バギーホイップショットの打ち方とコツ!起死回生の必殺技を伝授します

どうも、タコちゃんです(・▽・)

フォアハンドストロークを打つ時に
打点が振り遅れてしまったり、
左右に振られて体勢が
苦しい状況がありますよね!?

普段のストロークの
フォームが作れなかった時に
ぜひバギーホイップショット、
またはバギーウィップショット
と呼ばれるストロークの
テクニックを使ってみてください。

トッププロの選手だと、
ナダル選手やシャラポワ選手が
よく使っています。

私も憧れて、
真似するところから始まりました。笑

グランドストロークでは、
前に大きくスイングして、
反対の肩の方向へ
振りぬくようなフォームですよね。

前に大きくスイングすることで、
ボールを前に飛ばしつつ、
スピンをかけます。

バギーホイップショットは、
簡単に説明すると、インパクト直後から
上方向にスイングし、
スピンをかけて返すものです。

スイングの勢い全てを、
スピンをかけることに使います。

このバギーホイップショットを
とっさに使いこなせると、
とても便利なので、
打ち方のコツとどんな場面で使うと効果的か、
お話ししていきます!

バギーホイップショットの打ち方とコツ①打点は低め、スイングは上!

バギーホイップショットは、
ストロークの応用的なショットですが、
使いこなせると本当に便利です。

馬にムチを振るうように、
腕をしならせて打つことから
「バギーウィップ(Buggy Whip)」
という名前になりました。

直訳すると「馬車のムチ」です。

力まずにしならせて、
勢いよく上に振りぬきましょう。

ボールの下から上に
しっかりとスピンをかけるために、
普段のストロークよりも
低い位置に構えます。

打点も低い位置になります。

グランドストロークが
ラケットを横に使うイメージだとしたら、
バギーホイップショットは
ラケットを縦に使います。

ボールをすくいあげるような感じです。

その低い位置の打点から上に向かって、
ラケットを一気に振り上げて、
手首を返します。

スイングのイメージとしては、
ボーリングをするように、
最初はスイングしましょう。

相手に手首の内側を見せるように手首を返し、
頭の上の方までスイングします。

腕だけで振り上げるので、
ある程度の筋力も必要ですが、
力で持っていくのではなく、
腕全体から手首までを
とても柔らかく使いましょう。

ムチのような柔らかさが必要です。

クローズドスタンスでも
オープンスタンスでも
打てるフォームだとは思いますが、
個人的には、
オープンスタンスをおすすめします。

オープンスタンスで打つと、
クローズドスタンスよりも
若干打点の位置が後ろになるので
手首を返して、上に振り上げるという形を
掴みやすいはずです。

慣れてくると、
右足で大きく地面を踏み込んだ
反動の力を使って
打つことができます。

右足で力強く踏み込むことが大切なので、
右足1本だけで立ち、
バギーホイップショットのフォームを
確認するという練習も効果的です。

最初はオープンスタンスで構え、
球出しをしてもらい、
フォームを覚えます。

そして、徐々に距離を置いて、
走って近づいて、打つ練習を繰り返し、
上手くスイングできる打点を見つけましょう。

また、インパクトの瞬間、
できるだけ前に突っ込みすぎたり、
後ろにのけ反らないように気を付けて下さい。
上半身の姿勢は真っすぐに保ちましょう。

そして、打ち終わった後に、
体が上に伸び上がらないように
しっかりと足を地面につけ、踏ん張りましょう。

体が浮いてしまうと、
ボールがしっかり落ちずに、
ボールも浮いてしまい
相手のチャンスボールになってしまいます。

私はナダル選手とシャラポワ選手の
バギーホイップショットを
参考にしてきました。

今回は、ナダル選手の
バギーホイップショットの
動画をご覧ください。

バギーホイップショットの打ち方とコツ②カウンターとして効果的

先程ご説明したように、
ワイドに振られて体勢が崩れた時に
バギーホイップショットが有効的です。

それは、打った後センターに戻って、
体勢を整えるまでの
時間が短くなることも利点の1つです。

普通にオープンスタンスで
ストロークを打つよりも
角度をつけやすかったり、
体勢の切り返しが利きやすいです。

私もよくフォアサイドに大きく振られた時に
オープンスタンスで滑って追いついて、
バギーホイップショットで
さらに角度をつけたクロスや、
ストレートにカウンターで返して、
ポイントに繋げていました。

オープンスタンスだと、
そのまま体重移動で切り返して
センターまで戻ることができます。

このステップも覚えたら、
ワイドに振られても
自信をもってバギーホイップショットを
打つことができ、
この思い切った1本でポイントの流れを
掴むことができますよ!

相手としては、攻め込んだつもりが
強烈なカウンターが返ってきて
驚きますよね( ゚Д゚)

また、回り込んだ際にも
バギーホイップショットは
カウンターとして効果的です。

逆クロスに打つと、
相手が右利きだった場合、
とてもスピンのかかったボールが
バックに来るので
相手も打ちにくいはずです。

私は、やはりナダル選手の
バギーホイップショットが
とても参考になると思います。笑
こちらの動画で、
ナダル選手のバギーホイップショットを
解説されています。

ナダル選手のような強烈なスピンのかかった
バギーホイップショットを覚えましょう!

バギーホイップショットの打ち方とコツ③ショートクロスも打ちやすい

バギーホイップショットは、
ボールに対して、
下から思いっきりスピンをかけるので
ショートクロスを狙いたいときにも
向いています。

ボールを手前にしっかりスピンをかけて
落とそうとするなら、
グランドストロークよりも
バギーホイップショットの方が
スピンはかけやすいはずです。

ただ、バギーホイップショットを打ったら
ショートクロスだとばれないように
他の場面でも
バギーホイップショットを
使うようにして下さいね。

カウンターと同じように
少し追い出された状態で、
ショートクロスに打つという選択肢があると
相手もどこに返ってくるか、迷います。

振り遅れた時や追い出された時に
無理やりストロークで引っ張るよりも
打ちやすいバギーホイップショットを使って、
上手く危機回避しましょう。

バギーホイップショットの打ち方とコツ!起死回生の必殺技を伝授します!まとめ

1.打点は低めで、スイングは上方向へ
2.カウンターとして有効利用する
3.ショートクロスを狙いたい時こそ使う

以上3点が、
バギーホイップショットを
使う際のポイントとなります。

サイドに振られた時は
バギーホイップを使うことができると
本当にその後のコートカバーが
楽になります。

左右に振られて、
体勢が悪い状態からクロスに打ち、
さらに相手をコートから
追い出すことができたら
かっこいいですよね!

ストレートに打っても、
エースを取れる可能性もあるので、
狙えるコースを増やせると、尚良いですね。

バギーホイップショットを覚えて、
左右に振られても、攻めることができるプレーを
身に付けましょう!(・▽・)

おすすめの記事