ダブルス セオリー

どうも、タコちゃんです(・▽・)

どうすればダブルスに勝てるのか
どこに打ったらいいのか分からない
と、悩んでいませんか?

シングルスと比べると、
コートの中にペアもいて、心細いことはなく、
2人で楽しく試合もできるのではないでしょうか。

テニス初心者さんでも、
挑戦しやすいと思います。

しかし、ダブルスで勝つためには
シングルスと同じ考え方では
ある一定ラインからはポイントを取ることが
できなくなります。

ダブルスは、
ただ「コートの中にプレーヤーが1人増えている」
というだけではないんです。

ダブルスに合わせたセオリー、
戦略を考えなければなりません。

ダブルス脳に切り替えて、
戦っていきましょう。

今回は、
ダブルスのセオリーについて
お話していきます(^^)/

ダブルスのセオリー①前衛を攻撃のベースにする

シングルスとの1番大きく違うのは、
プレーヤーが2人いることがあると思います。

前後にプレーヤーがいるだけですが、
たったそれだけで視覚的なオープンコートが減ります。

ボールを打つ時に、
コートがとても狭く感じます。

前衛は、相手との距離が近くなるので、
そのボールへの近さを活かして、
積極的にポーチに出ていって、叩きにいきましょう。

後衛同士のラリーだけで、
ポイントを取ろうとするのはやめましょう。笑

前衛がなかなか動かない、
後衛同士のラリーは体力的にも辛いですし、
相手の前衛が先にポーチに出てきたら、
今度は自分が不利になってしまいます。

タイミングを見て、
先にポーチをしかけていきましょう。

後衛は、常に相手の前衛を意識して
ラリーを行います。

クロスラリーをベースに、
逆をつくためにストレートをついたり、
ロブで相手の前衛の頭の上を抜いてチェンジさせたり、
前衛に捕まらないようにプレーします。

また、相手の前衛を動きにくくするために
たまには前衛に直接打ち込んだり、足元に落としたりすることも
1つの手段です。

このように前衛の動きによって、
後衛の動きも大きく変わってきます。

自分のペアが後ろでラリーをしている間も、
突っ立っているだけにならないようにしましょう。

ボールに合わせて、
前後に動くように意識しましょう。

ペアが打ったら、
ボールに合わせて前に詰めます。
そして、相手が打ったらセンター寄りに下がります。

前に詰める時に、
サイドもケアしたり、フェイントを入れたり、
逆三角形のような形に動き続けます。

前衛が動くことで、
相手から見ると視覚的にオープンコートが減り、
いつ前衛が出てくるのか分からないので、
とてもプレッシャーにあると思います。

ダブルスは速く仕掛けた者勝ちになります。
いつでもポーチに出る準備をしておきましょう。

相手のミスを待つ余裕なんてありません!

こちらの動画でも、
ポーチの出方について解説されているので
よかったら参考にしてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=3W9NLTB-GeI

ダブルスのセオリー②困ったらセンターへ

ダブルスは、シングルスよりも
コートが広いとは言え
広くなった分のアレーへは、
前衛をしっかり抜かなければ打つことはできません。

アレーは前衛もしっかりケアしていることが
ほとんどだと思います。

自分がミスしないためにも、
サイドぎりぎりを狙う必要はありません。

ダブルスで見出すオープンコートは
2人の間になります。

ポーチはピンポインドで
どこかを狙いすぎるのではなく、
センターを狙ってみましょう。

もしくは、相手の前衛の足元へ打ってみましょう。

足元へ来たボールは
返せたとしてもハードヒットはされにくいです。

ポーチに出ることができたら、
思いっきり出て、打ち込みます。

また、あなたが後衛の場合だと、
自分のペアが前に詰めて、
相手の前衛がアレーをケアして、
サイドに寄ったらセンターに打ってみるのも1つです。

前衛に捕まらないように、
ロブをセンター付近に打つと、
相手はチェンジせざるを得ないので
相手の体勢を崩すこともできます。

あなたが後衛でセンターに打ちたいとき、
ペアが前にいては打てませんよね。

前衛では、
基本的に前かがみで体勢を低く構えていると
いつでも走りだすことができます。

しかし、後衛がボールを打つ邪魔に
なってしまうことも考えられます。

ポイントの間にペアに指示を出すには、
声を出すしかありません。

私も「しゃがんで!」や「頭!」
とよく言われていました。笑

最初は、そうやって分かりやすい指示を
出してもらうと動きやすいと思います。

また、後衛が打つ時には、
センターが空いていたら
腰をさらに落として、しゃがんでもらうように
話し合って決めておくのも分かりやすくていいかもしれません。

慣れてくると、
相手のポジションやボールの状態で
ペアがどんな時にセンターに打ちたいか
分かってきますよ!

ダブルスのセオリー③2人の意思疎通をしっかりする

ダブルスは、2人で戦う試合です。
1人で必死になっていても、
どうにもなりません。

プレーヤーが2人いることを、
有効活用しなくてはなりません。

まずは、ペアとの考え方を
しっかりと共有しておく必要があります。

ペアとポイントの組み立て方や、
「相手がこうしたらどう動くか」、
「今のポイントはこうして決められたから
次はどうするか」など
話し合うことはたくさんあります。

ペアもいろいろと気づけていないことが
あるかもしれませんので、
とりあえず自分の意見を言ってみることが大事です。

1ポイントごとに、
ポイント間の20秒間はしっかり話し合いましょう。

そして、ポイントを取った後は
2人で喜び合いましょう!!

シングルスで、
1人でパニックになってしまって
相手のことをよく見られない人は
ペアに言われて気づくことも多いのではないのでしょうか。

単純に気づけることの数は
シングルスの時よりも2倍になります。笑

焦ってしまっても、
ペアの言葉で冷静さを取り戻されることも
あると思います。

気持ちはペアにつられやすいので、
1人のテンションが下がると、
マイナスの流れになってしまいます。

2人だからこそ、
ミスしても1人で落ち込まないで
一緒に気持ちを盛り上げていきましょう。

冷静に相手を観察して、
勝つための糸口を探し、
精神的にも助け合って盛り上げることが必要です。

テニスのダブルスで勝つために絶対必要なセオリーとは!?まとめ

1.前衛をベースにポイントの取り方を考える
2.困ったらセンターに打つ
3.2人の意思疎通をしっかりとする。

以上3点がテニスのダブルスにおいて
必要なセオリーになります。

このようにシングルスとは
考え方を少し変えてプレーをする必要があります。

2人で戦うことに重きを置いて、
ポイントの取り方を考えてみてはいかがでしょうか。

セオリーを抑えておくことで
とっさのときに迷いがなくなり
ミスの軽減にも繋がりますので
ぜひ覚えてみてくださいね(・▽・)

おすすめの記事