールが
難しくなってくるのです。

このことを補うために、
下半身をうまく使い、
思ったコースに打てるよう
抑えていきましょう。

フラットショットの打ち方とコツ!

綺麗なフォームで
フォアハンドのフラットの球を
打っている方がいましたので
ご覧ください!

なんとなくフォームのイメージが
つかめましたか?

それでは、
フラットの球を打つための
打ち方とコツを見ていきましょう!

フラットの打ち方とコツ①打点とテイクバックは高めの位置!

フラットショットは
平行したスイングで
打っていきたいショットです。

平行に打つことにより、
スピンの回転量を
抑えることができます。

なのでテイクバックは、
ボールの高さに合わせて

肩を引くようにしましょう!
体幹も合わせてひねると、
推進力が増します!

ボールの高さに合わせて…と
いっても、難しい! という方は、
肩の高さに合わせて
引くといいですよ!

フラットの打ち方とコツ②インパクトは芯でとらえて弾く!

初心者の方は、まずは
ラケットの芯でボールを捉える
練習をしましょう!
スイートスポットと呼ばれる場所に
当てるのです!

スイートスポットとは、
ラケットの面の中でボールが最も
よく飛ぶ場所とその周辺のことを
いいます。

このスイートスポットに当てると
ボールの威力が格段に上がります!

うまく当たると、
インパクト時の衝撃が
かなり軽減するので
分かりやすいです。

初心者の方は
最初は丁寧に打っていきましょう!
インパクトの後に、ボール2.3個分を
押し出すイメージで振る
と良いですよ。

腕もゆったりと大きく振ります。
球のスピードは上がりませんが、
最初は運ぶイメージで大丈夫です。

腕だけでなく、体幹も一緒に
ひねると更に良いです。

上級者の方は、
このスイートスポットに当て、
さらに弾くようにボールを
飛ばしましょう!

スピンをかけないので、
ラケット面に多く触れさせる
必要はありません。

ボールの長さとコースを
確認した上で、
強く弾き飛ばしましょう!

スイングスピードは
必然的に上がっていきます。
スイングはコンパクトに、
肘をたたむとスピードが出やすいです。

スピードを出すと
体幹がぐらつきやすいので、
フォロースルーの後の
体幹のブレも意識すると、
ボールのコースも安定しますよ!

フラットショットで注意すること!

フラットショットは長さ、
コースともにアウトしやすいので
注意しましょう!

長さに関しては、
ボールが浮かないように、
ラケットの面が上を向きすぎないよう
注意をします。

サイドアウトに関しては、
体幹がぐらつかないよう、
フォロースルーの後の体勢に
注意をします。

つまり、フラットショットの
ミスが続くときは、
ラケットの面と体のブレを
見直すこと
が大事なんですね!

【テニス】攻撃的なフォアハンド フラットショットを極める! まとめ

フラットショットについて、
理解は深まりましたか?
それでは、まとめです!

・フラットの球とは、回転数と
推進力が両立している球をいう
・フラットの球は安定して打てる反面、
攻撃的なテニスにも使える
・打点とテイクバックの位置は高めで!
・インパクトは芯で捉えて弾く!
・フラットショットは長さ、サイド共に
アウトしやすいので注意する!
・フォロースルー後の体のブレが無い
ように意識すると失敗しにくい

フラットショットは初心者の方から
上級者の方まで、
幅広く使える打ち方です。

ぜひ、マスターして
自分のテニスに取り入れてくださいね(・▽・)

おすすめの記事