テニスのフォアハンドアプローチショットの打ち方とコツ!上達への近道は?

どうも、タコちゃんです(・▽・)

プロの試合を観ていると、
かっこいいネットプレーが多く見られますね!

ジャンピングボレーやスマッシュは、
テニスの花形のプレーで、
プレーをしている側も観ている側も
テンションが上がります!

試合に勝つにも必須のプレーと言えるでしょう。

ですが、ネットに出るためには、 アプローチショットと言われるようにショットが必要になります。 フェデラー選手のアプローチショットをご覧ください♪

でも、このアプローチショット、
「実は苦手で…」
という方は多いのではないでしょうか?

昔は私もそうでした。

どこにどんな球を打てばいいのか?

迷って中途半端な球を打ってしまい、
相手から強打を打たれて決められてしまう。

ネットに出るまでも無く撃沈!

なんて経験。皆さんもありますよね?

実は少しのコツを抑えるだけで、
試合に有利な、
ネットに出やすいアプローチショットが
簡単に打ててしまうんです!

今ではアプローチショットは
私の得意なショットの一つとなりました。

今回は、打つ機会の多いフォアハンドの
アプローチショットのコツを
いくつかご紹介したいと思います!

アプローチショットってどんなショット?

「そもそもアプローチショットって何?」
って思いませんか?

私は思っていました!

だって、色々な球種で打っているし、
ショットを打ってネットに出ることもあれば、
そのままウィナーとして決まってしまった!

なんてことはザラです。

結論から言うと、
「アプローチショットとは
ネットプレーに出る為のショット全て

と言えます。

緩い球でも、強打する球でも、
何でもいいんです!

では、ネットに出るのが目的なら、
どんな球が有効なの?

具体的な話に進みましょう。

アプローチショットは大きく分けると2つ!

1スライスショットでのアプローチショット

球に逆回転の回転をかけるショットです。

ボールの下にラケットを入れて
滑らすような感じです。

滑って伸びていくような弾道です。

このスライスをアプローチに使う利点として、
時間を稼げるという点が挙げられます。

ふわっと浮く弾道なので、
ネットに出るまでの時間が稼ぎやすくなり、
バウンドした後も跳ねなかったり
変則的に跳ねたりと、
相手の次のプレーをしにくくする
という点もあります。

人工芝だと跳ねなくて、
キーッ!となることもしばしば…。

このスライスショットは
逃げの際にも使ったりするので、
攻めるボールよりも成功率が高く、
初心者から上級者まで、
まさにアプローチショットに
最適のショット
と言えるでしょう。

プロテニスプレイヤーだと、
ナダル選手が得意としており、
試合でよく見ることができます!

ただ、球の威力はそんなにないので
エースにはなりにくいです。

次のプレーが続くことが多いので、
ネットプレーの力が必要ですね。

2ドライブショットでのアプローチショット

進行方向に回転をかけるショットです。

攻撃的で、下から上に持ち上げるように
ぐりぐりとスピンをかけて、
低く速い弾道で飛んでいきます。

ボールの回転量が多いので、
「ドライブショットの方が安定して入るよ!」
という人もいますね。

ボールの速さと重さがあるので、
相手の態勢を崩せることもあり、
うまくいけばエースをとれる
こともあります。

相手にボールを返す時間を与えないので、
焦らせることもできますね!

ネットプレーがピカイチの
フェデラー選手も良く使っていますよ!

早いタイミングの応酬になりやすいので、
甘いコースや浮いた球になってしまうと、
パッシングで抜かれてしまうのは要注意です!

3その他のショット

ドロップショットでのアプローチショット

ドロップショットで ネット近くに落とすという選択もあります。

タッチに自信がある方は使ってみましょう!

相手を走らせ、決めやすい球が返ってきます!

フラットショットでのアプローチショット

フラットでボールをたたくのもアリです!

これはアプローチショットというより
エースをとりにいく要素が強いので、
一発で決められる可能性も高いです。

ただし、威力がある分
アウトもしやすいので注意が必要です。

アプローチショットの成功率を高めよう!コースの選択やコツ!

ネットプレーにも自信がついてきたし、
アプローチショットを使って
前に出てプレーをしたい!

でも、やっぱり焦ってしまって、
いい感じの球が相手に行ってしまう…。

アプローチショット恐怖症になる前に、
もう少しコツを押さえておきましょう!

1コースは深く、角に打とう!

浅くなると相手にとって
絶好球となってしまい、
ネットプレーに出ても抜かれてしまう
可能性が高くなります。

なるべくネットから
遠い場所に打つことで、
自分の時間稼ぎと、
抜かれる可能性を低くしましょう。

2球種の選択はケースバイケースで!

試合では状況に応じて、色んなショットの
アプローチを使ってみましょう。

得意なショットだけでなく、
苦手なショットにも挑戦することで、
チャンスの幅は広がります。

3相手のバックハンド側に打とう!

まだまだバックハンドを
苦手とする人は多いですよね。

かくいう私も、
バックハンド側に打たれると、
それだけで嫌な気持ちになってしまいます。

相手のミスを期待することも出来るので、
バックハンド側に打つこともおススメです。

ただし、
バックハンドを得意とする人もいるので、
そこはラリーの中などで見極めましょう!

4打つ時の姿勢に注意!

アプローチショットを打つ時って、
相手の浅い球をチャンス!
と感じて打ちに行くことが多いですよね!

その時、
自分の姿勢って実は
ブレていることが多くあります。

ブレているとどうなるか…。

スライスだと体が開いてしまったり、
ドライブだと軸がグラグラして、
球がとんでもない方向に
飛んでいってしまいます。

足がついていかないと、
ネットに引っ掛けてしまいますね。

ですので、
体の軸を真っ直ぐにすることが大事です!

コツとして、
頭が動かないように体を回転させて打つ
安定してスイングができますよ!

また、足を細かく動かして、
一番いい打点で打てるように調整しましょう。

私はこの「姿勢」を意識するだけで、
アプローチショットのミスが激減しました!
そのおかげで、大事なポイントの場面でも、
自信をもって前に出ることができるようになったんです!

ゲームカウント4-5の30-40、
あと1ポイント取られたら負け
という緊張感…

そんな中、
自信を持ったアプローチショットからの
スマッシュで凌いだあのポイントは
忘れられません!

結果勝敗がどうなったのかは…内緒(・▽・)

テニスのフォアハンドアプローチショットの打ち方とコツ!
上達への近道は?
まとめ

・アプローチショットとは、ネットプレーに出るための、準備のショット
・ケースバイケースで、色んなショットを選択しよう
・スライスショットは安定して、時間稼ぎができる
・ドライブショットは攻めのショット!速いタイミングに注意!
・足は細かく動かして、頭を動かさず打つべし!

どれもちょっと意識すると
簡単に出来てしまうことばかりです。

フォアハンドのアプローチショットを
自分の武器にして、
レッスンや試合で大活躍しちゃいましょう!(・▽・)

おすすめの記事