どうも、タコちゃんです(・▽・)

テニスのドロップショットは使いこなしてますか?
錦織選手がドロップショットを打っている映像など
見たことがある方も多いかもしれませんね。

プロの試合で見ることがあっても、
実際に自分かプレーをするとなると、
話は別…という方もいますよね。

ですが、テニスを始めたばかりの方も、
試合の常連の上級者の方も、
今まで使ってなかった方は、
ぜひ覚えてください!

ドロップショットを覚えると、
とても有効な事がたくさんあるんです!
ぜひ、ドロップショットのコツや使い方を覚えましょう!

ドロップショットってどんなショット?

「ドロップ=落下」と訳される通り、
ドロップショットとは、
ネット近くにボールを落とすショットのことです。

ネット近くに落とすには、
ちょっとしたコツが要ります。

詳しいことは後ほど説明しますね!

ネット近くにボールを落とすことによって、

・相手を前後に動かす事ができる
・コートを広くて使う事ができる
・うまく決まるとエースになる
・相手の体力も削る事ができる

など、攻撃の幅を広げることができます。

戦略の幅も広がり、
自分にとって有利な展開に持っていく事ができます!

ドロップショットはどう打つ?

なんとなく打つだけでは、
相手にとってチャンスボールになってしまいます。

はい、これはかつて、ドロップショットの事を
分かっていなかった、昔の私のことです…。

ちゃんとドロップショットを打つ為の
コツがあるので、
いくつか挙げてみますね。

握り方はコンチネンタルグリップで!

コンチネンタルグリップとは、
いわゆる包丁持ちです。

ラケットのフレームの側面に、
親指と人差し指でつくるV字がきます。

スライスやサーブ、ボレーを
打つ時の握りですね。

なぜコンチネンタルグリップで
ドロップショットを打つかというと、
ドロップショットは、
スライスで回転(逆回転)を
かける必要があるからです。

逆回転をかけることにより、
ボールの飛びを抑えられ、
バウンドをした後も
跳ねないようにすることができます。

軌道はふんわり、山なりに

球の軌道を山なりにすると、
球が上がりすぎてしまうのでは?

と少し不安になりますね。

でも、これでいいのです。

ネットを超える頃に、
ボールが落下の軌道に入っていないと、
ネット際に落とすことができないからです。

最初は感覚として慣れないかもしれませんが、
球出しなどで練習してみましょう。

ボールを置きにいく感覚だと、
軌道が低くなり、ネットに引っ掛ける可能性が高いです。
ネットに引っ掛かった時には、
もっと山なりのボールを意識して打ってみましょう。

打点は高いところから

先ほど、山なりのような軌道で打つとお伝えしましたね。
小さいロブをイメージしてください。

下からロブを打とうとすると、
球を持ち上げなくてはいけません。
コンチネンタルのグリップで持ち上げるのは、
至難の技なのです。(出来る方もいるかもしれませんが)

高い打点から打つと、
スライスで柔らかく打ちおろすことが出来るので、
下の打点からドロップショットを打つよりは
かなり容易なのです。

ドロップショットを打つ判断は咄嗟なので、
出来るだけシンプルに打ちやすい打点で打つと
成功率が高まるでしょう。

サービスライン前にツーバウンド

これは、サービスラインに届くまでに、
ツーバウンドするくらいの
ネット際に落としましょうということです。

これより球の距離が長くなってしまうと、
相手が詰めてきて取られてしまうからです。
下手をするとチャンスボールになってしまうことも!

コースはストレートよりクロスへ

これは絶対では無いのですが、
ドロップショットを打つ時は、
ストレートよりクロス、もしくは逆クロス
のコースがおすすめです。

なぜかというと、
クロスのコースの方が距離を長くとれます。
すると、山なりのドロップショットが打ちやすいんです。
もちろん、慣れてきたらストレートのコースも
試してみましょう!

それでは、上記のポイントを踏まえて、
プロのドロップショットを見てみましょう!

フェデラー選手


錦織選手

惚れ惚れしてしまいますね!

サービスラインまで何バウンドするのかと
思うほどの、ネット際すれすれのショット。

また、ストレートコースへのドロップショットを
難なくこなすあたりも、さすがプロですね。
一度でいいから、試合の中でこんなドロップショットを
決めてみたいですね。

ドロップショットを打つ為の練習方法

ドロップショットの練習方法は、
実は手軽にできるものばかりです。

ドロップショットの要は、
なんといっても「タッチ」です!

タッチは抽象的な表現ですね。
ちょっと分かりにくいかもしれません。

要は球の重みを感じること、と思ってください。

球の重みをラケットで感じて、調整する。

ということが、ドロップショットでは大切です。

以下の練習が、ドロップショットを
打つ上でのタッチを磨くことに役立ちます。

ラケットで球を上に軽くポンポン打つ

球がラケットに当たる感覚を感じ、
面の向きも意識することができます。

初歩的な練習ですが、
プロも何気なくやっているんですよ。

球出しで打ってみる

自分で球出しでも、他の人に球出しをしてもらっても
どちらでも大丈夫です。
脱力して、とにかく打ってみましょう。

ドロップショットの戦術

ドロップショットの技術が習得できたら、
あとは実践です!

ドロップショットを効果的に決めるには、
どのタイミングで、
どのように打つと良いのでしょうか。

ドロップショットは完璧でなくても
決めることができます。

そのためには、相手をよく見ることが大切です。

相手がベースラインより後ろにいるか?
相手が下がろうとするタイミングもgood!
・相手にドロップショットを悟られていないか?

ドロップショットは駆け引きなのです。
相手がドロップショットを警戒していないタイミングが
一番の打つチャンスです!

現に、2018年全仏オープンの錦織選手vs.ペール選手の試合では、
錦織選手は相手のペール選手に、
ことごとく
ドロップショットを決められてしまいました。

錦織選手は「ドロップには悩まされた。ほぼとれなかった。
うまかった。タイミングが読めない」
とコメントをしていました。

足が速くて有名な錦織選手でさえとれないのです。
ドロップショットに関して、
打つタイミングが重要なことが分かりますね。

テニスで有効なドロップショットの打ち方!まとめ

・ドロップショットを使うと、戦略の幅が広がる
・ネット際に落とそう
・ドロップショットにはタッチが重要
・相手の立ち位置など、タイミングを見て使おう

ドロップショットが試合を行う上で、
とても有用なことが分かりましたね!

ぜひ、次回の練習や試合から早速取り入れてみてくださいね(・▽・)

おすすめの記事