どうも、タコちゃんです(・▽・)

試合で出る機会の多いダブルスですが、
ダブルスのコートって広く感じませんか?

私は特に、ダブルスの後衛にいる時に思います!
後衛の守る範囲が広いですし、
どこに球が来るか予測ができなくて
焦ったり、慌てたりしてしまいますよね?

でも、実は自分がサーブを打つ時から
ある程度コースをしぼり、
自分達が優位に立てる、
サーブの立ち位置というものがあるんです!

自分のサービスゲームは
必ずキープしたいですから、
これは絶対に知りたいですね!

意外と見落としがちな、
ダブルスの時のサーブの時の立ち位置。

試合をする方もレッスンで練習する方も
必見です!

では、ダブルスの時のサーブの立ち位置
について見ていきましょう。

サーブの立ち位置には定位置がある!

みなさんはダブルスでサーブを打つ時に、
どの位置に立っていますか?

ダブルスのコートって広いですよね。
私はつい、コートの端の方に寄って、
そこからサーブを打っていました。

知らなかったのですが、
実はダブルスのサーブを打つ位置には、
「センターセオリー」というものが
あったんです!

聞いたことがある方もいるかもしれませんね。
私は初耳でした。

「センターセオリー」
センターの位置からセンターへのサーブ

ダブルスの基本とされています(・▽・)

ここでいうセンターの立ち位置は、
センターとサイドラインの間のことを指します。

上の図の赤い丸のあたりです。
センターというだけあって、
真ん中寄りですよね。

ここが基本の立ち位置と覚えましょう。

センターセオリーは、
プロや上級者も使っています。

もちろん初心者の方にも効果的です。

センターセオリーを使うと、
何が違うのでしょうか?
次に、センターセオリーの利点について
説明していきますね。

ダブルスでセンターセオリーを使うとこんなに良いことがある!


実はセンターセオリーには、
相手にボレーに出てこられた時に
センターに打つ、などの意味もあるのですが、
ここではサーブの立ち位置のみにしぼりますね。

利点①ワイドのコースに厳しいリターンが来ない!

センターからセンターにサーブを打つと、
ワイドから打った場合と比べて、
リターン側はボールの角度がつけにくくなります。

一見どこにでも打てるんじゃないかと
思いますよね。

ですが、ショートクロスも、長めのクロスも、
角度をつけることができません。

つまり、相手を走らせるような球が打てません。
ということは、サーバーにとって
打ちやすい球が返ってくるということです。

なので、拮抗したポイントや、
確実にポイントを取りたい場面では、
ぜひ、
センターセオリーを使うべきと言えますね。

利点②ボレーヤーがポーチに出やすい!

先程述べたように、
センターセオリーを使うと、
角度のあるボールが打てません。

そして、前衛が警戒するストレートコースも
センターからだとほとんど打てないと
思ってもらって大丈夫です。

ストレートを警戒しなくて良くて、
リターンのクロスのコースが限定されている

としたら、
こんなにポーチに出やすい場面はほかに無いですね!

センターセオリーは、
前衛にとっても利点があることなのです。

ですので、センターセオリーにしたがって、
センターにサーブが入ったら、
素早く中央寄りにポジションを取りましょう!

利点③ネットの真ん中はネットしにくい!

センターに打つとなると、
ネットの真ん中の上を通りますよね。
これがネットをしにくくなるんです。

何故かというと、
ネットの真ん中は、サイドに比べて
ボール2個分ほど低くなっているんです。
そんなに低かったんだ! と驚きますよね!

コースをセンターに選ぶだけで、
ネットのリスクが減るというのは
嬉しいですね。

利点④デュースコートだと利き手側が大きくなる

これはデュースコート側
(サーバーから見て自分の右半面のコート)
の話ですが、
多くの人は右利きだということを前提に
説明しますね。

デュースコート側でサーブの際に
センターにポジションを取ると、
自分の利き手側のフォア側を
大きく空けることができます。

得意な利き手側に相手のリターンが
来たほうが有利ですよね。

逆に、センターではなく
サイド側にポジションを寄せていると、
相手のリターンが来たときに、
わざわざ自分の苦手なバックハンド側を
広く開けているということになります。
(バックハンドのほうが得意な人は
ごめんなさい><)

これは自分のミスのリスクを高めて
しまっているということになりますね。

サーブを打った後のことを考えても、
デュースコートでは特に意識して
センターセオリーを実施するようにしましょう!

利点⑤相手のミスを誘発しやすくなる

センターセオリーだと、
サーバー、ボレーヤー共に
センターにポジションをとり、
コートの真ん中をがっちり固めることになります。

すると、相手はどこを狙い始めるでしょうか?
多くの人は、サイドやボレーヤーのストレートを
狙い始めます。

そうすると、安全なコートの真ん中に打つより
サイドアウトをする可能性が高くなります。

このように、センターセオリーは
相手のミスを誘発する利点もあるのです。

サーバー側は何がなんでも真ん中を
守りましょう!

サイドを抜かれたり、エースをとられたら、
それはもう相手がお見事だったということです。
潔くあきらめましょう(笑)

それでは、センターセオリーの実践を
見てみましょう!

フェデラー選手とナダル選手が
ダブルスを組んだ時のものです。
サーブの立ち位置に注目してくださいね。


さすがに展開が早いですね。

サーバーの立ち位置は
センターセオリーの位置ですね。

女子の試合も見てみましょう。
こちらは杉山愛さんの試合です。


少し展開が見やすいでしょうか。

サーバーががっちりセンターを
守っている様子が分かります。

サーブの時のポジションは
もちろんセンターセオリーの位置です。

このように、プロも当然のように
センターセオリーを使っていることが
分かります。

【テニス】ダブルスでのサーブの立ち位置のまとめ


テニスのダブルスでサーブの時の
立ち位置はセンターセオリーを活用しましょう!

・センターセオリーはダブルスの基本
サーブをセンターからセンターに打つこと

・サーブのセンターの立ち位置とは、
センターとサイドラインの間

・センターセオリーを使うと、コースを限定でき、
自分のミスを減らし、ボレーに出やすく、
相手のミスを誘いやすくなる

サーブの立ち位置を変えるだけで、
ダブルスを有利に進めることができると
分かりましたね!

とても簡単なことですので、
ぜひ明日から実践してみてくださいね!(・▽・)

おすすめの記事