テニス フラットサーブ 打ち方 コツ

どうも、タコちゃんです(・▽・)

テニスのサーブは、
ファーストサーブとセカンドサーブがありますよね。

みなさんは、ファーストサーブで
どれだけポイントに繋げることができていますか?

セカンドサーブは、
絶対に入れなければ
相手のポイントになってしまうので、
私もとても緊張してしまいます。

しかし、捉え方によっては
サーブは2回チャンスがあるので、
ファーストサーブは思い切って、
余裕をもって攻めることができます。

私は、この余裕を
活かさなければならないと思います。

ファーストサーブから、
入れに行くのではなく攻撃的なサーブを
打つことができたら、
ポイントの流れをつかみやすくなると思いませんか?

みなさんは、「攻撃的なサーブ」と言われて、
どんなサーブを思いつくでしょうか。

「フラットサーブ」が
その攻撃的なサーブうちの1つです。

今回は、ポイントに繋がるような
攻撃的なフラットサーブの打ち方とコツについてお話ししていきます。

重たいフラットサーブをあなたの武器にして、
最初のラケットトスで自信を持って
サービスを取ることができるようになりましょう。笑

フラットサーブの打ち方とコツ①
足をしっかり地面につけて、どっしり構える

まず、フラットサーブをリターンするときのことを
考えてみてください。

バウンドしても失速することなく、
重たいボールではないでしょうか。

こういったサーブを打つことができる人は
ボールにしっかりとパワーを伝えることができています。

サーブは自分のトスから打つので、
勢いのないボールを打つことになります。
そのため、ストロークのように
相手のボールの勢いを利用して、
パワーボールを打つことができません。

それでは、どのようにして
ボールにパワーを伝えるのでしょう。

それは、自分の体全体の動きで作りだします。

まずは、足元からです。
ふわふわせず、しっかりと足全体を
地面につけた状態で構えます。

サーブを打つ流れの中で、
足を寄せて打つフォームの方も
いらっしゃると思いますが、
足を寄せる、寄せないに関わらず、
トスを上げる前には、
地面に足をしっかりとつけて構えます。

足をしっかりと決めることができなければ、
フォームもぶれやすくなります。

トスを上げたら、
しっかりとボールにパワーを伝えるための準備をします。

ためを作って、
下に沈んだ反動のパワーを
ボールに向かって伝えます。

だらっとした動きにならないように意識して、
足をしっかりと決め、膝を使ってためを作ります。
それを一気に打点に向かって、
解放するイメージです。

この時のためを作った姿勢は、
いわゆるトロフィーポーズといいます。

サーブを打つまでの間の一瞬ですが、
このポーズを意識します。

トロフィーポーズについては、
こちらの動画も参考にしてみてください。

打点が高い位置になるはずなので、
上からがつんと打ち込んでいきましょう。

フラットサーブの打ち方とコツ②
肘と脇の角度は90度

こちらは、どの球種のサーブにも
通ずるポイントですが、
肘と脇はかなり離しましょう。

90度を意識することで、
肘と脇を離すことができ、
動きが大きくスムーズになります。

また、90度なので
肘も高い位置をキープすることになります。

肘が縮こまってしまうと、
力が入ってしまう上に、動きが小さくなり
ミスに繋がってしまうので、
90度を意識することで、そこも防ぐことができます。

肘が遠く、高い位置にあることで、
肘のプロネーションもしやすくなり、
ラケットが自然と大きく返ってきます。

特に女性の初心者の方に、
トスを上げた直後に
肘が落ちてしまって、脇が閉じるフォームの方が
多いように感じます。

ラケットの重さを、
脇を90度開いてキープするのは
最初はなかなか辛いのですが、
打ち慣れていってみてください。

このフォームを癖づけるために、
最初にラケットをかついで、
肘と脇を90度にして構えた状態にしてから
トスを上げてサーブを打つ練習もおすすめです。

フラットサーブの打ち方とコツ③
ベストな打点で、ラケットの面は打ちたい方向を向ける

サーブは球種によって、
フォーム自体は大きくは変わりません。

ボールの叩く位置を変えるだけです。
叩く位置を変えるので、
自然とインパクトまでのラケットの動きが
少し変わるだけです。

フラットサーブは、
ボールのど真ん中(真後ろ)を叩きましょう。

そして、ラケットの面を
打ちたいコースに真っすぐ向けて、
自分の1番力の入る打点で打ちます。

そのまま、打ちたいコースを
めがけてスイングします。

打点は、腕をまっすぐ伸ばして、
体より少し前の位置くらいに
自分の中でベストな力が入るポイントがあるはずです。

また、フラットサーブでは
トスの位置を少し斜め前に上げて
斜め上に向かってジャンプ
して打ちます。

高い打点から打ちこむことで、
より重たいサーブになります。

そして、ボールを当てるのは、
ラケットの面の真ん中より少しヘッド寄りの上が
スイートスポットと呼ばれる
1番良い当たりがする場所になります。

何度打っても、
そのフォーム、その打点、そのラケットの面の位置で
打つことができるようになりましょう。

この全ての意識するポイントのタイミングが揃った時に
重たくて、攻撃的なフラットサーブになるはずです。

繰り返し繰り返し、練習をし、
試合で使っていくうちに習得していくので
ぜひたくさんトライしてみてください。

フラットサーブの打ち方とコツ④
絶対に力まない!リラックスして体の動きの中で打つ

最初にお話ししたように、
サーブはトスから打つので、勢いがないボールに
勢いをつけなければなりません。

そのためには、自分のパワーを
ボールにしっかりと伝えなければなりません。

ましてや、フラットサーブを打ちたい、となった時に
パワフルなサーブにしたいからと言って、
力んでしまうのは、間違っています。

力むと全体の動きも硬くなってしまい、
膝が曲がらず、ためを作ることがなかったり、
肘と脇が近づいたり、当てるだけのスイングに
なってしまう原因にもなります。

膝は柔らかく使って、しっかりとためを作って
ボールに向かって、上方向に
パワーを伝えることができるようにします。

そして、スイングは
腕というよりも肩を支点にして、しならせて
腕全体を使って最後まで振りぬきましょう。

フラットサーブは、
厚いインパクトをしてから振りぬくことで
ボールも落ちてくれます。

がつっとラケットのスイートスポットで
打つことができたら、
自分の感覚で分かります。

そのフラットサーブの感覚を
自分で理解できる体験をたくさんして、
感覚でつかんでいきましょう。

こちらの動画でも、
フラットサーブについて紹介されていますので
ぜひ参考にしてみて下さい。

テニスのフラットサーブの打ち方とコツ
安定感と威力を出す4つの方法まとめ

1.足をしっかりと地面につけて、どっしり構える
2.肘と脇の角度は90度
3.ベストな打点で、ラケットの面は打ちたい方向へ
4.リラックスした状態で、体の動きで打つ

以上4点が、
私が考えるフラットサーブのコツになります。

ファーストサーブから
思いっきり重たいボールで攻撃ができたら
自分も気持ち的に楽ですし、
相手のリターンもチャンスボールになるかもしれません。

何よりも、相手に左右されないサーブで
攻撃ができたらメリットしかないと思いませんか?

フラットサーブを使いこなして、
あなたも攻撃的なテニスをしていきましょう(・▽・)

おすすめの記事