どうも、タコちゃんです(・▽・)

みなさんはダブルスのリターンは
迷わず打てますか?

私はシングルスの時は余裕を持って
返せるのですが、
ダブルスでは前衛がいることもあって、
焦ってしまいがちです。

何となく打ってしまったり、
しまいにはどこに打っても
前衛に取られてしまう気がして、
消極的なリターンゲームになってしまいます。

もし、ダブルスのリターンの
セオリーがあるとしたらどうでしょうか?

リターンゲームを強気に取ることができたら、
サービスゲームでも勢いをつけることが
できますよね!
試合で非常に有利な展開になりますね。

ダブルスののリターンのコツをつかんで、
苦手分野を得意にしちゃいましょう!

ダブルスのリターンのコツは2つ‼︎

ダブルスのリターンのコツはたった2つです!
驚くほど少ないですよね。
でも、この意識の差があるだけで、
ダブルスのリターンが見違えるんです!

それは、

・相手の前衛にとられないリターンをする
・味方の前衛にボールがくるようにする

大きく分けて、この2つです。

ダブルスの勝敗の決め手は前衛と
いっても過言ではありません。

ですので、前衛を意識した
リターンをすることは
理にかなっているのです。

それでは、それぞれの
リターンのパターンを見ていきましょう!

相手の前衛にとられないリターンをする


相手の前衛にとられないリターン、
それはもちろん、ロブです!

相手のファーストサーブが速い時、
スピンサーブで高く跳ねた時、
サーブにワイドに打たれた時、
前衛が出る気マンマンの時など!

リターンの時のロブは非常に有効です。

まず体制を崩されても、
立て直す時間を稼げます。

そして、守りのように思われる
リターンロブですが、
実は相手を攻めているんです!

クロスロブ

クロスロブは、サーブを打ってきた相手に返すロブです。
ロブの深さはサービスラインを越えることが
絶対です。
理想はベースラインから球1〜2つほど
内側が良いですね。

深いロブを返すと相手もロブで返してきます。
その間に、自分の体制を立て直してもいいですし、
前に詰めることもできます。

リターンのクロスロブは、
低いリスクで攻めることができるんです!

ストレートロブ

ストレートロブは、相手の前衛の頭上を
抜くロブです。
サーブを打ってきた相手を走らせ、
前衛もポジションをチェンジするので、
相手の陣形を崩すことができます。

ストレートロブのコツは、
サイドのギリギリを狙うと
サイドアウトをしてしまうので、
シングルスのサイドラインを
狙う
ようにすると安全です。

ストレートロブを打つ時は相手の陣形が崩れたり、
場合によっては相手の前衛のハイボレーに
かかってしまう時もあるので、
味方の前衛にストレートロブを上げることを
伝えておきましょう!

味方の前衛にボールがくるリターンをする


これはつまり、
リターンで攻撃的に仕掛けて、
味方の前衛にチャンスボールがくるような
ゲーム展開をしていくということです。
どんなリターンがあるでしょうか?

基本は相手を走らせたり、
守りのショットを打たせるような
リターンを打ちます。

踏み込んで打つパワーショット

セカンドサーブなど、
相手が強く打てずポワンとした球が
打ちやすいでしょう。
クロス方向に踏み込んでパワーショットを打ちます。

場合によってはエースも狙えますし、
相手はブロックするのが精一杯で、
前衛に浮き玉が上がってくる可能性もあります。

注意したいのは、ボールの軌道を低くすることです。
パワーのあるショットなので
アウトを しやすいですし、
相手の前衛にとって
打ちやすい球になってしまいます。

アプローチショットを兼ねても良いですね。
ただし、相手からの返球のスピードも
早くなる傾向にあるので注意します。

クロスに深いショット

深く打つだけでいいの?と、
ちょっと拍子抜けしそうですね!
これも立派な戦略的なリターンです。

プロの試合を見てみましょう。


リターンは例外なく深いショットです!

相手の位置を下げることで、
その後の展開を有利に持っていくことが
できるんです。

相手がクロスの深いショットでポジションを
下げられると、ネットからの距離が遠くなり、
相手の打つ球の威力も落ちます。
すると前衛はポーチに出やすくなります。

相手の姿勢が崩れるようだったら、
これもアプローチショットになるので、
自分が前に詰めても良いですね。

深いショットを打つ時の球種は、
スライスショットでもスピンショットでも
大丈夫です!

もしベースラインより1メートル以上
相手のポジションを下げることができたら、
次にドロップやショートクロスなど、
球足の短い球種を打つと
効果を発揮することができます。

クロスへのドロップショット

相手のサーブが短かったり、
セカンドサーブでこちらに余裕がある時に
打ってみましょう。

相手を走らせることができ、
前衛にとってポーチをしやすい球が
期待できます。

ただ、相手の前衛にドロップショットを読まれると
逆にポーチに出られてしまうので、
しっかりクロスに返すことと、
ドロップショットを打つことを悟られないように
することが必要です。

ストレートへのショット

心理的にも技術的にも、
ちょっと打ちにくいストレートショットです。
しかし、これもやはり有効です。

ストレートを抜く、となると
前衛のアウトサイドを意識する方が
多いかもしれませんが、
実は前衛のイン側を抜いてもオッケーです。

その方がサイドアウトする可能性も低いですし、
安全です。

ストレートを抜く時は、
球足の速いショットを打ちましょう。
フラットでも良いのですが、
スピンがかかっていると、
もし前衛に取られても強い球は返ってきません。

なので、ストレートショットを打つ時は
スピンの球
がオススメです!

もちろん、ストレートショットを打つ前は
やはり味方の前衛に伝えておきましょう!
相手の前衛にとられても
味方の前衛のフォローが期待できるからです。

テニスのダブルスで勝てる誰にでも出来るリターンのコツ! まとめ


ダブルスのリターンのコツをまとめましょう!

・相手の前衛にとられないようにする。
 ロブが有効!

・味方の前衛にボールが来るようなショットを打つ。
 強打、深い球、ドロップショット、ストレートショットが有効!

まずは自分の得意なショットからパターン化
していきましょう!
味方との呼吸も大事ですから、リターンのパターン
によって前衛がどう動くか、ペアとの話し合いも
大切ですね!

どれも一つ一つは簡単なことですから、
一つずつ自分の武器にしていきましょう!(・▽・)

おすすめの記事