テニスでダブルフォルトをなくす方法!サーブが不安定な人必見!
どうも、タコちゃんです(・▽・)

ダブルフォルトは
自分が有利なサービスゲームにも関わらず
相手が何もしなくてもポイントが取れてしまう行為
になってしまいます。

自分の精神面にも悪影響を与えてしまい、
そのポイントだけではなく、
後のプレイにも悪影響が出てしまいかねません。

嫌なことばっかりですね(^_^;)

今回は、どうすればダブルフォルトを
なくすことが出来るのかを説明していきます。

ダブルフォルトをなくす方法①サーブの種類をどうするか

まずは、打つサーブの種類です。

とても基本的な話になってしまうのですが、
テニスではボールを安定してコートの中に
収める場合回転をかけます。

サーブも例外ではなく、
横回転のスライスサーブや
縦回転のスピンサーブがあります。

やはり圧倒的にセカンドサーブで使われている
のはスピンサーブになります。

習得するのが難しいサーブですが、
習得してしまえば、これほど
安定して入るサーブは他にありません。

入れるだけであれば、球出しのように
アンダーサーブでも問題は無いのですが、
それだとやはり攻撃されてしまいますので、
スピンサーブを使っていきましょう。

奇襲として意図的に使う
アンダーサーブは有効です。

スピンサーブがあまり得意ではなく
上手く打つことが出来ない方には
スライスサーブがお勧めです。

ただしスライスサーブは横回転の
サーブになりますので、
スピンサーブと違い微調整が
必要ですので、サイドアウト
してしまうことがあります。

ファーストサーブとセカンドサーブ
いずれも無回転のフラットサーブで
打っている方には、
是非回転系のスピンサーブか
スライスサーブを打つことをお勧めします。

それだけで入る確率がかなり高くなります。

回転系のサーブを打てることが
サーブを安定させる一番の近道になりますので、
回転系のサーブをまだ習得してないのであれば、
まずは回転系のサーブを打てるように
練習していきましょう。

さて、サーブの種類のことを話しましたが、
かなり基本的なことなので、
テニスをやっている方はこれぐらいであれば
わかっていたかもしれませんね。

次からはダブルフォルトをしないために
どのように考えてサーブを打っていくか
を説明していきます。

ダブルフォルトをなくす方法②ファーストサーブの確率をあげる!

例えばファーストサーブを全力の
フラットサーブで打って5割程度
しか入らないとしましょう。

2回に1回はセカンドサーブを打つ
ことになりますね。

当たり前ですが、セカンドサーブを
打つ機会が増えれば増えるほど
ダブルフォルトをする可能性が
出てきてしまうわけです。

そこで、ファーストサーブを
5割入るフラットサーブから
7割入るスライスサーブに
変えましょう。
そうすることで、3回に1回しか
セカンドサーブを打たないので
それだけダブルフォルトをする
可能性が少なくなります。

極論で言ってしまえば
ファーストサーブが全て
入ってしまえば
いいわけですからね(笑)

ダブルフォルトをなくす方法③ラケットのスイングスピードを変えない!

これはかなり重要なのですが、
ファーストサーブが入らなかったからと言って
セカンドサーブでスイングスピードを落として
入れようとするのは絶対にやらないでください。

スイングスピードを落として
ボールを入れようとしてしまうと、
疲労やメンタルにかなり影響されてしまうので、
いざという時に入らなくなってしまう
ということが起きてしまいます。

そこで意識するのが
ファーストサーブと
セカンドサーブもどちらも
スイングスピードを変えないことです。

毎回同じスイングスピードで振ることで
疲労やメンタルに影響を受けないスイングを
身につけることができます。

ダブルフォルトをなくす方法④コースはどこを狙うか?

サーブをどこに打つかということも
とても重要になります。

ファーストサーブでは
サービスエリアの端の方を
狙ってもいいですが、
当然リスクを伴ってしまうので、
セカンドサーブでは
サービスエリアの中央を
狙っていきましょう。

確実にリスクを減らすことが出来ます。

ダブルフォルトをなくす方法⑤トスを安定させる

トスを上げる位置でもサーブの
安定度が変わってきます。

トスが正しく上がれば、
サーブが8割成功するとも
言われています。

それだけトスは重要なんですね。

サーブがネットしまう場合は
トスが前になってしまっている
ことが多いです。

逆にオーバーしてしまう場合は
トスが後ろになってしまっている事が多いです。

自分が一番安定して打てる
トスの位置を見つけて
そこに安定してトスを上げる
ことをできるようにしましょう。

そうすることでサーブの確率もぐっと上がり、
ダブルフォルトする可能性も低くなります。

サーブのトスをどう安定させれば
いいのか、解説している
動画がありましたので、
参考にしてみてください。

動画内でもあるようにトスをあげるときに、
手首を動かさないなど、
たくさん注意点があります。

是非この動画を参考に
実践してみてください。

テニスでダブルフォルトをなくす方法!サーブが不安定な人必見!まとめ

1.ファーストサーブから確率を重視していく
2.回転系のサーブを使う
3.スイングスピードを変えない
4.サービスエリアの中央を狙って打つ
5.トスアップを安定させる
ダブルフォルトを沢山してしまうと、
有利なはずのサービスゲームに
自信が持てなくなってしまいます。

しかも相手は何もせずポイントを
得ることができますから、
これほど楽なことは無いです。

私もかなりダブルフォルトが
多かったのでかなり苦労しました。

本当に試合にならないくらい
ダブルフォルトが多かったので
ファーストサーブもセカンドサーブも
両方回転系のセカンドサーブで
打つことにしました。

私は当時スピンサーブが
打てなかったので、
ファーストもセカンドも
スライスサーブにしていました。

そうすることで確実にサーブの
確率は上がりましたし、
それだけ試合にも勝てる確率が上がりましたね。

そして徐々にサーブに自信を
持ち始めてからファーストサーブに
フラットサーブを混ぜたり、
厳しいコースを狙っていったりしました。

ダブルフォルトをしてしまう人は
焦らずしっかりサーブが入るようになってから、
フラットサーブなどを混ぜていくのがいいです。

テニスのサーブは唯一あなたが
あなた自身でボールを好きなように
好きなところに打てる瞬間です。

それを簡単に相手にポイントを
渡してしまうのはかなり勿体ないです。

あなたもサーブを安定させて
相手にプレッシャーをかけれる
サービスゲームにしましょう!(・▽・)

おすすめの記事
PVアクセスランキング にほんブログ村