テニス ダブルス 後衛

どうも、タコちゃんです(・▽・)

みなさん、試合に出ていますか?
私はこの間、ダブルスの試合に
出てきました!
ダブルスの試合に出た時に感じたことです。

ダブルスをする中で、前衛は
ボレーをするという大事な役割がありますね。
来るボールをボレーしたり、
ポーチに出たり…。

では、後衛の役割って何だろう?
攻めること? 守ること? つなげること?
ちょっと分からなくなりました。

ダブルスの後衛をする中で、
どこを重視したらポイントにつながるのか、
前衛が動きやすいのか?

この事を理解したら、もっと良い
ダブルスが出来るかも! と思ったのです。

というわけで、
今回は、「ダブルスの後衛の心得」について
お伝えしていきますね!

ダブルスでの後衛の役割を理解しよう!

まずはダブルスの後衛の役割から
理解していきましょう!

ダブルスの点の取り方で理想なのは
ズバリ! 前衛に決めてもらうことです!

ダブルスはコートの中に4人が入って
戦いますね。どこに打っても、
だいたい誰かしらいます。(笑)

ですので、距離のある長い球を
後衛が打っても、一球で決めるのは
難しいのです。

逆に、前衛に威力のある球を
角度を付けて一球打ってもらった方が
ポイントが決まりやすいと言えますね!

このことからも、後衛は前衛に点を
とってもらうためのサポート役
である!
と理解しましょう!

ダブルスの後衛の安全な戦い方

ダブルスの後衛は、
前衛に点をとってもらうための
サポート役であるとお伝えしました。

でも、ただ後ろで粘って打っているだけでは
前衛の人もボレーに出るタイミングが
取りにくいですよね。

でも、後衛がリスクのあるラリーをして
ミスをしてしまっては元も子もありませんね。

ここでは、後衛としてラリーをつなげながらも
前衛がボレーに出やすくするための
相手の崩し方を見ていきましょう!

コースを選ぶ

シンプルなところから見ていきましょう!
まずは自分とペアにとって、
ミスするリスクが少なくて、
相手にとって嫌なコースを選んで打っていきます。

代表的なのは、相手のバックハンド側に
打つ
ことです。
多くの人がバックハンドを苦手としているため、
まずはこのコースに打ってみましょう。

弾道は低くなくても大丈夫です。
ニュートラルボール(ネットから1〜1.5m上を通る、
ミスをしにくいとされる高さのボール)
でも、ロブでも大丈夫です!

むしろバックハンド側へのロブでしたら、
相手にとって力の入りにくい場所であったり
するので、前衛にチャンスボールが上がってくる
可能性もあります。

スライスでリズムを崩す

単調なラリーでは、先に相手に仕掛けられたり、
相手がタイミングを合わせてポーチに出てきて
しまいます。
ですので、リズムを変えてみましょう!

スライスでも簡単にリズムが変えられます!
そしてスライスだと、バウンド後に
変則的な跳ね方をするので、
相手のミスヒットを期待することもできます!

ポジショニングはセンター寄りで

これは、相手のミスを誘う方法です。
ダブルスの雁行陣ではクロスで打ち合うことが
多いですよね。
まず、基本はセンター寄りに構えましょう!

そこから厳しいクロスちボールがきても、
取ったらセンターに戻る、取ったらセンターに戻る、
を繰り返します。

すると、相手には「もっとクロスに打たないと!」
という意識が芽生えてくるんです。
すると、当然サイドアウトのリスクが相手に
発生してきますね。

自分たちはリスクを背負うことなく、
相手のミスを誘うことができるのでおススメです!

また、もし相手にストレートコースを
打たれた時も、センター寄りに構えていたら
カバーをしに走れるという良い点もありますね。

ダブルスの後衛の攻めの戦い方

後衛だって、たまには攻撃的に
仕掛けていきたいですよね。(笑)
後衛の攻撃的な方法もありますので
ご紹介します!

前に出て行く

ダブルスの後衛の攻めのプレーといったら、
やはりネット前に詰めて行くことでしょうか!

相手にとって、2人で前に張り付かれると、
それだけで焦ったり、プレッシャーに
感じます。

ネットに出るタイミングとしては、
こちらが余裕のあるタイミングで
出たいですよね!

であれば、後衛がネットに出るのは
スライスかロブがオススメです!

スライスは前衛がいない所に打つのが
基本ですが、ロブは前衛の頭の上を狙うのも
オススメです!
相手の陣形を崩して、チャンスボールが
上がってくることが期待できますね。

もちろん、サーブアンドボレーも有効です!
相手にさらにプレッシャーをかけることが
出来ます!

特に、ミックスダブルスの男性は
積極的に出るとプレッシャーをかけられて、
効果的ですね。

ストレートコースを狙う

こちらも積極的に後衛が仕掛けて行く方法です。
ストレートコースを狙っていきましょう。

ダブルスは雁行陣から始まるので、
ストレートコースを狙うとなると
相手の前衛の存在は無視できません。

もちろん相手の前衛はストレートコースを
警戒しているので、チャンスを伺います。

ストレートコースを狙うチャンスとしては、
相手の前衛がセンター寄りのポジションを
とっている時が狙い目
です。

前衛がセンター寄りのポジションを取るときは
ポーチに出ようとしている時です。

ですので、後衛はラリーを続けて、
相手の前衛のポジションをセンター寄りに誘い
出したり、相手の前衛のポジションを確認して
ストレートコースを狙うようにしましょう。

でも、相手がガチガチにストレートコースを
固めていたら、パッシングショットを打つのは
難しいですよね。
そんな時は、相手の前衛の上にロブを打って
ストレートコースを抜きましょう!

このようなトップスピンロブだとエースも狙えますね!

ロブだと相手の前衛のポジションをさほど
気にせず打てるので、後衛としては
使いやすいコースですね。

ただ、球足が遅いのでストレートロブ1本では
決まらないと思っておきましょう。
次の展開を考えておく必要があります。

テニスのダブルスの戦い方!後衛の心得はこれだ! まとめ

ダブルスの後衛の戦い方や心得が
お分かりいただけたでしょうか?
それでは、まとめです!

・後衛は前衛に点を取ってもらうためのサポート役と心得よ!
・ポジショニングはセンター寄りにとり、
バックハンド側に打ったりスライスで相手を崩そう!
・後衛も攻撃的に、ネット前に詰めたり
ストレートコースを狙って行くのもOK!

これらはダブルスで後衛をする上での
ほんのちょっとの心得です。

ペアと研究して、自分のペアが前衛にいる時に
動きやすい方法を二人で模索してみてくださいね(・▽・)♪

おすすめの記事