ドライブ

どうも、タコちゃんです(・▽・)

あなたは、相手のボールが
浮いてきた時、
どのようにして対応していますか?

ベースラインよりも下がって、
待って打つことも一つですが、
いつもそのようにして打つことは
とてももったいないでしょう。

試合であなたが攻めている流れの時に、
せっかくボールが浮いてきたらどうしますか。

待つのではなく、
ドライブボレーを選んでみましょう。

ドライブボレーは、
ベースラインよりも大きく前に入って、
ノーバウンドで思い切りスイングします。

「ここは流れを崩したくない」
「下がりたくない」「前に上がりたい」という時に
ぜひドライブボレーを使ってみてください。

ドライブボレーは、
みなさんのイメージとしては、
見た目はノーバウンドのストロークかもしれません。

しかし、普段のストロークとは
違ったポイントがあります。

今回は、そのドライブボレーを
使いこなすためのコツを
お伝えしていきたいと思います!

ドライブボレーの打ち方とコツ①とにかく準備を速く

ドライブボレーは、
説明した通り、ノーバウンドで打ちます。

ベースラインよりももっと前に入って、
ボールを受け止めないといけません。

必然的に普段のストロークのタイミングよりも、
打つタイミングは速くなります。

そのため、
いつものタイミングで打ってしまうと
完全に振り遅れてしまいます。

ボールに合わせるためには、
準備を速くすることを
まず意識しましょう。

速く前に移動して、
テイクバックをコンパクトにまとめます。

例えば、
ダブルスでボレーボレーの単調なペースの時に
ドライブボレーでも叩けそうな
ふわっと浮いたボールが来たとしましょう。

ボレーボレーをするほどの
相手との距離感ですから、
速い準備が必要になります。

速く準備して、
ドライブボレーで一気に決めましょう。

逆に考えると、ドライブボレーは
ボレー圏内で打ちます。

相手がボールを打ってから、
ドライブボレーを打つと決めて、
構えて用意するための時間も短いです。

できるだけ速い準備を心がけましょう。

そして、ボールの落下地点を
かなり速い段階で予測して、
動き出さなければなりません。

こればかりは、
体がタイミングを覚えて、
無意識のうちに動けるようになるまで
打ち慣れるしかありません。

練習のうちから、
積極的にドライブボレーを使うようにして、
試合本番で思い切り打てるように
練習しておきましょう。

練習を繰り返すことで、
自信に繋がり、試合でも
自信を持って打つことができます!

ドライブボレーの打ち方とコツ②グリップチェンジをしない

ドライブボレーは、
決め球にぜひ使いたいショットです。

ノーバウンドでこそ、打ちますが
スイングの流れ自体はストロークを
イメージしてください。

ドライブボレーでは、
どフラットに厚く、しっかりとした
インパクトにしたいです。

そのためには、
「ボレー」ですが「ボレー」のグリップで
打つ必要はありません。

相手のボールをノーバウンドで、
ストロークのようにスイングするわけですから、
ボレーの時のような薄いグリップでは、
打ち負けてしまいます。

ラケットがボールの勢いで、
後ろに持っていかれてしまいます。笑

バウンド前のボールなので、
相手が打った勢いそのままに
こちらに飛んできます。

そのボールを受け止めるためには、
ストロークと同じ厚いグリップで
スイングしていきましょう。

そして、ラケットの面で
しっかりとボールを捕まえて、
厚いインパクトを意識します。

これで、ボールにもパワーが伝わり、
重たいショットになるはずです。

相手のボールが浮いて来たら、
下がって待つことなく、
すかさず前に入り、ドライブボレーで
ポイントを取りに行きましょう。

相手からしても、
急に相手が前に詰めてくると
大きく見えますし、
何か仕掛けてくる、と身構えるでしょう。

ドライブボレーの打ち方とコツ③軌道が高く、浅めのボールを選ぶ

では、具体的にどんなボールを
「ドライブボレーで打とう!」と選ぶと、
決まるショットになりやすいでしょうか。

それは
軌道が高くて、浅いボールです。

ふわっと浮いたボールの方が、
高さがあるので、
ドライブボレーがしやすい、
ということはお分かりいただけると思います。

そして、ボールにトップスピンが
かかっていないと尚更打ちやすいです。

トップスピンがかかったボールは
縦回転しています。

ボールの回転に逆らってラケットを当てて、
勢いのあるボールを前に飛ばすのは
なかなか難しいでしょう。

相手が走らされてギリギリで上げたロブや、
スライス系の浮いたボールなどが来たら
積極的にドライブボレーをしてみましょう。

例えば、浮いて高く跳んでくるボールを、
一見「チャンスボールだ!」と思っても、
バウンドすると大きく高く跳ねるだろうなーと、
予測したとします。

ボールの勢いはなくて、
高くゆるく飛んでくるようなボールです。

そういったボールは、
落として待ってしまうと、
結果的に自分のポジションを
下げられてしまうボールになってしまいます。

そのため、ポイントの流れ的に
自分が攻めている時や、下がりたくない時はもちろんですが、
コートの周りの間隔が狭い時も
ドライブボレーを選ぶことをおすすめします。

例えば、バックフェンスまでとても近いコートって
ありますよね…笑

ハードコートでも、
普段より跳ね方が大きくなるはずですので、
ドライブボレーをおすすめします。

このように、環境的要因からも
ドライブボレーを選んだ方がいい場面もあります。

ドライブボレーの打ち方とコツ④トップスピンをかける

ドライブボレーは、
厚いインパクトでボールをとらえたら、
ボールを高い位置から
しっかり落とさなくてはなりません。

ドライブボレーは、
普段のストロークと比べると、
高い打点で打ちます。

バウンドする前のボールなので、
肩あたりの高さが
1番力が入るポイントでしょう。

ネットより高い位置になるので、
しっかりと最後まで振りぬいて、
スピンをかけます。

もし、打点が低くなってしまうと、
ネットに直撃してしまったり、
ボールが下に落ちることなく、
ミスの確率が上がってしまうでしょう。

力まずに、自分の力を全て
スイングする方向に使うイメージです。

ストロークと同じように、
打点は体の前で、
ボールに押し負けないようにしましょう。

そして、スイングしていき、
腕のプロネーショで、ラケットを返し、
トップスピンをかけましょう。

オープンコートを狙うのも1つですが、
相手のボディや足元を狙うと、
決まりやすいです。

ドライブボレーのように、
パワーのあるボールが、
自分が打った後すぐに来ると
なかなか準備しづらいはずです。

こちらの動画でも、
ドライブボレーについて解説されているので、
ぜひご覧ください。

テニスのドライブボレーの打ち方とコツ!使いこなすため為の4つの法則まとめ

1.準備を速く
2.グリップチェンジしない
3.軌道が高く、浅いボールを選ぶ
4.トップスピンをかける

以上、4点が
私が考えるドライブボレーのコツになります。

ドライブボレーは、
ポイントを展開するのに
とても使いやすいショットだと思うので
ぜひ思い切って使ってみてください。

使いこなせると、
ネットプレーがしやすくなったり、
ポイントメイクの幅が広がります。

ドライブボレーを覚えて、
コートを広く使えるようになりましょう!(・▽・)

おすすめの記事