テニスの調子が悪い時の対策とは?調子の波を安定させる簡単な方法!

どうも、タコちゃんです(・▽・)

あなたはテニスの調子が悪い
という日がありますか?

私はかなりあります(笑)

テニスの調子が悪くなる日が多くて
お悩みの方も多いのではないでしょうか。

テニスの調子が悪い時は
打点だったり、
スイングの仕方だったり、
力の入れ具合だったりと、
要因は色々なパターンがあります。

そこでしっかりと自分自身のどこに
問題があるのかを確認することが一番大事です。

私は試合中、特にフォアハンドが
急に調子が悪くなることがあります。

フォアハンドはバックハンドに比べて
かなり打ち方に自由が利く反面、
自由が利きすぎて
気づいたらめちゃくちゃなフォームで
打ったりしていても気付きにくいものです。

めちゃくちゃなフォームで打ってしまっているから
急にフォアハンドがアウトしてしまったり、
ネットにかけてしまうことが多くなったりしますね。

そこで今回はフォアハンドを中心に
試合中テニスの調子が悪くなってしまった時に
どこをどう気を付けなければいけないかを
書いていきますね。

面の角度を地面と垂直に

あなたは打つ瞬間のラケット面の角度を
どのように考えていますか?

基本的には地面とラケット面の角度
というものは、垂直方向が一番
良いと言われております。

面を垂直にすることで、一番
ボールに力を伝えやすいからです。

フォアハンドの調子が悪い時は
インパクト面が垂直になっておらず、
上向きになってしまったり、
若干下向きになってしまったりが、
多くなっていると思われます。

実際私もこのパターンは結構多いです(笑)

しっかりと面の角度を意識して
ボールの後ろからインパクト
していきましょう。

身体の開きを抑える!

これも調子が悪い時に
よく言われる要因の一つですね。

身体が開いてしまっている。

つまりフォアハンドでいうと左肩が早く
回ってしまうことに要因があります。

大事なのは左手です!(右利きの場合)

左手をおざなりにしてしまっては、
良いフォアハンドは打てません。
左手は構えた時にセットしたものを
インパクト時までなるべく残しておきます。

なるべく左手を残すことによって身体の開きを
抑えてくれる効果を出してくれます。

また、顔の軸をぶらさないことも重要です。

顔が上がってしまったり、下がってしまうと
バランスが悪くなり身体が開きやすく
なってしまいます。

ですからインパクト時から
なるべく顔を残しておくことが大事になります。

膝が伸び切っていないか?

ボールが思った以上に飛ばなかったり、
ボールになぜだかあまりスピンが
かからなかったりしたことありませんか?

そういう時は膝が伸び切っていることが
多いです。

ボールが飛ばなかったりスピンが
かからないときは膝が
曲がっていないことを疑いましょう。

膝を曲げるのはボールを打ち終わる時まで
膝を曲げるのがいいのですが、
意識していても結構難しいです。

ですから意識をするのは膝を曲げるのではなく、
腰を落とす意識を持ちましょう!

そうするとしっかりと膝を曲げたまま
打つことが出来ます。

実際にやってみてください。

ボールとの距離感を左手で図る

ボールとの距離感を一定にするのは
意外と難しいものです。

初心者でも上級者でもボールとの距離感を
間違えてしまうというのは起こってしまうものです。

例えば打点が近くなってしまうと、かなり窮屈に
ボールを打つことになってしまいます。

打点が近いと力をボールに伝えにくく、
尚且つ打つコースもバレやすくなってしまうという、
良いことがほとんどありません。

この時に大事なのが左手です。(右利きの場合)

身体を開かないようにするのも左手が
大事でしたが、
打点の距離を測るときも左手が
キーポイントになるのですね。

左手かなり大事です…!

左手でしっかりボールとの距離を
測っていつも自分でこのくらいで
打っているなと思ったところで
インパクトしてください。

左手を使うのと使わないとじゃ
かなり安定感に差が出ます。

距離も測れるし身体の開きを
抑えることが出来るし、
左手は有能ですね(笑)

打点は必ず前を意識する

最後はまた打点の話ですね。

先ほどは打点が近いという話でしたが、
今度は前か後ろかということです。

もちろん、人それぞれグリップが違うので
必ずここ!という打点はありませんが、
良い打点というのは意外と前なのです。

フォアハンドがネットばかりかかったり、
スピンがあまりかからなかったりする時
自分が思っている打点よりボール1個分、
2個分くらい前で打ってみましょう!

ボールに上手く力を伝えられて、
自分が思ったよりも良いボールが
打てるかもしれません!

不調な時は打点が後ろ気味になって
しまっていることが多いので、
不調な時は是非打点を前にする意識を
持つということを頭に入れておきましょう!

試合中に調子を戻すコツ

これまでフォアハンドの調子が悪い時の
話をしてきましたが、調子が悪い時に
試合中でも調子を戻すコツというのが
動画でありましたので、
紹介をさせていただきたいと思います。

動画でもあるように
なるべく同じテンポで
回転も同じ回転のショットを
打つことで調子を取り戻そう
と解説しております。

調子が悪いとペース配分を変えてみたり
サイドスピンやフラットやトップスピン
等々、いろいろなことを試そうとして
しまいがちですが、
実は動画でも言っているように
ゆっくりでいいので、ゆっくり同じ
球種のボールをしっかり相手のところに
返していくのが一番効果的なのです。

調子が悪いと焦りがちですが、
調子が悪い時は焦らずゆっくりと
徐々に調子を取り戻していきましょう
ということですね。

テニスの調子が悪い時の対策とは?調子の波を安定させる簡単な方法!まとめ

1.面の角度を地面と垂直に
2.身体の開きを抑える
3.腰をしっかり落とそう
4.ボールとの距離感に意識を持とう
5.打点は必ず前に
6.ペースを変えずに同じテンポで

昨日までは絶好調だったのに、
試合当日になるとあれ?
何もショットが入らなくなった。

なんていうことは沢山あると思います。

私も実際何度も経験があります。

特に団体戦などの大事な試合の時は
緊張のせいか、全く腰が落ちてなかったり、
打点が後ろすぎたりと、
ミスショットばかりでした。

ただ、チェンジコート中などに
いつもと何が違うかをしっかり
考えて修正することで
かなり調子を戻せました。

その時はやはりテンポを変えたり
球種を色々なものを打ったりせず
しっかりと一球一球相手のコートに
ボールを返すことに集中することで
調子を上げることが出来ました。

結局、たくさんボールを打つことで
普段の練習通りのショットが
打てるようになってくるのでしょう。

あなたも調子が悪い時
諦めずゆっくりボールを返すことに
集中して調子を取り戻して行きましょう(・▽・)!

おすすめの記事