どうも、タコちゃんです(・▽・)

テニスにおいて、ストロークは基本です。
安定してミスのない正確なストロークを
目指したいものですよね。

そして、
試合になるとラリーで
先に自分がミスしていては、
とてももったいないと思いませんか?

ポイントを楽に取るには、
ミスが少ないストロークを
身に付けることが必要です。

ストロークが安定した上で、
しっかりとコースを狙って
打ち分けられるようになり
自分が試合の主導権を握ることを目指しましょう。

安定したフォームを身に付けると
自信を持ってプレーができるようになります。

例えば、
ネットプレーに自信のある人は
安定したストロークがあることで、
相手のミスを誘い、
自分へのチャンスボールが増えます。

もっとネットプレーが活きてくるはずです。

ストロークの中でも、
利き手を使うフォアハンドは
バックハンドよりも得意だと
感じている人が多いはずです。

フォアハンドが安定すると、
とても自信に繋がります。

今回は、
私が感じたフォアハンドの
意識するべきポイントを4つお伝えします!!

軽いフットワークで素早くポジションへ

様々なテニス雑誌などで、
ストロークを安定させるために
意識することとしては、
すでにたくさん挙げられています。

「どれを意識したらいいの?もう全部じゃない!」

と思う方のお気持ち、
とても分かります。笑

大事なポイントは確かにたくさんあります。

ですが、
私は何よりもフットワークを
意識するべきだと考えています。

いいポジションに移動できて、
初めてナイスショットが生まれます。

ボールが来る、移動する、打つという流れの
最初の段階でショットの良さが全て決まります。

皆さんもたくさんボールを打つ中で、
必ず楽にボールを飛ばせて、スピンもかかる
ボールとの距離感があるはずです。

ナイスショットを打つことができた時の
自分とボールとの距離感を
しっかりと覚えておいて下さい。

また、
スプリットステップを使って、
動きだしを早くし、ちょこまかと細かく、
たくさん歩数を使って微調整しながら
ボールに近づきます。

早く移動できると、
オープンスタンスで打つのか、
クローズドスタンスなのか、
クロスかストレートか、
今相手はどこにいるのか…など

一瞬の間ですが、
たくさんの情報を手に入れる時間を
作ることができます。

詳しく、
ボールに対してどの位置に動けばいいか
についてはまたこの後でお伝えします。

テイクバックはコンパクトに


まず、ボールを安定させるために
振り遅れることは避けましょう。

振り遅れないために、
テイクバックを小さくすることを
心がけて下さい。

右利きの方は、
フォアハンドの時に
左手をラケットに添えてテイクバックしてみましょう。
左利きの方は、右手を添えます。

体が開くことも防ぎ、
テイクバックが大きくなりすぎるのも防ぎます。

「手で引く」というよりは、
「体をひねる」ことで自然とラケットも引く、
というようなイメージです。

顎をフォアと反対側の肩に乗せるイメージで
テイクバックしてみるとやりやすいですよ!

どっしりとした構えになり、
ためも作りやすくなります。

自分の視界に常にラケットがあるようにし、
引きすぎないようにしましょう。

こちらの錦織選手のテイクバックの動画も
ぜひご参考にして下さい。
とても綺麗で、シンプルなフォームです。

コンパクトなテイクバックを
身に付けるための練習方法として、
右利きの方は、壁の右側に正面向いて立ち、
そこで素振りしてみましょう。

もし壁にラケットが当たってしまったら
ラケットを引きすぎており、
テイクバックが大きいということです。

打点は体の前

まず、安定する打点の位置は、
あなたが思っているよりもずっと前です。

体の横あたりで打つと完全な振り遅れです。

肘を軽く曲げ、
肩からぐっとラケット前に出し、
自分の目でガット越しに当たる瞬間が
見える
ようにしましょう。

胸から腰の間あたりの場所が
1番力が入ります。

その場所でインパクトができるように、
フォームを作ります。

この時に体の軸は真っすぐに
キープ
するように意識します。

そして、
ボールが当たるまでのスイングは、
グリップが先行してきます。

また、インパクトの瞬間は
ヘッドがグリップの位置より
ちょっと下がるように
意識してみて下さい。

ここで右利きの方は、
左手をぐっと胸まで引き寄せて
体が開いてしまうのを防ぎます。

体が開くと、振り遅れや、
差し込まれてしまう原因になります。


目線を、打った後も打点の位置に残す

ということを意識するのも
体が開かないようにする方法の1つです。

そして同じ場所で
ずっと打てるようになりましょう。

ナイスショットの位置を覚えて、
どんな高さのボールでも位置は変わりません。

ここでフットワークが重要になってきます。

もし低いボールなら、
自分が腰を落とし、腕も少し下げます。

もし高いボールなら、
腕の位置を上げますが、
インパクトの位置は変わりません。

こちらの動画で、
フォアハンドを安定させるための打点について、
解説してくださっています!!

フォロースルーは大きく、しっかり振りぬく


しっかりと自分の体より前で
ボールを捕らえたら、
フォロースルーは、
さらに前に大きく振りぬきます。

私は、ぽーんと前方遠くにラケットを
放り投げるイメージで
スイングしていました。

腕はムチのようにしならせて、
力まずに振りぬくのがポイントです。

しっかりとラケット先が
大きく前を指し、
脱力状態で振り切ることで
スピンが自然とかかります。

ここで、
しっかり振り切ることを覚えるために
フォロースルーしたラケットを反対の手で
キャッチする練習するのもおすすめです。

テイクバックは小さい方が良いですが、
ボールが当たった後はいくらでも大きく、
前に放り投げるように
スイングしてみましょう。

振り切れているかどうか
チェックするポイントとしては、
脇が締まらずに、
腕全体が体の前にあるかどうかです。

肘が顔の前に来るように、
スイングしていきましょう。

テニスのフォアハンドを安定させる、たった4つのポイントまとめ

1.素早いフットワークで、良いポジションに動く
2.テイクバックは、コンパクトに
3.打点は体の前で捕らえ、振り遅れを防ぐ
4.フォロースルーは大きく、しっかり振りぬく

以上4点が、私が考えるフォアを
安定させるポイントになります。

自分のボールへの近づき方で、
全てが決まるので、
本当にフットワークが大事です。

足をさぼったら、大体ミスしてしまいます。笑

大きく1歩踏み出したら届く距離でも、
小さく4歩使って微調整するくらいの気持ちで
微妙な距離感が大切になってきます。

あとは、たくさん球数を打って
自分にとって1番楽にボールを
飛ばせる打点を見つけることです!

フォアハンドが安定することで、
ミスが減り、試合でも良い流れを作ることが
できるようになるでしょう!(・▽・)

おすすめの記事