テニスに絶対必要なフットワークを向上させる!たった3つの練習方法

どうも、タコちゃんです(・▽・)

テニスにおいて、
フットワークは重要です。
打って走ってを繰り返すスポーツですもんね。笑

ボールの位置に到達するまでの時間が遅い、
移動ができても足の位置がなかなか決まらないといった
お悩みをお持ちの方はいませんか?

ばたばたと走って、
ボールに間に合うぎりぎりで打っても
ナイスショットにはなりません。

通常のラリーに限らず、ボレーなども
速くボールに近づいて、
ボールとの距離感、落下地点の予測、打点の位置などを
逆算しないといけません。

テニスは自分の足による
ボールへの近づき方でショットの良し悪しが
決まる
と考えています。

足さばきが良いと移動のスピードも変わります。
ボールに素早く近づくことができると、
相手の動きを確認したりする時間の余裕も生まれます。

今回はテニスにおけるフットワークの大切さを
お伝えするのと同時に、
実際に私も行っていた、
その足の使い方を改善するための
フットワークの練習方法をご紹介していきたいと思います。

スプリットステップを覚える

皆さん、スプリットステップはご存知でしょうか?

スプリットステップとは、
ボールが来る前に構えて、
相手がボールを打った瞬間に軽く上に跳んで
動き出すステップのことです。

このステップを使うと、
次の動きにとても移りやすくなります。

地面に足をべたっとつけたままの状態から
ボールが来て、急に動き出すのは
大変難しいことだと思います。

相手がボールを打った瞬間に
軽く跳ぶだけで、反応しやすくなり、
跳んで着地してすぐに、走りだせます。

相手が打つ前から、
つま先立ちのような状態で
軽く体を動かしておくと
もっと動き出しやすくなります。

私は1ポイントの間、
体は動かし続けるように
意識するようにしていました。

プロの試合などをぜひ見てみてください。
ほとんどの選手がやっていると思います。

ラリーだけではなく、
ボレーなどの速い反応が求められる状況でも
スプリットステップを使えると
とても有効でしょう。

ここで、スプリットステップを
体に覚え込ませるための
練習方法をご紹介したいと思います。
初心者さんでも、とても簡単にできますので、
ぜひご参考にしてください。

まず2人で手でボールを出す練習です。
スプリットステップをしてから、
手でボールを出してもらいます。

この練習をずっと繰り返していました。

ボールを出す側もスプリットステップをしたのを
確認してから出すようにしましょう。

ボールもすぐその場に出してもいいですし、
ちょっと移動してから打つような場所に
出してもいいと思います!

ゆっくりペースで行うので、
お互いにフォームを確認しながら打つ練習ができます。
練習の最初の方にすると、
ウォーミングアップにもなりますよ。

スプリットステップをしないと
ボールが出てこないので
嫌でもスプリットステップを覚えます。笑

こちらでもフットワークを意識した
練習方法を紹介されています!
私が紹介した練習方法とも似ているので
ぜひやってみてください。

ちょこまか細かいステップを心がける

皆さんはボールに近づくときに
意識していることはありますか?

私がしていることで、大事だと思うのは
ボールに近づくほど
細かいステップでたくさんの歩数を使って
近づくことです。

移動するときには、
最初は大きく足を出していても
ボールと近くなるほど
1歩を小さく細かくする
ことを意識してください。

大きく、大股1歩でいける距離でも
小さく、小股3歩以上で移動しましょう。

小さい歩幅で動くことで、
ボールとの距離感などを微調整し、
落下地点や打点の位置などを測ります。

しっかりと微調整して
自分のベストな打点の位置に入りましょう。

そのために、
大股のサイドステップと小股のサイドステップで
速く移動する練習をしてみてください。

たとえば、回り込んでフォアハンドを打ちたいとき、
細かい小さいサイドステップが使えると
とても距離を合わせやすいと思います。

横に移動するとき、
大きいサイドステップで動き、
微調整は小さく行うといったように
足をしっかり使っていきましょう。

良い打点で、ばしっとボールを
捉えるためには、足を使って
ボールとの距離感を掴むことが
大切になります。

サイドステップの練習だけではなくて、
前後のダッシュもどんどん速くできるようになると
良いですよ。

いろいろボールがあるので、
それらに対応できるように
いろいろな動きができるようになりましょう!

止まるところはしっかり止まる

どんなショットを打つときも
足場がしっかりと安定していないと
良いショットは打てません。

速く動くことの大切さを
お伝えしてきましたが、
どんなに動いても打つ前には
ぴたっと止まる必要があります。

体が浮くと、ボールも浮いてしまいます。

たとえばストロークは、
止まる→ためを作る→打つという流れがあって、
はじめてパワーが伝わります。

どんなに走らされても、
打つ前にはぴたっと止まって
どっしり構えて打ちたいですね。

また、ボレーの場合
体が止まらずに、だらっと流れて
打ったとしても、
決まるようなショットにはなりにくいです。

ボールが落ちずに、
アウトしてしまったり、
勢いがボールに伝わらずに、
相手のチャンスボールになってしまいます。

全力で走っても、
しっかり止まってから、
打てる練習をしましょう。

私はよくダッシュして、
誰かに急に手を叩いて合図をしてもらい、
ストップするという練習をしていました。

動いている状況で、急に止まる力って
結構慣れも必要です。

練習でも体が流れないように
意識しながら、足を踏ん張って
ボールを打つようにしてみて下さい。

テニスに絶対的に必要なフットワークの練習方法3つまとめ

1.スプリットステップしてから、
ボールを手で出し、打つ練習を繰り返す。
2.細かいサイドステップで、
ボールとの距離感を微調整する。
前後にもダッシュできるようになる。
3.急なタイミングでも、しっかりと
体を止められるようになる。

以上3点が、
テニスに必要なフットワークの
練習方法になります。

フットワークが良いと言われる選手は、
足の回転が速く、歩数が多いように思います。

ボールに対して、
良い位置に移動することの大切さを
理解しているからこその
動きの良さですよね。

どんなに走りまわされても、
足の動かし方を分かっていると
いい場所で打つことができ、
立て直すことも可能です。

みなさんもぜひ
足をたくさん動かして
プレーしていきましょう!(・▽・)

おすすめの記事