テニス チャンスボール 打ち方 コツ

どうも、タコちゃんです(・▽・)

チャンスボールは、しっかりと決めたいですよね。
長いラリーを耐えて耐えて、
やっと来たチャンスボールなら尚更です。

ポイントを取りきるためにも、
思い切って打ち込みましょう。
(いわゆるバコるというショットです!)

そのためにも、チャンスボールを見逃さずに
少しでも甘いボールが来たと思ったら、
前に入って強気で攻めてみましょう。

せっかくのチャンスボールを活かすためにも、
緊張して体が縮こまることなく、
自信を持ってバコりたいですよね。

実際に試合で強気で打ち込むためには、
練習から試合を想定してチャンスボールへの対応を
考えなければなりません。

チャンスボールを確実に決めることができる
打ち方のコツも分かっていると、
練習を積み重ねることができます。

チャンスボールをしっかり捉えて、
大事なポイントを自分のものにしましょう。
そのポイントが積み重なると、
自分へ流れを引き寄せることができるはずです。

チャンスボールをしっかり取りこぼすことなく、
決めることができれば
相手へのプレッシャーにもなります。

今回はそのチャンスボールの打ち方とコツを
お伝えしたいと思います!

チャンスボールの打ち方とコツ①
少しでも甘いと思ったら、前に入って叩く。

まず、チャンスボールとは
どういったボールを考えますか?

私は相手のボールが浅かったときと
ゆっくりの浮いているボールが来たら
チャンスボールと認識するようにしています。

フォアハンドでもバックハンドでも、です。

浅いボールや浮いたボールが返ってきたら
すぐに前に、コートの中にちゃんと入って、
ためを作り、高い位置から打ち込みます。

思い切り打ち込むことが大切です。

がつがつ全力で攻めていきましょう。

私は、たとえミスになってしまったとしても
そういった攻める姿勢を相手に見せることが
とても重要だと考えています。

「少しでもボールが甘くなったら、
打ち込まれてしまう…」と
相手へのプレッシャーになります。

また、バックサイドにチャンスボールが来たとき、
どんどん回り込むことを心がけてみてください。

さらにバックハンドでも打ち込めると、
本当に相手へのプレッシャーに繋がります。

自分を相手の立場に置き換えて考えてみると
分かりやすいと思うのですが、
相手がどんな位置にいても
「ボールが甘くなれば、打ち込まれてしまう」と
思わせることができます。

相手に「しっかり攻めてくる選手」
「チャンスを逃さない選手」と
思わせましょう。

私が意識していたのは、
相手のボールがサービスラインと
ベースラインの中間よりも浅くなって、
叩けるようなボールだったら
すかさず前に入り、打ち込むようにしていました。

ベースライン付近だとしても、
ボールが浮いていたら、
状況次第でも叩くようにしていました。

素早い判断で、思い切り攻めることが
とても大切です。

こちらはフォアハンドのチャンスボールの
解説をされている動画です。
ぜひご参考にしてください。

チャンスボールの打ち方とコツ②
素早く構えて、ためを作る

どんなにボールが甘くて、
「チャンスだ!」と思ったとしても、
焦ったりして、急いでは打たないようにしましょう。

ばたばたして、いつもと違うフォームになってしまうと
チャンスボールを決めきれずに、
逆に自分の体勢が崩れ、
相手のチャンスボールになってしまうかもしれません。

落ち着いて、
しっかりどっしりと構えます。

チャンスボールを決めるためには
ボールの落下地点に素早く移動して、
いつものフォームで構えます。

どっしりとしたためを作って構えることで、
ボールにパワーを伝えることができます。

せっかくのチャンスボールなので、
力が入る体よりも前の打点で打ちたいところです。

そのためにベストな位置に早く移動して、
ボールを迎えにいきましょう。

ためを作ってボールを構えている間に、
相手の動きや位置を確認することもできます。
素早く移動するフットワークも必要ですね。笑

しっかりと肩を入れてためを作るフォームができると、
自分が狙っているコースも隠すことができ、
相手の逆をついたりもしやすいです。

右利きの方のフォアハンドだと、
左肩の上に顎をのせるイメージです。

コートの中に入って、どっしりと構えたフォームは、
相手にも「来るぞ、来るぞ…」と思わせることができ、
すでにそのポイントの流れは
自分にあります。

ここで決めきれると、試合全体を通して
とても大きな流れが切り替わるポイントに
なることだってあります。

この1つ1つのチャンスボールを決めることの
積み重ねが大事になります。

チャンスボールの打ち方とコツ③
「前に」を意識する

チャンスボールが来たら、
素早く前に入る、コートの中に入ることが
大事になります。

また、打ち方としては
スイングも「前に」大きくすると、
パワーが伝わります。

思い切り打ち込むということで、
スイングスピードも速くなるはずですが、
手で振らないようにしましょう。

肩を支点に、腕全体をムチのように
しならせて、体の回転でスイングします。

しっかり振りぬいて、
スピンをかけ、ボールをコート内に落とすようにします。
力をスイングに全部使うイメージです。

しならせるような腕の使い方を意識すると
力まずに全力で、前に大きなスイングに
なるはずです。

たとえばフォアだと打った後に
体が回転し、腕が前に出てくるのと同時に
右足もついてきて、前に出るくらい
腕の遠心力を意識します。

その際、姿勢よく上半身はまっすぐで、
「前を意識する」と言いましたが
体が前につっこまないように注意してください。

私は体が前につっこまずに、
前へスイングすることを覚えるためにしていた
練習方法があります。

ゆっくりでいいので、
前へ歩きながら連続してストロークを打ちます。
練習相手に手でボールを出してもらいながら、
一緒に前へ歩いていきます。

この時に姿勢よくまっすぐ歩きます。

リズムよく打つ練習にもなりますし、
前にスイングすることを意識づけるためには
効果的な練習方法だと思います。

ぜひ使ってみてください。

テニスのチャンスボールの打ち方とコツ!
確実に決める3つのポイント まとめ

1.少しでも甘いと思ったら、前に入ってしっかり打ち込む
2.ためを作って、どっしり構える
3.「前に」を意識する

以上3点が
テニスのチャンスボールを確実に
決めるための打ち方のポイントになります。

チャンスボールを確実に決めるには、
速くボールの落下地点に入ることや、
打ち込むための前に大きなフォーム、
相手の状況のチェックなど、
一瞬のうちにやらなければならないことがたくさんあります。

だからこそ、
「これはチャンスボールだ」という判断を
適切に、素早くする必要があります。

チャンスボールを決める確率を上げるほど
相手へのプレッシャーになりますし、
流れを掴んでいけるはずです。

ミスを恐れず、
チャンスボールを逃さずに
どんどん攻めていきましょう!!

「チャンスボールは攻める」という
強気な姿勢を見せることが
何よりも大切ですよ!(・▽・)

おすすめの記事