ダブルスで失敗しないポーチのタイミングとは?必勝パターンを掴もう

どうも、タコちゃんです(・▽・)

あなたは、ダブルスの試合に
出ることはありますでしょうか?

シングルスと比べると、
相手が2人いることで
オープンコートが少なく、
エースを取ることは難しくなります。

そのため、必然的に
ポイントを取る大事な手段として
「ポーチ」を覚えなければなりません。

「自分が抜かれてしまうかもしれない」
ということを前提に、
ペアを信頼して、自分の背中を任せるのは、
とても勇気がいることかもしれません。

しかし、ポーチをしっかり決めきることは
ダブルスに必要になってきます。

ラリーの中で、ポーチに出るのは
ダブルスでポイントを取るには、
かかせないパターンとなります。

シングルスよりも、
速い展開になりやすいダブルスにおいて
上手くポーチに出るタイミングや
ポーチに出るべきボールがあります。

ポーチにどんどん出るようにして、
相手より速く仕掛けて、
積極的にポイントを取りにいくように
なりましょう。

今回は、ダブルスでのポーチの
タイミングと意識するべきコツを
お伝えしたいと思います。

ポーチに出るタイミングとコツ①相手の後衛が、ワイドに振られたとき

自分が前衛で、ラリーが行われている間で、
自分のペアが相手の後衛を外に追い出すような
ワイドにナイスショットを打った時、
ポーチのチャンスです。

追い出されると、
相手の体勢が崩れるため、
エース級のショットが返ってくるとは
考えにくいです。

相手のボールの勢いも落ちるはずですし、
追い出されたところから、
体勢も悪い中で
さらに角度をつけて返すのは難しいです。

そのため、センター付近に
ボールが返ってきやすくなります。

そのため、相手がワイドに
追い出されたのを確認したら
センターに1歩くらいだけ寄ります。

相手が打つよりもポーチに出るのが
速すぎても、ダウンザラインを
狙われてしまうかもしれません。

相手が打つ瞬間くらいのタイミングで
思いっきりポーチに出ます。

いつでもチャンスをうかがって、
ポーチに出られるように
常に足を動かかしておきましょう。

前衛の時に、動きを止めてしまうと
ストレートも抜かれてしまいますし、
ポーチに出るタイミングも
少し遅れてしまいます。

ペアのナイスショットをしっかりと
活かすためにも、
相手が体勢を崩したなと思ったら
ポーチの用意をしましょう。

ポーチに出るなら思いっきり出て、
逆サイドまで走り抜けましょう。

ポーチはペアを信じて、
思い切り動くことが必要になります。

抜かれたとしても、
気にせずに走り切りましょう。

中途半端な位置で止まったり、
ポーチできる位置まで出ても、
打たなかったりすると
ペアも戸惑ってしまいます。

出るなら最後まで思いっきり出ましょう。

ポーチに出るタイミングとコツ②相手のリターンのとき

自分のペアがサーブの場合、
相手の1本目のショットとなる
リターンもポーチに出るチャンスです。

これが意外と意表をつくショットになります。

リターンの際、
相手はサーブに集中しているため
前衛の動きまで、なかなか見ることが
できていないはずです。

そのため、リターンを打つときは、
「前衛に捕まらないように、
しっかりと後衛に返そう」というように
考えるはずです。

そこを逆手に取って、
思いっきりポーチに出るのも1つです。

試合が始まった1ポイント目の
リターン1発目からポーチに出ましょう。

試合の速い段階からポーチに出ることで
相手にもプレッシャーを
与えることができます。

「ポーチに出ますよ」という
がつがつとした姿勢を
相手にも見せるととても効果的です。

展開が速いダブルスでは、
ポイントの流れの中で、
相手よりも先に仕掛ける必要があります。

その中で、
ラリーで仕掛けるというよりは
ポーチに出て、攻めた方が
決まりやすいと思います。

しかし、リターンでポーチに出るのは
とても効果的ですが、
あまり連続で使いすぎると、
相手にも読まれやすくなります。

もしペアのサーブが、
叩きやすいボールだったとしたら、
ストレートに抜かれてしまうかもしれません。

そのため、少し間隔をあけて
使ってみましょう。

相手からすると、
リターンを打って、前を向いたら
相手がポーチに出てきているのを見ると
焦ってしまうでしょう。

ただでさえ大きく見える前衛が、
ポーチに出てくるとさらに大きく見えます。

ポーチに出ることで、
相手にプレッシャーを与えることができます。
そこから、相手のミスを誘って、
チャンスボールに繋げましょう。

相手がポーチにしっかり出てくることが分かると、
前衛に捕まらないように、捕まらないように、と
さらにクロスに打つようになります。

そこからサイドアウトに繋がることも
考えられます。

ぜひ積極的にポーチに出てみてください。

ポーチに出るタイミングとコツ③相手がチェンジしたとき

ペアがストレートにロブを上げて、
相手がチェンジする、というような状況が
あると思います。

女子ダブルスやジュニアの試合なら、
特によくある場面ではないでしょうか。

相手の後衛は、走ってボールを取りに行きます。

後衛は体勢が悪い状態で、
返さなくてはなりません。

ここで、ポーチに出ましょう。

勢いがあるボールが返ってくることは、
考えにくいでしょう。

しっかりと前に詰めて、
ポーチを決めましょう。

また、ロブをロブで
返すこともよくあると思います。

しかし、体勢が悪いと、
しっかり打つことができずに
浅い位置にボールが浮いて返ってくるかもしれません。

そうしたら、思いっきりスマッシュを
選ぶこともできます。
そして、浅いボールは叩きます。

チャンスボールを逃さずに
決めてしまいましょう。

また、ポーチができないような状況だとしても
相手がチェンジしたら、
センターに寄って構えます。

振られて走って、
大きく角度をつけてクロスに引っ張るのは、
なかなか難しいです。

そのため、このパターンでも
センターにボールが
返ってきやすくなります。

センターラインをまたぐくらいの位置で、
相手のボールを待ちましょう。

ダブルスでは、
相手の動きやボールに合わせて
大きくがつがつたくさん動く必要があります。

攻める姿勢を相手に見せることで、
たとえポーチをミスしたとしても、
「あの人が前衛のときは、しっかりポーチに出てくる」
と印象づけることで、
相手のミスに繋がっていきます。

また、ポーチに出ると見せかけて、出なかったり、
フェイントを覚えることも必要になります。

攻めている状況でのミスは、
一切気にする必要はありません。

ポーチのタイミングや出方について
こちらの動画でも解説されているので
ぜひご覧ください。

ダブルスで失敗しないポーチのタイミングとは?必勝パターンを掴もう!まとめ

1.相手の後衛が、ワイドに振られたとき
2.相手がリターンのとき
3.相手の前衛と後衛がチェンジしたとき

以上3点が、
ポーチが上手くいくタイミングです。

ダブルスでポイントを取るには、
ポーチが不可欠です。

速い展開の中で、
しっかりポーチに出ることができれば
試合の流れも掴むことができるはずです。

ぜひポーチを覚えて、
ダブラーを目指しましょう(・▽・)!

おすすめの記事