[超簡単]テニスのバックハンドボレーの打ち方とコツはたった3つ!?

どうも、タコちゃんです(・▽・)

あなたはどういった時、
どういった場面で
バックハンドボレーを使うでしょうか?

ダブルスの前衛の時はもちろん、
アプローチショットから前にあがった時など
ボレー自体を使うタイミングは
たくさんあると思います。

ボレーとなると、
相手から返ってくるスピードも
速くなります。

ボールに対して構える際、
準備が間に合わず、
ばたばたしてしまうことって
ありませんか?

特に、ストロークと同様に
フォアハンドよりも
バックハンドの方が
苦手という方は多いのではないでしょうか。

フォアハンドでも取れそうなボールは、
ボレーでも回り込もうとしていませんか?

バックハンド側にボールが来た時にも、
フォアハンドのように
落ち着いて焦らずに対処できるようになると、
もっと自信を持ったプレーになるはずです。

「ボレーが得意」と思うことができると
攻撃の幅も広がるでしょう。

バックハンドボレーも
思い切って叩くことができるようになりましょう!

今回は、そのバックハンドボレーの
コツをお伝えしていきたいと思います!

バックハンドボレーの打ち方とコツ①テイクバックは顔の前あたりに置くように

まず、ボレーの大前提として
引きすぎ、振り遅れは厳禁です。

ラケットをインパクトの形そのままに、
ラケットの面を立てて、
セットしましょう。

インパクトの形を作って、
そのまま顔の近くくらいの位置に
セットします。

テイクバックではなく、
セットです。
「引く」ではなく、「置く」です。笑

大きくテイクバックする必要はなく、
どんなボールにも対応できるように
小さく構えます。

そしてボレーは、
肩を支点に動かします。

そして、肩から下は1つのパーツと考え、
固定して動かします。

ボレーの一連の流れの中で、
腕の形は変わりません。

両手バックハンドの方は、
やりやすいかもしれませんが、
片手バックハンドの方は、
利き腕の小手先で引っ張らないようにしてください。

肩を動かすことで、
ラケットも動くイメージです。

両手で打つ場合、
利き手ではない手も添えるので、
片手の方よりも引きすぎることは
防がれています。

ラケットヘッドが先行して、
テイクバックしたり、スイングすることが
ないように注意します。

そして、片手バックハンドの場合でも、
引きすぎるのを防ぐために
ちゃんと逆の手を添えてラケットをセットします。

常にラケットを自分の視界に入れて、
自分の体よりも後ろに
ラケットヘッドがいってしまわないようにします。

そして、体の前で
しっかりとインパクトします。

体の前の力が入る打点で打つことで
厚い当たりのボールを打ちましょう。

バックハンドボレーの打ち方とコツ②体重移動で打つ

コンパクトな動作で打つボレーで、
どうやってパワーを生み出すか
考えていきましょう。

ボレーでは、
スイングしてスピードを出すのではなく、
体で前に押すイメージです。

ボールが飛んできて、
テイクバックする際、
軸足でためを作って構えます。

そして、インパクトと同時に
反対の足を踏み込みます。

右利きの方だと、
左足でためて、右足を踏み込みます。

着地する前にインパクトをするとベストです。

本当に一瞬ではありますが
空中でボールを打っているかもしれません。笑

強く打ち込みたい時は、
踏み込むというよりは、
「飛び込む」というようなイメージ
で打ってみましょう。

体重移動で後ろから前に
ボールを運んでいきます。

ラケットセットが1とカウントすると、
軸足と逆の足が着地する時を2とカウントします。

1.2のリズムでボレーの練習をしましょう。

1の時に軸足の位置をしっかり決めて
ためを作ります。

そのリズムで打つことができる位置に
足で合わせて移動します。

小さいステップで近づいて、
ためを作って構えます。

そうすることで、相手のボールが重くても
押され負けない足場を作ります。

そして、体の前でインパクトをして、
体重移動によって、体で前に押して
パワーを伝えます。

バックハンドボレーは、
フォアハンドよりも
パワー負けしやすいです。

相手のボールに負けない形を覚えましょう。

そして、ボレーの際
ラケットはぶんぶん振り回しません。

スイングという考え方よりも、
セットしたインパクトの形をそのままに
体が前に移動することによって
ラケットも出てくるというイメージです。

プロの試合を見ていると、
大きくスイングしているように見えますが、
実際は足でボールを運んでいるのです。

ラケット自体の動きというのは、
とても小さいはずです。

また、片手でバックハンドボレーを打つ方は、
利き腕だけで引っ張るようにスイングをすると
打点が安定しないですし、
ボール自体も重くなりません。

肩から下のパーツをインパクトの形で固定し、
しっかり足を使った体重移動で運びましょう。

こちらの動画は、
フェデラー選手のボレーを
スロー再生したものです。

フェデラー選手は、
ネットプレーがとても多く
ボレーが綺麗なことでも有名です。

バックハンドボレーの打ち方とコツ③ボールに対して、体は横向き

そして、最後にボールへの近づき方です。

特にバックハンドボレーは、
体が正面を向いていては
コントロールができません。

しっかりとボールに対して、
横向きを作ります。

1歩目の軸足をセットする際に、
軸足はオープンスタンスのように
横に出してもいいでしょう。

相手がボールを返してくるタイミングが速くて、
時間がない時は体をひねるだけでも十分です。

とにかく!
ボールに間に合わせて、
体の横向きを作ります。

右利きの方の場合、
顎が右肩に乗るくらいをイメージします。

ボレーをテイクバックしないといけないと
思っている方にお伝えしたいのが、
ラケットを引いているのではなく、
「体をひねった結果、
ラケットがついてきている」のです。

ボールに間に合うタイミングで
体を横向きにしようと思うと、
ラケットが大きく後ろにいくほど
体をひねることはないと思います。

ボールから逃げずに、
しっかりと横向きを作り、
肩を入れて構えます。

フットワークでボールの横に入りましょう。

そして、ボールの真後ろから
全身でぶつかるように
前に向かってインパクトします。

この際、肩を支点に、
インパクトの形で固定された腕が
押し出されていきます。

この一連の流れができると、
パワフルなボレーを打つことができます。

こちらの動画でも、
バックハンドボレーの体の使い方が
紹介されています。

ボレーは小手先でどうにかなるものではなく、
体の使い方で作られています。

[超簡単]テニスのバックハンドボレーの打ち方とコツはたった3つ!?まとめ

1.テイクバックは顔の前あたりに置くように
2.体重移動で打つ
3.ボールに対して体は横向き

以上3点が
私が考えるバックハンドボレーの
打ち方とコツになります。

ただでさえ、バックハンドに
苦手意識がある方だと、
時間の余裕がないボレーとなると
さらに苦手に思ってしまうかもしれません。

しかし、打ち方とコツさえ掴むことができたら
自分の体重移動でボールを押すため、
パワーがいらないので、
意外と誰でも決めれるショットになります。

回り込めるようなボールでも
自信を持ってバックハンドボレーを選んで、
攻撃のパターンを増やしていきましょう(・▽・)!

おすすめの記事