テニスのフォアハンドドライブショットの打ち方とコツを徹底攻略!

どうも、タコちゃんです(・▽・)

突然ですが、みなさんは
テニスのドライブと聞いてピンと
きますか…?

車のドライブでは
ありませんよ(*・ω・)

レトロな人間の私は、
ドライブって何だろう?
すごくスピードが出るイメージの球?
と、うろたえました。

では、フラットの球というと
分かるでしょうか?

最近はフラットドライブと
表現されることもあるそうです。

ドライブショットを打つ
代表格の選手といえば
ナダル選手ですね!
ナダル選手の動画を見てみましょう!

非常に伸びのあるボールですね。

この動画を見てわかる通り、
ドライブショットとは、
回転量が少なく、
直線的に飛ぶボールのことを
いいます。

トップスピンと逆の性質を持つ
ボールと理解しましょう!

トップスピンに光が当たる
今日ですが、
攻撃的なテニスをしていくには、
フォアハンドの
ドライブショットが不可欠です!

ひとつランクが上のテニスを
するために、
今日はドライブショットを
マスターするための
打ち方とコツを学んでいきましょう!

ドライブショットの特性を理解する!

まだ少しドライブショットが
分かりにくい…という方のために
もう少し、ドライブショットに
ついて説明していきます。

ドライブショットは直線的な
ボールであるとお伝えしました。

回転があまりかかっていない、
つまり当たりが厚い
言い換えることができます。

厚い当たりとは、
ボールを真正面から
ラケットで受けるような当たり
をいいます。

ラケットは地面と垂直に
なるように、飛んできた球に
当てていきます。

そのままだと、
回転がかからずに、
アウトしてしまいそうですよね。

ですが、スピンがかかって
いないからアウトしてしまう
訳ではないのです。

ここは私も
誤解していたところです。

実はトップスピンが
かかっていなくても、
ちゃんと落ちるように
なっているんです。

それをマグナス効果
いいます。
初耳の方もいるかもしれません。

トップスピンだと
このマグナス効果は
顕著に表れるんですが、
ドライブショットでも発揮
されています。

マグナス効果とは、
回転をかけることにより
自然とその回転がかかる方向へ
ボールが引っ張られていく
現象
をいいます。

ドライブショットは
回転がかかっていないのでは?
と、疑問に思われるかも
しれません。

ですが、スクエアスタンスで
(ちゃんと構えて打つ打ち方)
打つ以上、順回転は自然と
かかっています。

加えて、ドライブショットのように
威力のある球=推進力が
加わることにより、
更に回転の特性に拍車がかかり
自然と球は下へ落ちていくことになります。

トップスピンと比較すると
落ちるタイミングは遅くなるので
ベースライン付近で落ちると
思っていると良いかもしれません。
要は長く伸びる球と言えます。

ドライブショットの打ち方とコツ4つ!

それでは、ドライブショットは
どのように打つのでしょうか?
コツを見ていきましょう!

ドライブショットの打ち方とコツ①ラケットを地面と垂直にする!

ドライブショットを打つための
大きなコツは、
ラケットの当たりを厚くする
ことです!

そのためには、ラケットが
真正面からボールをとらえる
必要があります。

ボールの軌道をしっかりと見て
インパクトの瞬間を意識
しましょう。

自分のラケットがインパクトの
瞬間に地面に対して垂直に
なっているかは、
ドライブショットを想定して
素振りをしてみましょう。

インパクトの瞬間でラケットを
止めて、ラケットの面が垂直に
なっているか確認をします。

また、面の向きを意識する時は
手のひらを意識すると良いとも
言いますね。

インパクトの瞬間が垂直に
なっていることを確認したら、
自分の手のひらの角度も
確認しておきましょう。

自分の体の使い方を確認
することで、
ドライブショットの感覚を
頭と体にインプットしましょう。

ドライブショットの打ち方とコツ②打点は上&真横で捉える!

打点はなるべく上の方で
捉えるようにしましょう!

打点が下の方になってしまうと、
下から上にこすりあげる、
スピンのボールになってしまいます。

ドライブショットは
ボールのスピードを出したいので、
スピンの回転量は抑えましょう。

打点を上にすると、
自然とラケットも
地面と垂直になります。

また、打点の前後は
真横で捉えるようにしましょう。

後ろだとスピン量が足りず、
前すぎるとスピンがかかりすぎます。

真横でボールを捉えることにより、
ラケットも地面に対して垂直に
なりやすいですし、
ボールとラケットが接する時間が
長くなり、押し出すことができます。

押し出す力が働くと、
更にボールに威力を加えることが
できますね。

ドライブショットの打ち方とコツ③スクエアスタンスで打つ!

スクエアスタンスとは、
足が前に出てスイングをする
基本的な打ち方のことです。

ナダル選手などはオープンスタンスで
ドライブショットを打ちますが、
ものすごく力のいる、
まさにプロの技なので置いておきます。

私たちは少しでも
ドライブショットで威力を出したいので、
スクエアスタンスから生じる
前後の動きをボールに威力として
加えましょう!

ドライブショットの打ち方とコツ④ストリングスを工夫する!

今はさまざまなメーカーから
色々なストリングスが発売されて
いますね!

素直に道具に頼るのも
いいと思います!
それではいくつか
ご紹介していきますね。

「RPMブラスト」
http://gut-matome.com/rpmblast/

ドライブショットの代表格、
ナダル選手も使用! と
銘打っているストリングスです!

「エッグパワー」
http://gut-matome.com/eggpower/

もう、そのものという名前の
ガットですね! 笑
ナダル選手のようなエッグボールを
期待してしまいます!

ドライブショットが打ちやすい
ストリングスとは、
要はスピンがかかりやすいこと、
反発力があること、
が大切のようです。

反発力があると
スピンがかかりやすく、
スピンがかかりやすいと
ドライブショットを打っても
アウトをしにくいためです。

テニスの フォアハンドドライブショットの打ち方とコツを徹底攻略! まとめ

ドライブショットを攻略する
打ち方やコツがつかめましたか?
それでは、まとめです!

・ドライブショットとは、回転量の少ない、
威力のある直線的なボールをいう
・マグナス効果で、威力があっても
ベースライン付近で落ちる
・ドライブショットを打つコツは、
ラケットの角度を地面を垂直にして、
当たりを厚くする
・打点は上&真横、スクエアスタンスで打つ!!
・ドライブショットが打ちやすい
ストリングスも利用する価値あり

攻撃的なテニスをするのに
欠かせないドライブショットを
マスターして、
一段上のテニスを目指しましょう!(・▽・)

おすすめの記事